ウイルスバスター クラウドの評価レビュー

ウイルスバスター クラウドの管理画面

初心者にやさしいセキュリティソフト

 国内シェア1位、家電量販店に行くと必ず一番目立つ場所に置かれている「定番」のセキュリティソフトです。イラストを多用した分かりやすい操作画面と、充実のサポート体制で、PCにあまり詳しくない人におすすめです。

 更に、PCやスマホ全般の相談にも乗ってくれるサポートサービスが付いたパッケージもあるので、普段からトラブルが多い人には持って来いです。

軽さ ウイルス対策 通信保護 脆弱性対策 WEB保護 ネット銀行保護 PC盗難対策 ID/パス管理 保護者機能

まずまず
99.6% -
IPS
他のソフトと比べる → セキュリティソフトの比較

公式ストア(購入)


ウイルスバスター クラウドの評価(総評)


セキュリティ性能


セキュリティ性能(安全性)は?  ウイルス検出性能については申し分無いです。ここ2〜3年は、参加しているいずれの調査でも上位(検出率100%近傍)にランクインしていますから、安定性の面でも不安はありません。


 また、特筆すべきはフィッシング詐欺サイトを始めとする「危険サイト」の検知性能です。単に関連機能が充実しているというだけでなく、検知性能も良好な結果となっています。


 その反面、最近重要性が増している「脆弱性対策」が残念な内容(詳細は機能解説にて)ですから、総合的なセキュリティ性能としては必ずしも「トップクラス」とは言えないでしょう。今後の改善に期待したいところです。


動作の軽さ


評価方法
起動時間 WEBサイト
5ページ同時読込
ウイルスバスター 44.12秒 11.44秒
ソフト無し 38.11秒 6.89秒
増減
+15.79% +66.10%

動作の軽さは?  「重い」と言わざるを得ない部分がいくつかあります。


 特に気になるのは、WEB系の保護機能を有効にするとブラウザの動作が遅くなる点です。Firefoxにウイルスバスターのアドオンを追加したところ、読み込みが遅くなり、ページのスクロールや検索バーへの文字入力でも少しカクつくようになりました。IEでは幾分マシでしたが、こちらでも若干パフォーマンスの低下が見られました。とりわけ、楽天やYoutubeトップページのように情報量が多いページの表示と、ページを次々と切り替えていく動作に弱いと感じます。


 ちなみに、WEB系のアドオンを無効にした状態での起動時間(Firefoxが立ち上がるまでを計測)41.44秒、WEBの読み込み時間は7.95秒となりました。
 WEB系のアドオンさえ使わなければ、カスペルスキーと同等にサクサク使えるというのが全体を通じた感想です。



購入・価格一覧

3台/1年 5380円
3台/2年 9680円
3台/3年 10860円
公式サイトで購入する
無料体験版をダウンロード
4/3 17時まで 3年版が15%オフ

 AndroidMaciOSにも一つのライセンスでインストール出来ます。
※iOS版は無理に使う必要は無いという内容です


初心者におすすめ デジタルライフサポート


ウイルスバスター デジタルライフサポート  セキュリティソフトとしてのウイルスバスターに加えて、パソコンやスマホ関連のあらゆる相談に乗ってくれるサービスが付いた「+デジタルデジタルライフサポート プレミアム」(白いパッケージ)があります。


 通常のサポートでは当然、ウイルスバスターに関する質問しか対応してくれませんが、このパッケージを買えばパソコンの設定方法や、スマホの使い方なんかも教えてくれるので、普段からお困りのことが多い人におすすめです。



以下、各機能の詳細な評価が続きます

各機能の詳細・評価


ウイルス・スパイウェア対策


AV-TEST
2016/3-4月
AV-Comparatives Virus Bulletin
2016/6月
Real-World Reference Real-World
2016/6
File Detect
2016/3
既知ウイルス 未知ウイルス
100% 100% 100% 98.4% 不参加
他のソフトと比べる → ウイルス検出率ランキング

 前述の通り、ここ数年は検出率が100%近傍で安定しています(AV-TESTとAV-Comparativesのみ参加) 他のソフトが盛んに宣伝している「未知ウイルス検知(ヒューリスティックスキャン)」について、ウイルスバスターは全くと言っていいほどアピールがありませんが、当然機能として備わっています(海外向けには宣伝している)


ウイルスバスター クラウドのウイルススキャン(クイックスキャン)


ファイアウォールチューナー

ウイルスバスター クラウドの不正侵入遮断アラート(IPS)

 ファイアウォールではなく、あくまでも「ファイアウォールチューナー」です。PCに標準装備されているWindowsファイアウォールを強化すると謳ったもので、Windowsファイアウォールには無い不正侵入遮断(IPS)がその中身です。


 外部からの不正なアクセスや、ウイルス感染によって外部へ情報が送信されるといった被害を防ぎます。


ファイアウォール
チューナー有効
ファイアウォール
チューナー無効
62.45Mbps 62.33Mbps

 通信速度の方はご覧の通り、悪影響はありません。上りの速度も計測しましたが、こちらも誤差程度の違いしかありませんでした(5回計測の平均値:FirefoxでBNRスピードテストを利用)


 なお、公式サイトでは当機能がIDS(不正侵入検知)と紹介されていますが、メーカーに詳しく問い合わせたところ、不正侵入を検知した上で「遮断」まで自動で行うIPSであることが分かりました。


