有機ELテレビの魅力を最大限活かせる使用環境とは

有機ELと液晶、どっちがいい?


 有機ELテレビは液晶と比べて画質がよく、美しい映像を楽しむことができます。ですが、全てにおいて液晶より優れているわけではありません。使用環境や用途によっては液晶テレビを選んだ方がいい場合もあるのです。




有機ELテレビの弱点とは


 冒頭でも触れた通り、有機ELテレビが全てにおいて液晶より優れているわけではありません。有機ELには有機ELの良いところがあるように、液晶にも優れている点があります。


 とりわけ、「輝度=画面の明るさ」の差はテレビを選ぶ上で注意したいポイントです。


 画素そのものが発光する有機ELに対し、バックライトで強力に発光させることができる液晶は、画面の明るさという点において間違いなく優れています。


 通常の視聴では有機ELテレビでも不満を感じる場面はありませんが、最高輝度には差があるので、使用環境によっては液晶テレビの方が適している、ということが起こり得ます。


有機ELが適した使用環境


 輝度という弱点をふまえて、有機ELテレビの魅力を最大限に活かせる使い方を紹介します。


暗い部屋


 直射日光が当たる部屋よりも、薄暗い部屋の方が有機ELテレビの美しい映像をより楽しむことができます。


 有機ELは画素ごとに発光・消灯を制御できるため、完全に真っ暗な画面を作り出すことができます。一方液晶ディスプレイは暗転した映像でも、バックライトの光が漏れることで薄っすらと画面が白く見えます。


 こうした有機ELテレビの利点は、薄暗い部屋の方がより実感しやすいです。


映画やドラマを見る


 一般的な傾向として、バラエティ番組は画面が明るめに作られている一方、映画やドラマは暗めの映像になっています。暗い画面をより美しく映し出せる有機ELテレビは、映画やドラマを楽しむのに適していると言えます。


液晶の方が適している環境


明るい部屋での視聴


 最高輝度で劣るため、直射日光が当たる部屋で使うなら液晶テレビの方が優れているでしょう。明るい環境で画面を見やすくするには画面の輝度を上げる必要がありますから、最高輝度が高い液晶の方が見やすいです。また、完全な「黒」を再現できる有機ELの魅力を活かすこともできません。


 欧米の家庭と比べて、日本の家庭は照明が明るいと言われています。日本の家庭に向いていないとまでは言いませんが、欧米の家庭の方が有機ELテレビに適した環境と言えそうです。


バラエティ番組を見る


 明るい画面は得意ではありませんから、バラエティ番組を見るだけなら高いお金を払って有機ELテレビを買う必要はありません。


狭い部屋での使用


 現在販売されている有機ELテレビは最低55インチ。日本で売れ筋の32Vや42Vのラインナップはありません。


 55インチというサイズは10畳以上の部屋1m以上離れて視聴するのに適した大きさです(4Kの場合) 広くない部屋に巨大なテレビを置いても、部屋が狭くなるし疲れるだけですから、部屋の広さを考えてテレビを選んでください。


 新技術は高級品から徐々に普及品へと浸透していくものです。有機ELテレビについても、数年待てばお手頃サイズの機種が登場するでしょう。


有機ELテレビの記事


有機ELテレビの比較&おすすめ機種の紹介

現在発売中の機種を一覧表で比較できます

有機ELテレビのメリット・強み

液晶ディスプレイよりも優れている点は?

有機ELテレビのデメリット・弱点

克服されるべき問題点をいくつも抱えています・・

有機ELテレビの寿命

欠点の一つと挙げられることが多い「寿命」の問題について

有機ELテレビの消費電力

消費電力が小さい、というのは必ずしも本当ではない?

有機ELテレビ/ディスプレイの比較

有機ELテレビやディスプレイの解説記事をまとめています


セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較