カスペルスキー セキュリティ2017の評価レビュー

カスペルスキー2017の管理画面

セキュリティ性能No.1

 日本でもじわじわと人気を高めているロシア製のセキュリティソフトです。

 魅力はなんといってもセキュリティ性能の高さ。ウイルスの検知能力が高いのは当然のこととして、セキュリティ対策に非常に重要なのに他社があまり力を入れていない「脆弱性対策機能」もちゃんとしています。全方向でガッチリ守ってくれるセキュリティソフトです。

軽さ ウイルス対策 通信保護 脆弱性対策 WEB保護 ネット銀行保護 PC盗難対策 ID/パス管理 保護者機能

まずまず
99.9% Firewall
IPS
他のソフトと比べる → セキュリティソフトの比較

公式ストア(購入)


カスペルスキー2017の評価(総評)


セキュリティ性能


セキュリティ性能(安全性)は?  トータルで見て最強のセキュリティ性能と評価します。


 ウイルスの検知率が高いのは当然のこととして、カスペルスキーの防御はそれだけではありません。セキュリティ対策にとって非常に重要であるにも関わらず、他社があまり力をいれていない「脆弱性対策」や、WiFiの盗聴防止などの機能が装備されています。


 セキュリティ対策に関しては、私が求めていた水準のセキュリティソフトがようやく出てきた、と言える程素晴らしい内容に仕上がっています(ちょっと褒めすぎ感もありますが) 詳しくは各機能の解説もご覧ください。


カスペルスキー2017の管理画面2


動作の軽さ


評価方法
起動時間 WEBサイト
5ページ同時読込
カスペルスキー 43.63秒 11.25秒
ソフト無し 36.54秒 7.05秒
増減
+19.4% +59.7%

動作の軽さは?  セキュリティ性能では優秀ですが、動作の軽さに関しては必ずしも評価出来るほどではないです。ある程度スペックが高いPC(例えばCore i5以上)ならアンインストールしたくなる程ではありませんが、ロースペックのPCでは別のソフトを選んだ方が無難です。


 ネットサーフィンに関しては、不満に感じるほどでは無いものの、ページの読み込み完了が遅くなったように感じました。表示が始まってから、ページ内の画像や埋め込みの動画などの表示が完了するまでに若干のタイムラグが見られるようになりました。文字データはすぐにパッと出ます。


 不満な点を挙げるとすれば、Firefoxで楽天市場を利用した時の読み込みの遅さがあります。商品ページを開いた時に、10秒以上にわたってフリーズすることもあり、ショッピングを快適に出来る環境でなくなりました。楽天に限らず、画像が多すぎるページにアクセスすると同じような症状が見られました。上で計測した数値が悪いのも、楽天の読み込みが長引いたことが主要因です。


 ChromeやEdgeでは軽快に動作したので、画像データ盛りだくさんのサイトを開く時はFirefox以外のブラウザを利用した方が良さそうです。


購入・価格一覧

1台/1年 3980円
1台/3年 8980円
5台/1年 4980円
5台/3年 12150円
台数制限無/1年 6980円
公式サイトで購入する
無料体験版をダウンロード
AndroidMacにもインストールできます

以下、各機能の詳細な解説が続きます

各機能の詳細・評価


ウイルス・スパイウェア対策


AV-TEST
2016/3-4月
AV-Comparatives Virus Bulletin
2016/6月
Real-World Reference Real-World
2016/6
File Detect
2016/3
既知ウイルス 未知ウイルス
100% 100% 99.7% 99.9% 不参加
他のソフトと比べる → ウイルス検出率ランキング

カスペルスキー2017のウイルススキャン画面  検出性能はトップレベルです。私は2007年から検出率テストの結果を見続けていますが、カスペルスキーは一貫してトップレベルの成績を残しています。他のソフトは1〜2年単位で成績が落ち込む時期があったりしますが、カスペルスキーに関してはそういったことも無く、安定して性能を発揮しているようです。


 スキャン中も動作がやや重くなるものの、他の作業を続行することが出来ました。また、フルスキャンでも20分程度(約200GB分)と、スキャンスピードについても不満はありませんでした。


