イオン銀行のデビットカードの特徴

イオン銀行のデビットカードの特徴


イオン銀行のデビットカード


 流通大手、イオンが設立した「イオン銀行」が発行しているデビットカードの特徴を解説します。実は2種類あるので、その違いも分かりやすく説明していきます!


2種類あるイオン銀行のデビットカード


 イオン銀行のデビットカードを申込む際に注意したいのが「2種類のカード」の存在です。それぞれの違いを表にまとめてみます。



イオン銀行
キャッシュ+デビット

イオン
デビットカード
国際ブランド JCB VISA
ポイント還元率 0.5% 0.5%
ポイント
の種類
ときめきポイント ときめきポイント
特典 普通預金金利が年0.1%に
イオンシネマが300円オフ
年齢制限 15歳以上
中学生不可
18歳以上
高校生不可

 一番の違いはJCBかVISAか、という点です。


 JCBブランドである「イオン銀行キャッシュ+デビット」の方が特典が優れているので、基本的にはこちらがおすすめです。しかしJCBデビットは海外で使えるお店が少ないので、海外での使用も考えている場合はVISAデビットである「イオンデビットカード」をおすすめします。




イオン銀行のデビットカードのメリット


 続いて、イオン銀行のデビットカードの良いところを紹介します。特にことわりが無い場合は、JCB・VISA両方とも同じです。


イオングループのお店で使うとお得


 VISAデビットの方は、イオングループのお店で使うといつでもポイント2倍、つまり1%の還元率になります。イオン、イオンモール、ダイエー、ミニストップ、イオンシネマなどが対象です。


イオンのお店でお得に使える


 更に、JCB/VISAともに毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」にイオングループのお店で使うと、買い物代金がなんと5%オフになります! 


 また、JCBデビットの方はイオンシネマの料金がいつでも300円引きになる特典があります。


 特典を整理するとこんな感じです。



ショッピング保険が付く


 デビットカードで購入した商品に対し、保険が付きます。


 購入した商品(5000〜50万円)が事故などで破損した場合、購入から180日以内であれば購入代金を補償してくれます。


海外事務手数料が安い


 デビットカードは海外でも利用できますが、銀行によってレートが異なる「海外事務手数料」というものが上乗せされます。


 「3%前後」としている銀行が多い中、イオン銀行は1.6%と他の大手ネット銀行と比べて最低額です。海外でお得に使えるデビットカードと言えます。


イオン銀行のデビットカードのデメリット


 続いて、イオン銀行のデビットカードのデメリットを解説します。


ポイントの使い勝手が悪い


 イオン銀行のデビットカードは「ときめきポイント」というイオンカード独自のポイントが貯まります。


 貯まったポイントは1000ポイントからWAONなど他の電子マネーや金券、様々な商品に交換できます。


 1000ポイント単位でないと交換できない点などはやや不便と言えます。T-POINTが貯まるジャパンネット銀行(還元率0.2%)や楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行(還元率1%)、またポイントをそのまま換金できる住信SBIネット銀行(還元率0.6%)も検討してみてください。


ATM手数料が掛かる


 イオン銀行のATMであれば、いつでも無料で入金・引き出しができます。


イオン銀行はATM手数料が微妙


 また、ゆうちょ銀行や三菱UFJ銀行など他の銀行のATMや、ローソンやファミマにあるコンビニATMも条件によっては最大で月5回まで無料で使えます。例えば、デビットカードを作って毎月1円でも使うと、1回無料になります。


 イオン銀行のATMが近所にあれば便利ですが、無い人は無料で使える回数が少ないのが難点です。セブン銀行はセブン銀行のATMが毎日7〜19時まで何回でも無料で使えるので、家の近くにセブンイレブンがある人にはこちらがおすすめです。




関連リンク


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較