Avira Internet Securityの評価レビュー

Avira Internet Securityの管理画面

無料ソフトとして有名なAvira

 「無料ウイルス対策ソフト」として有名なAviraの有料版です。無料版はこの有料版を購入してもらうための「撒き餌」です。

 セキュリティ性能は他のセキュリティソフトと比べても決して低くはありませんが、日本人が使うソフトとして「不適」と言える部分があります。

 4日間使ってみた感想も交えながら、詳しくレビューします。

軽さ ウイルス対策 通信保護 脆弱性対策 WEB保護 ネット銀行保護 PC盗難対策 ID/パス管理 保護者機能

7点
99.94%
他のソフトと比べる → セキュリティソフトの比較

公式サイト(購入・無料体験版)


Avira Internet Securityの評価(総評)


セキュリティ性能


セキュリティ性能(安全性)は?  セキュリティ性能はトータルで見て平均以上です。ウイルス検出率テストでは安定して上位と言える結果を残していますし、アンチウイルス以外の機能についても他の有料セキュリティソフトと遜色ない内容です。


Avira Internet Securityのアンチウイルス画面


動作の軽さ


評価方法
起動時間 WEBサイト
5ページ同時読込
アプリ起動
(Excel)
Avira 40.18秒 9.98秒 0.729秒
ソフト無し 29.94秒 8.32秒 0.660秒
増減
34.2% 19.9% 10.5%

動作の軽さは?  


 サクサク動くわけではないものの、ストレスに感じるほど重くはないと感じました。PCのスペックを問わず使えます。


 PCの起動時間については、計測値にも現れているように遅くなった印象はありました。それ以外の部分では特に不満に感じた場面はありません(core-i5 6600でテスト)


購入・価格一覧

1台/1月  569円
1台/1年 5169円
3台/1年 6318円
5台/1年 7465円
公式サイトで購入する

 無料体験版は無いようなので、購入する場合は最初は1ヶ月版を購入することをおすすめします(自動で契約が更新され続けるので要注意!) 数日使った後、1年版に切り替えることも出来ます。


 セキュリティソフトとしてはやや割高です。日本語のテクニカルサポートが無い点もふまえると、おすすめはできません。


以下、各機能の詳細な解説が続きます

各機能の詳細・評価


ウイルス・スパイウェア対策


AV-TEST
2018/3-4月
AV-Comparatives
Real-World Reference Real-World
2018/3
Malware Protect
2018/3
100% 99.75% 100% 99.99%
他のソフトと比べる → ウイルス検出率ランキング

 ウイルス検出率のテストでは、有料セキュリティソフトの中でもトップレベルの成績となることが多いです。過去数年のデータを遡っても、平均を下回ることは稀なので安定して高い検出性能であると評価できます。


Avira Internet Securityのウイルススキャン画面


 今回は有料版を購入してテストしたのですが、ライセンスが有効になっている(はず)なのにアンチウイルスの操作画面には「Avira Free Antivirus」と表示されていたので、釈然としない思いがありました。


 また、Aviraの操作画面は私がこのサイトを始めた10年前からほとんどデザインが変わっておらず、古臭い感じです。


Software Updater(脆弱性対策)


 PCにインストールされているソフトの更新漏れや、Windowsアップデートの適用漏れを一括でスキャンし、ワンクリックで一括更新できる機能です。


 対応しているアプリの数は120個ということで、同様の機能が充実しているカスペルスキーマカフィーと比べても遜色無いです。


Avira Internet SecurityのSoftware Updater(脆弱性対策)

「Update」をクリックするだけで更新できる

 昨今は脆弱性を悪用した攻撃が増えており、アップデート漏れを放置することで重大なセキュリティリスクとなります。こうした機能があるセキュリティソフトはまだ多くないので、高く評価したいです。


