みずほ銀行のデビットカードの特徴

みずほ銀行のデビットカードの特徴


  みずほ銀行が発行するデビットカードは2種類。以前は、デビット機能がついたキャッシュカードしかありませんでしたが、JCBと提携した「みずほJCBデビット」が登場しました。


メガバンクの一角をなすみずほ銀行


 使い勝手やメリットの面でいまひとつといった印象のあったみずほ銀行のデビットカードですが、海外でも使えてキャッシュバックほかさまざまな特典がある「みずほJCBデビット」の登場で、ぐっと便利になりました。


みずほ銀行のデビットカードのメリット


 国内で使えるデビット機能付きキャッシュカードと、国内外のショッピングやお食事の支払いに使える、みずほJCBデビット。


 2種類のみずほ銀行のデビットカードについて、それぞれのメリットをご紹介します。


手軽に使えるデビット機能つきキャッシュカード


  みずほ銀行の個人総合口座のキャッシュカードにはデビット機能が付いているので、特別な手続きなしで、国内のJ-Debit加盟店での支払いにいつでも便利に利用できます。


 入会金・年会費無料なので、すぐに使わなくてもそのまま持っていて大丈夫。デビットとしては使わないという場合は、デビット機能だけを外すこともできます。


海外旅行にも安心・便利


海外旅行保険が付くみずほ銀行のデビットカード


  世界のブランドJCBとの提携で、世界中の加盟店でショッピングやお食事に、みずほ銀行のデビットを使えるようになりました。さらに、国内外での旅行保険、海外でのショッピング保険が付いているので、海外旅行の際にもとても便利です。


みずほJCBデビットのお得な特典とは?


  みずほJCBデビットを利用すると、毎月、利用額の0.2%をキャッシュバック!さらに、一般的なデビットカードには通常年会費がかかりますが、みずほJCBデビットは、年に1回利用するだけで年会費無料になります。


 みずほマイレージクラブを利用している方なら、ほかにもさまざまな特典を利用することができます。


信頼のブランドとトラブル時のサポートが強み


 日本を代表するメガバンクのひとつである、みずほ銀行が発行するデビットカードだから、なんといっても信頼のブランド力が大きな強みです。トラブル時のサポート体制がしっかりしている点も高評価のポイントです。


みずほ銀行のデビットカードのデメリット


 続いて、みずほ銀行のデビットカードのデメリットを解説します。


デビット機能つきキャッシュカードは特典がない


J-Debitでは特典が無い


  年会費無料で使えるデビット機能つきキャッシュカードには、残念ながらポイントやキャッシュバックなどの特典はありません。


 また、J-Debitの加盟店が国内にしかなく、利用できる店舗が限られているというデメリットがあります。


ポイント還元率の低さ


  みずほJCBデビットにはキャッシュバック特典がありますが、利用代金に応じたポイントサービスはありません。0.2%のキャッシュバックだけなので、還元率1.0%の楽天銀行JCBデビットカードなどと比べると、残念ながら、還元率はかなり低いといえます。


使わなければ年会費がかかる


使わなければ年会費が掛かる


  みずほJCBデビットは、使わずに持っていると年会費がかかります。23歳までは使わなくても年会費がかかりませんが、24歳からは毎年年会費が必要になるので注意が必要です。


申込方法・申込資格


  みずほJCBデビットは、みずほ銀行に個人口座を持っている、日本国内在住で15歳以上の方が利用できます。ただし、中学生は対象外となっているので、利用できるのは高校生から。申込み時に、クレジットカードのような審査はありません。23歳以下の場合は年会費無料という特典があります。


 デビット機能付きキャッシュカードは、みずほ銀行に個人口座を持っている人であれば、誰でも利用可能。みずほ銀行の個人口座は、年齢に関係なく作ることができます。




関連リンク

デビットカードの比較

VISAとJCBをまとめて比較できます

VISAデビットカードの比較

VISAデビットを比べるならこちらへ

JCBデビットの比較

地方銀行が発行しているカードも紹介しています

デビットカードのメリット

クレジットカードには無いメリットが盛りだくさん!