楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)の特徴

楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)の特徴


楽天銀行ゴールドデビットカード(VISA)


 一定の条件を満たした人だけが持てる「ゴールドカード」 実はデビットカードにもゴールドカードがあります。それが「楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)」です。その知られざる魅力や、デメリットを詳しく紹介していきます!


公式サイト

楽天銀行ゴールドデビットカードのメリット


 まずはメリットを紹介します。


ゴールドカードなのに誰でも持てる!


 クレジットカードのゴールドカードだと、通常のカードよりも厳しい審査があるため、収入や勤め先、年齢によっては作れないこともしばしばあります。


 しかし、この楽天銀行のゴールドデビットカードは、「16歳以上」という年齢制限さえクリアしていれば、審査無しで誰でも持つことができます。16歳というと高校1年生の年齢ですが、高校生でもOKです。


憧れのゴールドカードが高校生でも持てる

ドヤ顔でゴールドカードを使うサラリーマン

 見た目はクレジットカードのゴールドカードと見分けが付かないので、財布に一枚入れておけば少し自慢になるかもしれません。


海外旅行をサポートしてくれるサービス


 メリットは見栄を張れるだけではありません。


 VISAカードのゴールドカードの特典がいくつか付いています。


 例えば、海外でカードを無くしてしまった時に、現地で24時間年中無休で対応してくれるサービスを利用できます。世界の主要都市から通話料無料で、日本語対応してくれます。すぐにカードを停止できるので、悪用を防ぐことができます。


 停止するだけでなく、緊急カードを1〜3日以内に発行して現地に届けてくれるサービスもあるので、旅行をスムーズに続けることが出来るのもゴールドカードならではの特典です。


楽天銀行ゴールドデビットカードは海外旅行に便利


 更に、成田・羽田、関空、セントレアで荷物を一時預かりしてくれるクロークサービスを15%オフで利用できるサービスや、帰国時に空港から自宅まで15%オフの料金で荷物を届けてくれるサービスも利用できます。


 また、デビットカードとしては珍しく国内・海外旅行傷害保険も付帯しています。


ポイント還元率が高い


 カード利用金額に対し1%のポイント還元があります。デビットカードとしては「最高クラス」の還元率です。


 とはいえ、同じく楽天銀行のJCBデビットは1%還元(年会費無料)なので、年会費が高額である点もふまえると「お得」とは言い切れない部分もあります。


タッチ決済に対応


 電子マネーのように「タッチ」だけで支払いが完了する「Visaのタッチ決済」に対応しています。サインやパスワード入力の必要が無いため、よりスムーズに支払いが完了します。


 国内で対応しているお店は、マクドナルドやTSUTAYAなどに限られますが、今後イオングループのお店などにも拡大していきます。また、海外では既にVISAカードを使えるお店の90%以上で利用できる国もあります(オーストラリア、スイスなど)


公式サイト

楽天銀行ゴールドデビットカードのデメリット


 続いて、楽天銀行ゴールドデビットカードのデメリットを解説します。


年会費が高い


 5400円の年会費が掛かります。
 デビットカードは「年会費無料」のものが多いので、年会費を見ると高いと感じてしまいます。


 ちなみに、年間54万円ほどカードを利用すると、ポイント還元で年会費を上回ります。とはいえ、年会費が無くポイント還元率が高いカードを使った方がお得であるというのは言うまでもないことです。


 また、海外に行く機会がある人には「メリット」のところで紹介したような特典があるので、そこでも「元を取る」ことは可能かもしれません。


空港ラウンジは使えない


空港ラウンジは使えない


 ゴールドカードの特典として、空港にある専用ラウンジの利用特典は有名でしょう。しかし、残念ながらこの楽天銀行ゴールドデビットカードにはそうした空港ラウンジの利用特典は付いていません。


 ゴールドカードで入れる空港ラウンジ(カードラウンジ)なんて、せいぜいソフトドリンクが無料で飲めるくらいのものですから、まあしょうがないですね。


申し込みについて


 カードの申し込みは公式サイトからできます。
 16歳以上なら誰でも申込むことができる「楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)」いかがでしょうか!


公式サイト



関連リンク