 なお、本機能はAviraのメインコンソールから別途ソフトをインストール(ワンクリックで出来る)する形で使えます。無料のAviraでも「スキャン」は出来ますが、アップデートまで出来るのは「Internet Security Suite」以上のエディションとなるので注意してください。


 なお、残念ながら当機能は日本語対応していません。英語が苦手でもなんとか操作は出来るとは思いますが・・


WEB脅威対策


 ブラウザにアドオンを追加することで利用できる機能です。やはりAviraのメインコンソールから専用ソフトをインストール形で利用できます(ワンクリックで完了)


 アクセスしているサイトの安全性を診断する他、広告配信などを目的としたトラッキング(追跡)をブロックします。


Avira Internet SecurityのSafe Web


 また、上のキャプチャ画像のようにYahoo!JapanやGoogleといった検索エンジンの検索一覧上(タイトルの左)に、そのサイトの安全性の診断結果を表示する機能もあります。


 本機能を利用することで、やや動作感が悪化したように感じました。また、一部のサイト(上場企業公式サイト含む)でサイトを正常に読み込めなくなるトラブルがありました。CSSの読込みを妨害しているようでした。


 アンチウイルスの方でもWeb経由の脅威は検知しますし、最近は検索エンジンやブラウザでも危険サイトを弾けるので、無理に使う必要は無いかなと思います。


Avira Internet SecurityのWEB脅威対策のアラート画面

危険サイトを検知した画面

Home Guard


 現在接続しているネットワークに接続している機器を一覧で表示する機能です。自宅のWiFiネットワークに、勝手に接続している不届き者がいないか探し出すのに役立つでしょう。


Avira Free Antivirus2018のHome Guard


 ただし、接続している端末の名前が表示されるわけではないので、一覧で見せられても何が接続しているのか判断できません。Macアドレス(機器特有の番号)から辿ることは出来ますが、一台一台のMacアドレスなんて把握してないですよね?


サポート


 2016年4月末に日本の代理店が撤退したため、現在は日本語によるテクニカルサポートは行っていないようです。有料セキュリティソフトとしては非常に残念です。英語が堪能な方以外は他のソフトを選んだほうが賢明です。


その他 上位版の機能


 最上位版であるAvira Primeでは、以下の機能が利用できます。


  • VPN(WiFi通信の暗号化)
  • PCの最適化(System Speedup)

 いずれの機能もAvira Internet Securityや無料版のAviraでもインストールすることは可能ですが、機能に制限がある「お試し版」となっています(PC最適化は問題点の発見のみ、対処は不可)


Avira Internet SecurityのSystem Speedup

問題点を見つけても対処できない

 インストールしても時間の無駄なので、インストールする必要はありません。


公式サイト(購入・無料体験版)

他のソフトを見てみる


Avira Internet Securityと比較したいソフト


アバスト プレミア
アバスト プレミア

 Aviraと同じく、無料版を配布して有料版の購入につなげる戦略を取っています。世界シェア1位のセキュリティソフトです。

 Aviraと同様にセキュリティ性能が高い点でも性格が似ていると思います。なお、アバストは日本語によるテクニカルサポートがあります(2018年春に開始)

軽さ / 検出率
/ %
価格
1台/1年  5980円
1台/3年 16780円
3台/1年  8480円
3台/3年 23680円
評価レビュー 公式サイト(購入・無料体験版)

ユーザーの口コミ評価


総合評価

1点
動作の軽さ

2点
使いやすさ

1点
機能

1点

公開:2018年2月7日 年代:40代 性別:男性 PC習熟度:中級者
総合評価

1点
動作の軽さ

2点
使いやすさ

1点
機能

1点
コメント 銀行取引などパソコンが守られるってんで無料のから二年のを購入したけど…スキャンとかしたら、これだけでは守られないので更にお金を払って下さい!だってさ!
金儲け主義見え見え。てか、こいつら詐欺集団ちゃう?
訴えれそう。
 
口コミを投稿する




ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較