カスペルスキー2017の実行アプリケーションの制限


 従来型の対策だけでなく、カスペルスキーが安全性を確認したアプリケーションだけを実行できるようにすることも可能です(初期設定では無効) いわゆる「ホワイトリスト方式」で、危険性のあるソフトをブロックするのでかなり高度な安全性が期待できます。
 何でもかんでもブロックするのではなく、メジャーではないフリーソフトも問題なく起動できました。なお、本機能を有効にするとPCの動作が更に若干重くなりました。


ファイアウォール


 ファイアウォールとIPS(不正侵入遮断機能)で、インターネットを通じた外部からの攻撃を防いだり、情報流出を未然に食い止めます。防御性能については最近はテストが行われていませんが、Matousecのテストでは長年にわたり「ダントツの」防御率を叩き出していました。


カスペルスキー
有効
カスペルスキー
無効
73.34Mbps 76.23Mbps

 回線速度については、標準のWindows Firewallと遜色ない水準でした(5回計測の平均値)


脆弱性対策(重要機能)


 2017年版から大幅に強化された機能です。


 脆弱性というのは、OSやソフトにある欠陥のことで、それを足掛かりとしてウイルスに感染したり、外部からの攻撃に晒される恐れがあります。脆弱性を潰すために、様々なソフトで頻繁にアップデートが行われていますが、ほとんどのユーザーがしっかりと対策出来ていない現状があります。


カスペルスキー2017のソフトウェアアップデーター  そこで役に立つのがカスペルスキーの「ソフトウェアアップデーター」です。インストールされているソフトの更新プログラムを検出し、ユーザーに通知します。カスペルスキーの操作画面から簡単に、一括してアップデートが出来るので便利です。約90のソフトに対応しているので、リスクの高い主要なソフトに対応出来ます。


 また、PC内の使われていないソフトを検知し、削除を促す「ソフトウェアクリーナー」という機能も追加されました。ソフトが多くインストールされていればそれだけ脆弱性を抱えるリスクが上昇しますから、余計なソフトはアンインストールした方がいいという、これまでに無かった発想です。
 自動で勝手にスキャンが行われ、不要なソフトが見つかったら通知が表示されます。不要ソフトはカスペルスキーの操作画面から簡単にアンインストール出来ます。


カスペルスキー2017のソフトウェアクリーナー


 PC Maticマカフィーアバスト・プレミアにも同等の機能がありますが、まだまだ脆弱性対策が充分でないセキュリティソフトが多いです。ウイルス対策と並んで重要なセキュリティ対策なので、他のメーカーにも見習ってもらいたいものです。


WiFiの盗聴防止(VPN)


 「セキュアコネクション」という2017年版の新機能です。


 安全性が低いWiFiに接続すると、やり取りしている情報を盗み見られるリスクがあります(参考: 情報が筒抜けになるWiFiのリスク) 本機能を使うことで、そうしたWiFiの盗聴被害を防ぐことが出来ます。WiFiに接続するとまずそのWiFiの安全性を診断し、問題がある場合は自動でVPN」という安全性が高い接続に移行します(手動でも接続可)


カスペルスキー2017のセキュアコネクション  安全性の診断だけなら他のソフトにも類似機能がありましたが、警告を受けて使用を中止する人は少ないでしょう。カスペルスキーは更にその先まで安全を確保してくれるので、素晴らしいと思います。


 なお、本機能は1日200MBまでの容量制限と、接続先(通信の経由地)を選べないという制限が付いています。カスペルスキーの購入代金とは別に、追加で3218円/年支払うと、容量制限が無くなり、接続先も自由に選択出来るようになります。
 なお、本機能はWindows版のみの対応なのでご注意ください。スマホでもVPNを使いたい人は別途、専用のVPNソフトを導入してください。(関連記事: WiFiのセキュリティソフト、VPNの比較


 遠い接続先になると通信速度が大きく低下します。楽天のように画像が多いサイトは少々読み込みに時間が掛かったものの、ネットサーフィン程度なら実用に耐えうる使用感でした。Youtubeの動画もHD画質(1080p)で停止することなく視聴できました。容量さえ問題無ければ、無料のままでも使えそうです。
 5回計測した平均値は以下の通りです。


