有機ELテレビとは

有機ELテレビとは


有機ELテレビは高画質


 有機ELテレビの仕組みや特徴を、難しい専門用語ナシで分かりやすく簡単に説明します。



有機ELテレビの特徴


 まずは有機ELテレビが持つ特徴から解説します。


 よく言われている有機ELテレビの特徴は以下のとおりです。



 有機ELテレビが「液晶の次」と言われる最大の理由は、その画質の良さです。


 ぜひ家電量販店の店頭で見比べていただきたいのですが、誰の目で見ても違いが分かるほど、有機ELテレビは液晶よりも「高画質」です。


 これまでは液晶テレビ同士で激しい「画質争い」が繰り広げられていましたが、有機ELテレビはそれらと一線を画す「別次元」の画質を実現しています。


壁掛けテレビ LG OLED TV W


 また、本体を非常に薄くつくることができる点も注目されています。
 55インチの大画面でありながら最薄部で5mm以下、スマホよりも薄い有機ELテレビも存在しています。


仕組みを簡単に説明します


 別次元の高画質と薄さは、有機ELテレビが搭載する「有機ELディスプレイ」の産物と言えます。続いて、有機ELディスプレイの仕組みや構造を簡単にご説明します。


映像を映し出す仕組み


 テレビはどの方式でも、目に見えない程の小さな「粒」の色を一つ一つ瞬時に変えていくことで、われわれの目に映像を届けています。


有機ELテレビの仕組み


 有機ELディスプレイは、「電圧を掛けることで発光する」無数の小さな粒を画面上に並べることで、映像をつくりだしています。


 電気を流すと発光する特性は、照明器具として世間に定着しているLEDと同じ原理です。小さな小さなLED電球(の中身)が、テレビの画面上にびっしり並んでいるとイメージするとよいかもしれません。


 なお、有機ELは照明としても将来を期待されており、今後数年で一気に普及が見込まれています。


液晶との違いは?


 続いて、液晶と有機ELの違いを解説します。
 以下の記事もあわせてご覧ください。


バックライト不要 だから薄い


有機ELテレビは画面が薄い


 有機ELは電圧を掛けることで発光します。
 それに対し液晶は、自ら発光することが出来ないため、テレビやスマホのディスプレイとして使うには「バックライト」と組み合わせて使う必要があります。


 バックライトが必要ない有機ELディスプレイと比べて、液晶はどうしても厚みが出てしまいます。


明暗をしっかり表現できる


 また、液晶ディスプレイで使われているバックライトは常時オンで光を発し、その発せられた光をフィルターによって制御しています。そのため、完全に真っ暗な画面を作り出すことが苦手で、真っ暗な映像でも薄く光が漏れたように見えます。


 対して有機ELディスプレイは、目に見えない小さな粒ごとに光のオンオフを切り替えたり、明るさを調節できるため、明暗をしっかりと表現することができます。


構造が単純 将来的には低価格に?


 有機ELテレビは液晶と比べ、構造がシンプルです。そのため将来的には液晶よりも低コストで生産できるようになる、と言われています。


 今は有機ELテレビは液晶の2倍程度の価格で売られていますが、より多くのメーカーが参入して量産が進んだり、現在研究開発が進んでいる低コストな生産方式が実現すれば、テレビの値段を今より下げてくれるかもしれません。


未来のテレビを見てみよう


 2017年は「有機ELテレビ元年」と言われているように、国内外のメーカーから多数の機種が発売されました。以下の記事で発売済みの有機ELテレビを比較できるので、こちらもご覧ください。




有機ELテレビの記事



セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較