ローソン銀行デビットカードはどうなる?

ローソンが銀行を設立へ


 コンビニ大手のローソンが「ローソン銀行」を設立しました。最新の情報をもとに、ローソン銀行のサービス内容やメリット・デメリットを解説します。



ローソン銀行とは


 まずはローソン銀行について簡単に説明します。


ローソン銀行ってどんな銀行?


 ローソン銀行はコンビニ大手のローソンが設立する銀行です。


 準備段階ではローソンが95%、三菱UFJ銀行が5%を出資して設立された銀行です。


三菱東京UFJ銀行と共同で設立


 あまり知られていませんが、ローソンは三菱商事が50%を出資している「子会社」です。もともとは「ダイエー」のコンビニとしてスタートしていますが、現在は三菱グループの会社です。


 コンビニ業界ではセブンイレブンがセブン銀行を設立し、全国の銀行の中でもトップクラスの業績を上げるまでに成長しています。ローソンもそうした流れに追随する形で銀行を設立したというわけです。


遅すぎる参入


 ローソンの銀行参入には、タイミングが遅すぎるという声が多いです。


 世界では「脱現金」の流れが進み、日本でも新聞などでその話題がさかんに取り上げられています。そうした流れを受けて、先行して参入し「大成功」しているセブン銀行ですら、その売上の伸びは頭打ちとなっています。


 今後ますます競争環境が悪化していくことが明白である中の参入。革新的なサービスの導入による巻き返しが無ければ「成功」は難しいでしょう。


ローソン




デビットカードは無い


参入当初は無い


 驚いたことに、ローソン銀行は参入当初はデビットカードを発行しません。クレジットカードについては2019年1月から発行するとしていますが、デビットカードについてはその予定すら明かされていないという状況です。


 今や地方銀行ですら発行するのが当たり前のデビットカード。それが無いのはサービス面で不利と言わざるを得ません。


今後はどうなる?


 現時点ではデビットカードの発行に関して何も発表をしていませんが、ほぼ全てのネット銀行がデビットカードを発行、またライバルであるセブン銀行も「セブンイレブンでの利用で1.5%のポイント還元」というのを武器に、デビットカードの発行を伸ばしている状況です。
 ローソン銀行についても、当然デビットカードの発行は視野に入っているでしょう。


 ローソンとシェア争いを繰り広げているファミマについても、ジャパンネット銀行のデビットカード利用で1%のT-POINTを還元する仕組みを取り入れています。


 ローソン銀行でも、それらと同様にローソンでの利用に対して何らかのポイントアップ還元の特典を用意することを期待したいです。




関連記事



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較