通常時 セキュアコネクション
(メキシコに接続)
71.55Mbps 1.76Mbps

ウェブサイトの安全対策


カスペルスキーのフィッシング詐欺対策  「フィッシング詐欺サイト」や、アクセスするとウイルスに感染する「危険サイト」をブロックする機能です。もし誤ってこうしたサイトにアクセスしようとした時には、右の画像のような警告画面を一旦表示するので、詐欺やウイルス感染のリスクを減らすことができます。ブロック率はトップクラスの高さです。


 下の画像のように、検索結果の横にそのサイトが安全かどうか表示する機能もあります。安全なサイトは緑色のアイコン、危険なサイトは赤色になります。


カスペルスキーで検索も安全に

ネット決済保護


カスペルスキーのネット決済保護  ネットバンキングを安全に使うための機能です。アクセスしている先が本当に金融機関の「正規のサイト」かどうかチェックすることと、使っているパソコンのOSに重大な脆弱性がないかチェックすることで、安全性を向上させています。フィッシング詐欺対策と情報漏えいの防止に役立ちます。


 使い方は簡単です。初めて使う時は、銀行のログインページにアクセスすると「ネット決済保護」を立ち上げるかどうか聞いてくるので、承諾します。あとはいつも通りIDとパスワードを入力してログインするだけです。2回目以降はログインページにアクセスするだけで、自動的にネット決済保護モードで表示します。


保護者機能


PCの使用時間の制限 設定画面
ネットの利用時間の制限 設定画面
ソフトウェアの使用制限 設定画面
指定したワードの送信を阻止 設定画面
SNS内のメッセージの監視
有害サイトのフィルタリング 設定画面 警告画面


 上記の機能が利用できます。設定できる内容は非常に細かく、保護者機能としては最高レベルの充実ぶりです。
 フィルタリングの精度の方は、この手のソフトとしては充分過ぎるレベルです。主要なアダルト動画サイトは当然ブロックしますし、それ以外のサイトも設定したジャンルに応じてしっかりとブロックしました。少々判定が厳しすぎるかな・・という部分もありますが、これくらいの方が安心でしょう。


カスペルスキー2017のペアレンタルコントロール


 ただ、抜け道もありました。Googleなどの画像検索はフィルタリング対象外なので、ムフフな画像も見放題でした。ウイルスバスターなど他のソフトでも同じことなので、仕方ないのかもしれません。



他のソフトを見てみる


総合セキュリティソフトの比較

掲載数が国内最多 セキュリティソフトの機能や性能を比較できます

カスペルスキー2017と比較したいソフト


 比較対象としてESETPC Maticの2タイトルが最適です。


ESET  ESETはカスペルスキーよりも動作が軽いので、ハイスペックでないPCではESETの方が良いかもしれません。価格の安さもアピールポイントです。セキュリティ性能はトップクラスではあるものの、カスペルスキーには一歩及びません。


PC Matic  PC Maticは、セキュリティ性能でカスペルスキーとほぼ互角。ウイルス検出率が高く、脆弱性対策機能もしっかりしています。動作の軽さでもカスペルスキーより一段上で、低スペックなスティックPCでも使えます。管理画面が見づらく、初心者向きでないという欠点があります。新興勢力なのでソフトの完成度も若干低め。



ユーザーの口コミ評価


総合評価

3.5点
動作の軽さ

3.3点
使いやすさ

3.8点
機能

3.8点

口コミレビュー15件を読む
公開:2016年10月31日 年代:40代 性別:男性 PC習熟度:上級者
総合評価

4点
動作の軽さ

4点
使いやすさ

4点
機能

5点
コメント 動作の軽さ:起動時のみかなり遅い。休止モードを主とした使用のため,起動時の重さは評価比重少な目。
ブラウジング,手動スキャンは充分な軽さ。ただし古めのPCでは厳しいかと思われます。
使いやすさ:インターフェースはesetと一見似ているが,機能ごとにはっきりと設定項目が分類されており,インターフェースとして良い。
機能:必要機能は過不足なし。不安定さも無し。
ソフトウェアアップデータ,ソフトウェアクリーナーが思ったより便利。
 
口コミを投稿する




ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
おもしろ
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較