おすすめのAIスピーカー・スマートスピーカー

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートスピーカー、どれがいい?


 続々と新商品が登場するスマートスピーカー(AIスピーカー) 機種によってスマホで言うところの「OS」が全く違うので、出来ることが異なります。


 そうした機能の違いや、本体のスペックの違いをふまえて「おすすめ」の機種を紹介します。



機種ごとの特徴


 既に国内で発売済みの機種を、実際に使った感想をふまえてその特徴を紹介します。


Google Home


 Google Homeのいいところは、なんといっても質問への回答が的確である点です。


Google Home


 簡単な調べ物や計算などに使えるので、スマホを開いて何か調べるという動作を減らすことが出来ます。賢い秘書のような存在です。音声認識の精度もとても高いこともGoodです。


 悪いところを挙げるとすると、スピーカーの音質が悪いところです。
 スカスカしたような音質なので、音楽を聴く気になれないです。また、音量調節にもやや難があり、最小音量にしても音が大きいのでストレスを感じます。


 以上の点をふまえると、Google Homeでなく廉価版のGoogle Home miniを買って、スマホでの簡単な調べ物を代用する、といった使い方がおすすめです(両者の違いは主にスピーカー) miniの音質は更に悪いようですが、音楽を聴かなければ問題ないでしょう。



LINE Clova WAVE


LINE Clova WAVE


 Clova WAVEのいいところは、スピーカーの音質が「悪くない」点です。高音質とは言えないものの、音楽を聴くのに耐えうる水準を満たしているので、私はClova WAVEで一日中音楽を流しています。
 また、家電の操作を赤外線で行えるので、ネット非対応の家電でも操作できます。ネット経由で操作するGoogle Homeよりも汎用性が高いです。私は2009年製のテレビの電源をオンオフする時に使っています。リモコンを取りに行かなくてもいいので便利です。


 悪いところは言うと、音声認識がGoogle Homeと比べて明らかに劣っている点と、質問への回答がスマホでの簡単な調べ物を代用できる程の水準を満たしていない点です。この辺りはGoogle Homeより明らかに劣ります。


 音楽を聴く、BGMを垂れ流しにするという使い方におすすめです。



管理人のおすすめは?


 Google HomeとLINE Clova WAVEを1ヶ月以上「併用」している私のおすすめを紹介します。


ソニー LF-S50Gに期待


 12月発売予定のソニー LF-S50Gに大いに期待しています。


ソニー LF-S50G


 LF-S50GはGoogle Homeと同じ「Googleアシスタント」を採用したスマートスピーカーです。なので質問への回答内容なども含めて、基本的な機能はGoogle Homeと一緒です。


 Google Homeとの違いは本体のスペックで、私が特に注目したいのは「スピーカーの音質」の部分です。
 ソニーはウォークマンに代表されるように音響機器の開発も手がけていますが、そのソニーが「スピーカーにも力を入れている」と主張しています。「音質の良いGoogle Home」として登場すると期待しています。


 私もそうですし普及が進む米国のユーザーもそうですが、スマートスピーカーは音楽を聴くのが主な用途になることが多い商品です。簡単な調べ物を代用出来る点はGoogle Homeでも充分便利ですが、音楽を聴くのにも「ちゃんと使える」LF-S50Gは、スマートスピーカーのメリットをより多く享受できる商品と言えそうです。


 家電の音声操作の汎用性が低い(Clova WAVEのような赤外線操作には非対応)点では残念ですが、調べ物をする・音楽を聴くという二つのメイン機能がしっかりしている点では現時点で最強のスマートスピーカーと言えます。



関連記事



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ マカフィーのお得なクーポン(当サイト限定)
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較