カスペルスキーセキュアコネクションは自宅でも必要なのか

自宅でもカスペルスキーセキュアコネクションは必要なのか


 カスペルスキーの機能であるセキュアコネクション。自宅でネットを利用する時にも使う必要はあるのか、ケースごとに分かりやすく解説します。



そもそもカスペルスキーセキュアコネクションとは


カスペルスキーセキュアコネクション

カスペルスキーセキュアコネクション

 解説に入る前に、まずはカスペルスキーセキュアコネクションについて簡単に解説します。


 セキュアコネクションはVPNと呼ばれる通信内容を「暗号化」する機能を持つソフトウェアです。カスペルスキーをインストールすると、同時にセキュアコネクションがPCにインストールされます。


 WiFi通信時にWiFiの電波を傍受され、通信内容を「盗み見」されるのを防ぐ効果が期待できます。特にカフェや空港などのフリーWiFiの場合、電波を傍受すればやり取りしている内容を簡単に解析することが可能です。


 カスペルスキーセキュアコネクションのようなVPNを利用することで、電波を傍受されても通信内容を盗み見るのが非常に困難となり、安全性が格段に高まります。


VPNのイメージ

通信内容そのものを暗号化するのがVPN

カスペルスキー公式ストア(購入・無料体験版)

基本的には自宅では必要無い


 では、カスペルスキーセキュアコネクションを自宅で使う必要はあるのかと言われると、基本的にはその必要はありません。


わざわざ課金する必要性は低い


 家庭のWiFiは、接続する際にパスワードを入力します。パスワードを入力する必要のあるWiFiは、WiFiの通信内容が「暗号化」されているため、電波を傍受されてもパスワードが分からなければ通信内容を盗み見られるリスクは非常に低いです。


 パスワードが分かってしまうとフリーWiFiと同様に通信内容を盗み見られてしまいますが、自宅ではそのリスクは低いでしょう。したがって、基本的にはセキュアコネクションを自宅で使う必要性は低いと言えます。


 また、カスペルスキーセキュアコネクションはカスペルスキー(セキュリティソフト)を購入しただけではフル機能で利用出来ず、使用する場合は追加で課金が必要です。VPNを重視してセキュリティソフトを選ぶなら、最初からフル機能・容量制限無しのVPNが付いているノートンの購入をおすすめします。


不必要ならアンイストールを


 セキュアコネクションが「必要無い」のであれば、セキュアコネクションをアンイストールしてください。カスペルスキー本体とは別のソフトとしてインストールされており、セキュアコネクションを単体でアンイストールしても何ら問題は生じません。


必要なケースもある


 「必要無い」と紹介しましたが、自宅でもセキュアコネクションの利用が必要なケースもあります。


家族以外の人にもパスワードを教えている場合


WiFiの盗聴


 WiFiの接続用パスワードを、自宅を訪れた友人などに教えてしまっているケースがあると思います。


 パスワードが分かれば通信内容を盗み見ることが出来るので、誰かパスワードを知っている人がいる場合はセキュアコネクションを利用した方が安全です。


 基本的にWiFiの接続パスワードは家族以外に教えるのは推奨しません。最近は「ゲストネットワーク」という機能があるWiFiルーターもあるので、来客が多いお家ではこうした機能を使うと安全にWiFiを提供できるのでおすすめです。


家族を信用できない場合


 同居家族の間でWiFiのパスワードを共有するのは「当たり前」のことだと思いますが、パスワードが分かれば通信内容を盗み見ることが出来るのは家族でも同じことです。


 WiFiパスワードを共有している家族を信用できない、あるいは家族に絶対に見られたくない内容を通信している場合は、カスペルスキーセキュアコネクションを含めVPNを使った方が安全です。


カスペルスキー公式ストア(購入・無料体験版)



関連記事



セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較