カスペルスキーセキュアコネクションは削除してもいいのか

勝手に付いてくる「セキュアコネクション」


 カスペルスキーのセキュリティソフトをインストールすると一緒にインストールされる「セキュアコネクション」 削除しても大丈夫なのか、詳しく解説します。






そもそもセキュアコネクションとは?


 そもそも「カスペルスキーセキュアコネクション」とは何なのか、必要なものなのか、分かりやすく解説します。


WiFi通信を安全にするためのソフト


  カスペルスキーセキュアコネクションは、VPNという仕組みを使うことで通信内容を暗号化することでWiFi通信の安全性を高めるソフトです。いわば「WiFiのセキュリティソフト」です。


カスペルスキー2019のセキュアコネクション(VPN)


 カフェやショッピングモール、空港などで利用できる「フリーWiFi」のほとんどは、電波を傍受されると通信内容を簡単に解読することが出来るため、安全ではありません。そうした安全でないフリーWiFiを安全に使うためのソフトです。


 カスペルスキー2017で追加され、以降カスペルスキーに同梱されています。


カスペルスキーと一緒にインストールされる


 セキュアコネクションは、カスペルスキーのセキュリティソフトをインストールすると一緒に(勝手に)インストールされます。


 勝手にインストールされるため、「必要無い」あるいは「必要かどうか分からない」と感じるユーザーが多いようです。


 なお、有料セキュリティソフトである「カスペルスキー」を購入しても、セキュアコネクションは「無料版」扱いとなり、1日300MBという容量制限が付きます。無料体験版のような感じです(課金すると容量無制限になる)


チェックリストで必要かどうか判断しよう


 必要かどうか判断がつかない人もいると思うので、判断基準を紹介します。


 冒頭でも紹介したように、セキュアコネクションはフリーWiFiの安全性を高めるためのソフトです。したがって、フリーWiFiを利用しない人には基本的には必要無いです。


フリーWiFi


 ただし、自宅でしか使わない場合でもセキュアコネクションのようなVPNが「必要なケース」も無いわけではありません。以下の記事を参考に検討してください。


いらない時はどうすればいい?


 セキュアコネクションが不必要な場合はどうすればいいのか、対処方法を紹介します。


アンインストールして問題無し!


 アンインストールしても何の問題もありません。


 カスペルスキー本体(セキュリティソフトの方)と連動して機能するものではないので、セキュアコネクションをアンインストールしてもセキュリティ対策には何の支障も無いです。


 コントロールパネルを開いてアンインストールすれば、きれいに消えて無くなります。


セキュアコネクションはコントロールパネルからアンインストールできる

コントロールパネルからアンインストール

再インストールも出来ます


 後から必要になった場合にも、再インストールは簡単です。


 以下のリンクからセキュアコネクション単体でインストールすることも出来ますし、あるいはカスペルスキー本体を一度アンインストールしてから再インストールし直すと、再びセキュアコネクションも一緒にインストールされます。


カスペルスキー公式ストア(購入・無料体験版)



関連記事



セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較