マカフィーとウイルスバスターの比較

マカフィーとウイルスバスターの比較


マカフィーとウイルスバスターの比較


 ともに日本国内で高い認知度をほこるマカフィーとウイルスバスター。それもそのはず、マカフィーはかつての国内シェア1位、ウイルスバスターは現在のシェア1位のソフトです。


 セキュリティソフトのレビュー歴11年の私が、実際にテストした結果をふまえてマカフィーとウイルスバスターを比較します。



主要4項目を比較してみよう


 それぞれのレビューでも詳しく解説していますが、セキュリティソフトを選ぶ上で重要な「4項目」を直接比較してみます。


セキュリティ性能


 まずはセキュリティソフトにとって「最重要」のセキュリティ性能から比べてみましょう。


 一口にセキュリティ性能と言っても、更に細かく分類することができますが、その中でも重要性が高い「ウイルス検出性能」を見比べてみます。海外の調査機関が公表した、過去3期分のデータを引用します。


平均値 AV-TEST
2018/3-4月平均
AV-Comparatives
Real-World reference set Real-World
2018/3
Malware Protection
2018/3
マカフィー 99.75% 99.45% 100% 99.6% 99.95%
ウイルスバスター 100% 100% 100% 100% 100%

平均値 AV-TEST
2017/7-8月平均
AV-Comparatives
Real-World reference set Real-World
2017/10
Malware Protection
2017/9
マカフィー 99.75% 99.5% 99.95% 99.7% 99.86%
ウイルスバスター 100% 100% 100% 100% 100%

平均値 AV-TEST
2017/1-2月平均
AV-Comparatives
Real-World reference set Real-World
2017/4
Malware Protection
2017/3
マカフィー 98.64% 97.5% 99.5% 98.0% 99.62%
ウイルスバスター 100% 100% 100% 100% 99.98%

 結果は一目瞭然。ウイルスバスターの方が検出性能が高いです。


 ウイルスバスターについては、2017年以降のAV-TEST、AV-Comparativesのウイルス検出テストで「100%」という結果を連発しており、全セキュリティソフトの中でもトップクラスの成績です。


ウイルスバスターのウイルス検査画面

ウイルスバスターのウイルス検査画面

 それに対しマカフィーは、直近の成績は全セキュリティソフトの中で「平均クラス」の結果です。また、2017年にアンチウイルスエンジンを刷新して以降は現在のポジションですが、それ以前(上表では3つめの表)の結果は惨憺たるもので、有料セキュリティソフトの中で最低クラスの結果でした。


 アンチウイルス以外の機能については、例えば脆弱性対策機能(ソフトウェアアップデート)はマカフィーの方がカバーできる範囲が広く、優れていると言えます。とはいえウイルスバスターにも同様の機能があり、ここで大きな差があるとは言えません。


 セキュリティ性能を総合的に見ても、ウイルスバスターに軍配が上がります。


動作の軽さ


 セキュリティソフトにとって、セキュリティ性能に次いで重要なのが「動作の軽さ」です。PCの動作を邪魔しないで使えるのはどちらか、私が行ったテストの結果をもとに評価します。


平均値 PC起動時間 WEBサイト表示 ソフトの起動
マカフィー 10.0% 5.9% 11.6% 12.4%
ウイルスバスター 30.5% 17.8% 37.6% 36.2%

 「セキュリティソフト無し」の状態と比較した時の、動作の悪化幅(計測タイムの悪化幅)です。「0%」に近いほど「軽い」ことになります。


 マカフィーの方が軽いです。
 実際に使ってみると、マカフィーはセキュリティソフトをインストールしていない状態とほぼ変わらない負荷感でサクサク動きます。古いPCや性能が低いタブレットPCなどでも問題なく使えるでしょう。


マカフィーのパソコン最適化機能

マカフィーの「パソコン最適化」機能

 それに対しウイルスバスターは、やや負荷感を感じます。
 一定以上のスペック(テスト機はCore i5-6600)であればストレスを感じるほどではありませんでしたが、使うPCのスペックに自信が無ければ避けた方がよいでしょう。


 セキュリティソフトはPCとの相性によってパフォーマンスが変わることがしばしばあるので、購入前に無料体験版を試すことをおすすめします。


サポート体制


 続いて、テクニカルサポートの体制を比べてみましょう。サポートがしっかりしていた方が、何かあった時に安心です。


マカフィー ウイルスバスター
方法 電話 メール チャット 電話 メール チャット LINE
電話サポートの
営業時間
毎日
9〜21時
毎日
9:30〜17:30

 サポート時間の長さではマカフィーの方に軍配が上がるものの、「質」まで評価するとウイルスバスターの方が良いです。


 ユーザーから寄せられた当サイトの口コミ評価でも、マカフィーのサポートに対する不満が散見されます。私も何度か問い合わせた経験がありますが、対応がやや遅いと感じました(チャットの反応に3分:平日昼間)


 ウイルスバスターはサポートに定評があり、しっかりと対応してくれます。全セキュリティソフトの中でもトップクラスです。


 付け加えると、操作画面の使いやすさという点でもウイルスバスターに軍配が上がります。


ウイルスバスターのセキュリティアラート

ウイルスバスターの警告画面

価格・導入費用


 最後に、気になる「価格」を見比べてみましょう。キャンペーンの実施状況などにより変動があるので、最新の価格は公式サイトで確認してください。


マカフィー ウイルスバスター
台数無制限 1年/ 8208円
3年/ 15408円
なし
3台 なし 1年/ 5380円
3年/ 12780円

 台数が少なければウイルスバスター、台数が多ければマカフィーの方がお得です。
 ウイルスバスターの場合、4台以上使う場合はライセンスが2つ必要になるため、マカフィーより割高になります。4台以上の場合はマカフィーが圧倒的に安いです。


 なお、マカフィーは当サイト限定で利用できる「半額クーポン」を利用することで、上記の価格から半額で購入できます。詳細はレビューページに記載しています。


結局どちらがいいの?


 最後にまとめます。


「軽さ」重視ならマカフィー


マカフィーの操作画面


 動作が軽く、使うPCのスペックを問わず快適に使えるのがマカフィーです。
 「台数無制限」なので使用する台数が多い場合もこちらがおすすめです。


 なお、当サイト限定クーポンで「半額」で購入できるので、詳しくは以下のレビュー記事を御覧ください。


マカフィー公式サイト(購入・無料体験版)

「セキュリティ」重視ならウイルスバスター


ウイルスバスターの操作画面


 セキュリティ性能がマカフィーと比べて一段高いので、より高いセキュリティを求める人にはウイルスバスターがおすすめです。


 サポートが充実、また操作画面も見やすいのでPCの操作にあまり自信が無い人にもウイルスバスターが良いです。


ウイルスバスター公式ストア(購入・無料体験版)

関連記事



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較