デビットカードの付帯保険の比較 | 国内・海外旅行保険 ショッピング保険

あると便利でお得なデビットカードの「保険」


 一部のデビットカードには、カード利用者に「無料」で様々な保険を提供しています。どのカードにどんな保険があるのか、詳しく解説していきます!



そもそもデビットカードの付帯保険とは?


 そもそもデビットカードの「保険」とは何なのか、分かりやすく説明します。


デビットカードに付いてる無料サービス


 デビットカードの「保険」は、カード利用者に対してデビットカードの発行元である銀行が無料で提供しているサービスです。


 カードによって付いている保険の種類が違いますが、デビットカードに付いているのは主に「国内・海外旅行保険」と「ショッピング保険(買い物保険)」の2種類です。内容は記事の中頃で詳しく解説します。


適用条件に注意!


 無料で付いているサービスなので、特に申し込みをしたり保険料を払う必要はありません。ですが保険を適用するには、条件があります。


 例えば旅行保険の場合、旅行の代金をそのデビットカードを使って支払った場合に、無料で適用されるという条件が付いているものがほとんどです。カードを持っているだけでは適用されません。


 また、意外と知られていないことですが「旅行代金」そのものを支払った場合はもちろん、例えば空港まで行くためのリムジンバスの運賃をカードで支払えば、保険が適用されるというものが多いです。


 保険を活用したいと考えている人は、保険の適用条件まで詳しく見比べましょう。


どんな保険があるの?


 デビットカードの付帯保険にはどのような種類があるのか、主なものを詳しく紹介します。


国内・海外旅行保険


 正式には国内・海外旅行傷害保険と呼ばれるものです。


 旅行先でトラブルが発生した場合に、保険金が支払われます。例えば楽天銀行ゴールドデビットカードの場合は以下のような内容です。


種類 保険金 内容
死亡・後遺障害 1000万円 旅行先で怪我が原因で死亡した場合や、怪我で後遺障害が残った場合
傷害治療費用 100万円 旅行先で怪我をした時の治療費を負担
疾病治療費用 100万円 旅行から帰宅して一定期間内に病気になった時に治療費を出してくれる
賠償責任 1000万円 他人のものを壊してしまった時などに支払われる
救援者費用 100万円 旅行先でケガなどにより入院した場合、親族の旅費を負担してくれる

 それぞれ、更に細かな条件が付いているので、詳しくは公式サイトで確認してください。


 特に海外旅行時のトラブルは、対応に掛かる費用が高額になりがちです。1日1000円程度払って海外旅行保険に加入することも出来ますが、デビットカードの付帯保険を使えば「最低限の内容」の保障を無料で得られます。


デビットカードの国内・海外旅行保険


ショッピング保険


 デビットカードを使って購入した商品にトラブルが発生した場合に、購入金額を補償してくれる保険です。楽天銀行ゴールドデビットカードの場合は以下のような内容です。


購入価格 5千〜100万円
補償限度額 30万円
免責金額 5千円
補償期間 購入から60日間

 例えば12000円の商品を購入して盗難に遭ってしまった場合、「免責金額」の5千円を引いた残りの7000円を保険金として受け取ることが出来ます。


 購入した商品が盗難に遭ってしまったケース以外にも、火災で燃えてしまったとか、不注意で壊してしまった場合も補償してもらえます。


 高い電化製品やブランドものを買う時などに活用すると良いです。


盗難・不正利用補償は当たり前


デビットカードの不正利用補償


 ちなみに、デビットカードが盗難や不正利用によって被害を受けた場合も補償の仕組みがあります。ごく一部の例外を除いて、ほぼ全てのデビットカードに不正利用補償が付いているので、現金よりも安全性は高いです。


 ただし、銀行によって補償額が年間100万円だったり、500万円だったりと条件が異なる点は注意しましょう。被害を届け出る「期間」もあります(被害発生から30〜60日がリミット)


付帯保険が充実しているデビットカード


 最後に、保険が充実しているデビットカードを紹介します。


三菱UFJ-JCBデビット


三菱UFJ-JCBデビット


 国内・海外旅行保険は最高3000万円(死亡・後遺障害)、また海外ショッピング保険も年間100万円までと補償額が大きいです。


 ポイント還元率は実質0.5%程度(交換する商品によって異なる)と平均的で、また年会費は通常1080円掛かりますが、年間10万円以上使えば無料になります。月8400円ほど使えばクリア出来る金額です。



楽天銀行ゴールドデビットカード


楽天銀行VISAデビット


 デビットカードでは珍しい「ゴールドカード」です。ゴールドですが、申し込めば誰でも持てます(16歳以上なら高校生でもOK)


 国内・海外旅行保険は最高1000万円(死亡・後遺障害)と、上で紹介した三菱UFJ-JCBデビットよりも小さいですが、ショッピング保険の免責額が5千円と低い(三菱UFjは1万円)ので、より幅広い商品をカバー出来ます。


 年会費は5400円と高額ですが、保険以外にもVisaカードのゴールドカード優待特典が付くので、特に海外に行く機会が多い人におすすめです。例えば帰国時、空港から自宅まで500円で荷物を届けてくれるサービスなどがあります。





関連記事