プリペイドカードの比較&おすすめ

プリペイドカードの比較&おすすめ


 クレジットカードと同じように使え、未成年の人でも作れる「プリペイドカード」を詳しく解説します。プリペイドカードの詳しい解説や、作れるカードの紹介などです。



広告


プリペイドカードの比較

非表示にした列を再表示

非表示ボタン→
デザイン

クリックで
拡大
名前
種類
入会金/年会費
チャージ方法
チャージ手数料
ポイント還元率
特典
補償
申込条件
コメント
カード名
LINE Payカード dカード
プリペイド
ソフトバンクカード
プリペイド
au WALLET
プリペイドカード
オリコ
プリペイドカード
おさいふPonta ANA VISA
プリペイドカード
無料 無料 無料 無料 無料 無料 640円
コンビニ/振込 ローソン 振込 ローソン コンビニ/振込 ローソン コンビニ/振込
無料 200円※ 無料 無料 200円 無料 200円
2% 0.5% 0.5% 0.5% 0.25% 0.2% 0.5%
ローソンで3% 7-11で1% ローソンで1%
不正利用10万円まで なし 申告時点の
残額を保護
10万円まで
盗難紛失補償
なし 申告時点の
残額を保護
なし
年齢制限無し
LINEユーザー
12歳以上
ドコモユーザー
12歳以上 12歳以上
auユーザー
12歳以上 年齢制限無し 15歳以上
チャージ手数料は
17年9月末まで無料
T-POINT貯まる
LINE Payカード dカード
プリペイド
ソフトバンクカード
プリペイド
au WALLET
プリペイドカード
オリコ
プリペイドカード
おさいふPonta ANA VISA
プリペイドカード
携帯電話会社のカードは、電話料金と一緒に請求も可能



プリペイドカードの説明


 プリペイドカードを分かりやすく説明します!


プリペイドカードの作り方・申込方法


 カードによって違いますが、作り方は大きく分けて2通りです。


プリペイドカードの作り方  まず、dカードやソフトバンクカード、au WALLET、おさいふPonta(ローソン)などのカードは、それぞれのお店に行って「カードをください」と言えばカードを貰うことが出来ます。
 カードと一緒に申し込み書などが付いているので、その指示に従ってネットなどで手続きをするとカードが使えるようになります。


 もう一つは、ネットで申し込むタイプです。
 例えばLINE Payは、皆さんが普段使っているLINEのアプリから申込みが出来ます。住所などを入力すると、カードが自宅に送られてくる仕組みです。


プリペイドカードの使い方


 カードを作ったら、まずお金をチャージします。


プリペイドカードの使い方は簡単  チャージはコンビニに行って、店員さんにカードを渡して「チャージしてください」と言えば現金をチャージ出来ます。カードによっては、コンビニの店内に置いてある端末(ローソンのLoppiなど)で操作をして、レシートのような紙を発行してからレジでお金を払う場合もあります。
 また、予め登録したクレジットカードや銀行口座からチャージ出来るプリペイドカードもあります。


 買い物に使う時は、クレジットカードと同じです。
 お店で使う時は、店内さんにカードを渡します。そうするとサインかパスワードの入力を求められるので、指示に従ってください。それで支払いが完了します(コンビニなどではサイン/パスワードは不要)
 ネット通販で使う時は、カード番号とカードの有効期限、自分の名前などを入力するだけです。


プリペイドカードのデメリット・欠点


プリペイドカードの欠点  最大のデメリットは、チャージが必要であるという点です。


 カードを使うには、suicaやICOCAといった交通系ICカードのようにチャージが必要です。クレジットカードやデビットカードではそうした作業は全く必要ないので、それらと比べると面倒です。
 また、カードによってはチャージする度に手数料を取られます。


 更に、補償の面でもデビットカードやクレジットカードと比べると見劣りします。クレジットやデビットの場合、盗難・紛失や不正利用を補償してもらえるのが当たり前ですが、プリペイドカードではそうした補償が無いカードもあります。


 こうした欠点をふまえると、高校生以上の人はデビットカードを使った方が遥かに便利で、お得です。


海外で使うなら


海外で使うなら海外専用プリペイドカード  上で紹介したプリペイドカードは、海外で使うと「4%程度」の手数料を取られるものも多いです。


 海外で使うなら、海外専用プリペイドカードがおすすめです。こちらも12歳以上から作れる上に、例えばキャッシュパスポートというカードなら海外でトラブルがあった時に電話で助けてくれる「ヘルプデスク」というサービスが無料で付きます。


 高校生ならデビットカード、それ以上の人はクレジットカードを使った方がお得です。


海外留学・旅行におすすめのクレジットカード

海外限定で使える、中学生から持てる便利なクレジットカードとは?



関連記事


デビットカードの比較

高校生でも作れるカードを比較します

銀行口座の作り方

高校生・大学生におすすめの銀行を紹介します。

JCBプリペイドカードの比較 作り方 特徴

JCBブランドのプリペイドカードを紹介しています