海外で使うのにおすすめのデビットカード

海外で使うのにおすすめのデビットカードは?


海外で使うのにおすすめのデビットカード  デビットカードは国内だけでなく、海外でも便利・お得そして安全に使うことができます。留学や旅行、仕事で海外に行く人必見の記事です!



海外でもデビットカードは便利!


 まず、海外でデビットカードを使うメリットを簡単に説明しておきます。


 日本ではカードが使えないお店も多く、現金での支払いが49%と諸外国と比べて高くなっています。しかし海外ではカード払いできるお店が多いので、カードがあると便利なのは言うまでもありません。


海外ではデビットカード払いが便利


 海外に行く際に現地通貨を両替して持っていく人も多いと思いますが、両替には手数料がかかります。また、余った通貨を日本円に戻す際にも手数料が掛かります。  デビットカードがあれば、持っていく現金の額を減らすことができるほか、現地のATMから現地通貨を引き出すことも可能です。


 また、現金は盗まれたり無くしたら「それっきり」ですが、デビットカードの場合は大きな落ち度がなければ盗難や不正利用の被害は補償してもらうことができます。安全性も高いです。


海外で使うデビットカードの選び方


 前置きが長くなりましたが、続いて選び方のポイントを紹介します!


断然VISAデビットカードがおすすめ!


 デビットカードには大きく分けて「JCBデビットカード」と「VISAデビットカード」の2種類があります。


 前者は「JCBカード」が使える国内外のお店やネット通販で使えますし、後者は「VISAカード」が使える場所で使えます。


VISAデビットとJCBデビット


 国内ではJCBもVISAも、使えるお店の数に大きな違いはありません。  しかし海外に行くと、JCBが使えるお店は国によってはかなり少ないです。したがって、海外に行く際はVISAデビットカードを持っていくことをおすすめします。


 とはいえJCBデビットカードの方がポイント還元率が高いですし、世界60カ国にある「JCBプラザ」という日本語による観光案内や、ホテル・レストランの予約代行などをしてくれる施設を使えます。持っておくと便利です。


海外事務手数料を比較しよう


 日本で発行されたデビットカードを海外で使う際に、カード会社が決めた為替レートで計算された額が自分の銀行口座から「日本円で」引き落とされます。


 この為替レートはVISA、もしくはJCBが決めているので、カードを作る銀行が違っても同じです。


デビットカードは海外事務手数料に注意


 ですがデビットカードの場合、この為替レートに各銀行ごとに違う「海外事務手数料」が上乗せされます。


 「3%」という銀行が多いですが、それより安い銀行もあるので、お得に使うなら「海外事務手数料」を比較しましょう!


海外旅行保険は・・


 海外で不測の事態が起きると費用が多額にのぼることもあります。  例えばハワイでケガをした夫婦の医療費が550万円掛かった、という記事が最近話題になりました。


 こうした費用は「海外旅行保険」というもので保障してもらえます。クレジットカードには海外旅行保険が付いていることが多いです。


 しかし、デビットカードでは海外旅行保険が付いていないものがほとんどです。


海外旅行傷害保険はデビットカードには付いていないことが多い


 自分で保険料を払って海外旅行傷害保険に加入する(北米、5日間で2千円程度)か、三菱UFJ-JCBデビットを作るのがおすすめです。
 三菱UFJ-JCBデビットで旅行に関係する費用の一部を支払うことで、保険が適用されます(詳しい条件は確認してください)



海外で使うのにおすすめのデビットカードは?


 「選び方」をふまえて、実際におすすめのカードを紹介します!


住信SBIネット銀行


住信SBIネット銀行


 住信SBIネット銀行のVISAデビットカードはポイント還元率が0.6%と、国内利用でも他のカードよりお得です。また海外事務手数料は2.5%と、他のカードよりも一段お得です。国内でも海外でもお得に使えるカードです。


 年会費は無料。15歳以上で中学生でなければ作れます。



楽天銀行ゴールドデビットカード


楽天銀行ゴールドデビットカード


 ポイント還元率は0.5%、海外事務手数料は3.024%とデビットカードとしてはごくごく「普通」の内容です。


 現地でカードを紛失・盗難した時に24時間年中無休で日本語対応してくれる「通話料無料」のヘルプデスクでカードを停止できる上、緊急カードを1〜3日以内に現地に届けてくれるサービスもあるので、旅行をそのまま続行できます。
 また、帰国時に空港から自宅までお得な料金で荷物を届けてくれるサービスも付いています。


 国内ではゴールドカードはそれほどステイタス性は高くありませんが、海外ではややVIP扱いしてくれる場合もあるので、その点でもおすすめのカードです。
 年会費は3024円。16歳以上なら審査無しで誰でも作れます。





関連記事