ジャパンネット銀行VISAデビットカード

ジャパンネット銀行VISAデビットカード


ジャパンネット銀行のVISAデビットカード  あまり聞き慣れない銀行かもしれませんが、ジャパンネット銀行は2000年に設立されたネット銀行です。今はヤフーと三井住友銀行の子会社ですが、設立当初は東京電力やNTTなど、そうそうたる企業が関わっていました。


 そんなジャパンネット銀行が発行するVISAデビットカードの特徴を詳しく紹介していきます。



公式サイト

ジャパンネット銀行デビットのメリット


 まずはジャパンネット銀行が発行するデビットカードを選ぶメリットを紹介します。


銀行としての使い勝手が良い・お得


 ジャパンネット銀行は銀行としての使い勝手も良いです。
 自前のATMはありませんが、セブンイレブンなどにある「セブン銀行」のATMや、ファミマやローソン店内のATM、それから郵便局のATMと三井住友銀行のATMも利用出来ます。お金を引き出す時はコンビニに行けばOKです。


ATM


 更に、手数料も街の銀行と比べると安いです。ATMの入金・出金(お金を引き出す)はそれぞれ月1回無料で、2回目以降も162円です(大手銀行は216円) デビットカードを持てばATMを使う機会も減るので、1回で済む人が多いでしょう。
 また、「1回3万円以上」であれば、何度でも手数料無料でATMから出し入れできるので、まとまった額を引き出せば手数料を取られることはありません。


3種類のカードデザインから選べる


ジャパンネット銀行のデビットカードのデザイン

3種類から選べる

 黒一色など、味気ないデザインのデビットカードが多い中、ジャパンネット銀行のデビットカードは3種類のデザインから好きなものを選ぶことが出来ます。


 他の銀行にはあまり無い「ピンク一色」のカードデザインもあり、女性にもおすすめです。


公式サイト

カードレスVisaデビットもある


 ジャパンネット銀行は現時点で日本で唯一、「カードレスVisaデビット」を提供しています。これまで紹介してきた「Visaデビット」とは別に無料で利用することが出来るサービスです。


カードレスデビットカード

番号や有効期限などの「情報」が発行される

 ウェブの画面上にカード番号などの情報が表示されるので、その情報を使ってネット通販を利用します。なんとカード番号を同時に4つまで発行でき、また1日5回まで変更が出来るので、ちょっと利用に不安があるネット通販サイトを利用する時などに「使い捨て」感覚でカード番号を使えるサービスです。


 詳しくは以下の記事で解説しています。


ジャパンネット銀行のデメリット


 続いて、デメリットや欠点の部分を解説します。


ポイント還元率が低い


 ジャパンネット銀行のデビットカードは、ポイント還元率が0.2%となっています。これは地方銀行や大手銀行のデビットカードと並んで最低クラスの還元率で、その点ではお得さで見劣りします。


 とはいえ、例えば還元率が0.6%のカードを月3万円使っても、ポイント還元の年間の差は1440円ですから、その差を「わずか」だと捉えられる人にとっては些細な問題かもしれません。


 なお、ジャパンネット銀行のデビットカードは独自ポイント「JNBスター」で還元されますが、このポイントは換金が可能です。以前はファミマで1%還元になる「ファミマTカード」がありましたが、新規の入会受付を終了しました。


 ポイント還元で得したい人は以下の記事をご覧ください。


申し込み資格


 15歳以上の(中学生除く)なら誰でも、審査無しで誰でも申し込めます。
 また、15歳以上なら未成年でも保護者の同意は必要ありません。


公式サイト



関連記事