フィッシング詐欺対策


ウイルスバスター クラウドの危険サイト対策(検索結果の安全性)  とても充実しています。性能の方も申し分なく、AV-Comparativesの2015年調査では検出率91%と、調査対象となった10ソフト中3位という結果が出ています。
 私自身もフィッシング詐欺サイトとして報告されている5つのURL(直近3ヶ月の詐欺サイト)にアクセスしたところ、ずべて詐欺サイトとして検知することが出来ました。2ヶ月前の詐欺サイトすら検知できないソフトが多いので、この結果には満足です。


 サイトにアクセスする前に、そのサイトが安全かどうか教えてくれる機能も充実しています。下の画像のように、検索エンジンの検索結果画面でサイトの安全性を表示したり、サイト上のリンクにマウスポインターを載せると、リンク先の安全性を表示する機能もあります(ウイルスバスターならでは)


ウイルスバスター クラウドの危険サイト対策(リンク先の安全性を表示)


ランサムウェア対策(新機能)


 2017年度版からの新機能です。
ウイルスバスター クラウドのランサムウェア対策(検知画面)  感染することでPC内のデータがロックされてしまう「ランサムウェア」の被害を防ぐことを謳った機能です。ロックされて使えなくなると困るデータを、ランサムウェアによる暗号化から防御します。予め一つのフォルダを保護対象として設定し、そのフォルダ内のデータをランサムウェアから守るという仕組みです。


 ※当サイトでは、消えて困るデータは定期的にバックアップを取ることを強くおすすめしています。

関連記事 → ランサムウェア(身代金ウイルス)の被害を防ぐ対策とは?


脆弱性対策


 様々な攻撃の足掛かりにされる脆弱性を対策するための機能です。


 OSやソフトウェアの更新を促されることがあると思いますが、それはセキュリティ上の欠陥(=脆弱性)を潰すための更新である場合も多々あります。しかし、ほとんどのユーザーがしっかりと更新していない現状があり、セキュリティ上の重大なリスクとなっています。


 ウイルスバスターでは、そうしたソフトウェアの更新漏れを検知し、ワンクリックで一括して更新を実行することが出来ます。残念ながら、対応しているのはマイクロソフト社とアドビ社のソフトだけです。カスペルスキーマカフィーと比べるとカバーできる非常に範囲は狭いものの、無いよりはマシです。今後の拡充に期待したいです。


SNSの安全対策


 FacebookやTwitter、Google+といったSNSのプライバシー設定状況を確認する機能と、SNS上のリンクの安全性を診断する機能です。SNSは「プライバシーだだ漏れ」の状態で使っている人も少なくないので、一度点検してみることをおすすめします。


ウイルスバスター クラウドでSNSの設定状況をスキャン


個人情報流出対策


ウイルスバスター クラウドの個人情報送信阻止機能  クレジットカード番号やマイナンバー、住所などの「漏れて困る情報」を、予めウイルスバスターに登録しておくことで、その情報(文字列で判断)が外部に送信されることを防ぎます。ウェブサイトやメールなどで個人情報を送信しようとすると、警告が出て止まるという仕組みです。


 本機能を活用することで、お子さんが親のカードを勝手に使って買い物やオンラインゲームの課金をする、といった最近急増しているトラブルを防ぐことも可能です。


ペアレンタルコントロール


 有害サイトのフィルタリング(ブロックした履歴も記録) 検知画面
 インターネット使用時間帯の制限 設定画面
 1日あたりのPC使用時間の上限の設定 設定画面
 特定のソフトウェアの使用制限(時間帯でも設定可) 設定画面


ウイルスバスター クラウドの保護者機能(ペアレンタルコントロール)  セキュリティソフトの保護者機能としては最高レベルの内容で、フィルタリングの精度も充分だと思いました。ウェブページの表示が若干遅くなったように感じますが、ストレスになる程ではありません。ブラウザにアドオンを追加しなくても、一連の機能を全て使えるも良いです。


 ただ、他のソフトと同様に「抜け道」はたくさんあります。例えば検索エンジンの画像検索を使えば、いくらでもアダルトな画像が見られます(フィルタリング対象外) また、検索エンジンの「キャッシュ」もフィルタリング対象外です。


サポート


 電話、メール、チャット、WEBで365日対応しています。
 問い合わせにあたって、シリアル番号などの情報が必ず必要になるので、紙に印刷して保管することをおすすめします。



他のソフトを見てみる


総合セキュリティソフトの比較

掲載数が国内最多 セキュリティソフトの機能や性能を比較できます

ウイルスバスター クラウドと比較したいソフト


ノートン

 ウイルスバスターと並んで、圧倒的知名度を誇るノートンが比較対象としておすすめです。こちらも初心者の人でも扱いやすい、分かりやすい操作画面が特徴の一つとなっています。動作の軽さではウイルスバスターよりもワンランク以上勝っています(セキュリティ性能は互角くらい)



ユーザーの口コミ評価


総合評価

3.3点
動作の軽さ

3.5点
使いやすさ

3.8点
機能

3.6点

口コミレビュー35件を読む
口コミを投稿する

家中丸ごと保護するなら


ウイルスバスター for Home Network  パソコンやスマホにはセキュリティソフトを使えばいいのですが、ゲーム機やスマートテレビ、ネットワークプリンター等ではそれができません。ご家庭のネットにつながる機器を「まとめて」保護する製品が発売されたので、ぜひこちらも検討してみてください。弁当箱ほどの大きさの機械を、現在使っているルーターに接続するだけで使えます。


 ※通常のセキュリティソフトと組み合わせて使います。


ウイルスバスター for Home Networkの評価レビュー

ご家庭のルーターに接続するだけで使えるセキュリティ機器



関連記事


ウイルスバスター for Home Networkの評価レビュー
ウイルスバスターモバイルの評価レビュー【Android版】

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較