コンビニをよく使う人におすすめのデビットカード

コンビニでも「お得に」使えるデビットカード


 全国に5万店以上あるコンビニエンスストア。毎日のように利用している人も少なくないでしょう。そんなコンビニでも、デビットカードは「お得に」使うことができます!



デビットカードがお得な理由は?


 まずはコンビニでデビットカードをお得に使える理由や、利便性を簡単に説明します。


カードによってはポイントアップ特典がある!


 記事の後半で詳しく解説しますが、デビットカードは利用するコンビニによって「ポイントアップ」特典を用意しているものがあります。


デビットカードはコンビニで使うとポイントアップ特典がある


 通常のポイント還元率に加えて、コンビニでの利用のみ還元率が最大で3倍になるカードもあります! 例えば平日に毎日600円買いものしている場合、現金払いからデビットカード払いに切り替えることで年間2300円分のポイントが付くのでその分お得になります。


支払いも現金よりスムーズ


 デビットカード払いは現金よりスムーズです。


 コンビニで使う場合、支払い額が概ね1万円以下の場合はサインやパスワード入力は必要ありません。店員さんにカードを渡すだけで、サッと支払いが完了します。


 また、カード払いを増やすことで手元に用意しておく現金を減らすことができるので、ATMに行く手間やATM手数料も節約することも出来ます。




各コンビニで使うのにおすすめのデビットカード


 ではでは、コンビニチェーンごとにポイントアップ特典があるデビットカードを紹介していきます!


セブンイレブン


セブンイレブン


 セブンイレブンを使う人にはセブン銀行のデビットカードがおすすめです。


セブン銀行JCBデビット


 JCBカードが使えるお店で利用でき、通常のポイント還元率は0.5%です。しかしセブンイレブンでの利用は1.0%還元となり、お得です(7月16日以降の還元率) セブンイレブンでのnanaco払いは2019年7月から0.5%還元となっているので、このデビットカードの方がお得です。


 また、セブンイレブンなどに設置されているセブン銀行のATMの手数料が毎日7〜19時まで無料で使えるので、現金を引き出すのもお得です。


 年会費・発行手数料などは無料。16歳以上から申し込めます。



ファミリーマート


ファミリーマート


 ジャパンネット銀行の「ファミマデビットカード」で買い物をするとポイントが1%還元、またファミマの一部商品がファミマTカード会員限定価格になって割引になる特典がありました。しかし、このカードは2019年5月をもって発行を終了したため、現在は新規入会が出来ません。


 ファミマでは決済アプリ「PayPay」が利用出来るので、ポイント還元率が高いデビットカードからPayPayにチャージして支払うと、とてもお得です。VisaデビットカードであればPayPayにチャージが出来ます(JCBは不可なので注意)


 例えばGMOあおぞらネット銀行Visaデビットは0.8%還元(30歳未満の場合)で、またPayPayはポイントが3%つく(記事執筆時点)ので、トータル3.8%還元となります。


ローソン


ローソン


 残念ながら、現在のところローソンでポイントアップ特典があるデビットカードはありません。普段よくローソンを利用する人には、単純にポイント還元率が高いカードでの支払いがおすすめです。


 また、ファミマと同様に「PayPay」での支払いに対応しているので、ポイント還元率が高いvisaデビットカードからPayPayにチャージして支払うと、とてもお得です。


 なお、ローソンはローソン銀行を設立しましたが、今のところデビットカードは発行されない予定です。


ミニストップ


 ミニストップはイオン系のコンビニなので、イオン銀行のデビットカードで支払うとポイント還元率が1%となりお得です(イオン系のお店以外での利用は0.5%還元と低い)


イオン銀行


 ですがローソンやファミマと同様にPayPayでの支払いにも対応しているので、ポイント還元率が高いVisaデビットカードからPaypayにチャージして使うのが圧倒的にお得です。  なお、JCBデビットカードではpaypayにチャージできないので注意してください(イオン銀行にはJCBデビットカードもあるので)




関連記事