JCBデビットカードを作る時に審査はあるの?

JCBデビットカードの審査は?


 一般的なクレジットカードを作る場合は、それぞれのカード会社独自の「審査」が行われます。カード会社は利用者が加盟店に支払うショッピング代金やキャッシングなどのお金を一時的に立て替えることになりますから、誰にでもカードを発行するわけにはいきません。ですから、過去のクレジットカード履歴や現在の年収・借入状況などを総合的に判断してカードを発行するかどうか決めるわけです。


 それでは、デビットカードを作る時もこういった審査は行われるのでしょうか。



JCBデビットカードは審査不要!


 結論から言うと、デビットカードを作るのに審査はありません。


 デビットカードは、レジで支払いをした瞬間に自分の口座から代金が引き落とされる「即時決済取引用」のカードです。つまり買い物をするたびに本人の口座から残高が減り、残高が足りなければ買い物ができないだけです。このシステムではどう転んでもカード会社が損をすることはないでしょう。


 というわけで、デビットカードを作る時にはクレジットカードのような審査は行われません。


本当に誰でも作れる?


 審査がないデビットカードなら、一般のクレジットカードを作るのが難しいスペックの人(無職・ブラックリスト・未成年)でも作ることができます。


 ただし決済用に利用する銀行口座は必要ですので、楽天デビッドの場合は楽天銀行、OKBデビットの場合は大垣共立銀行、とそれぞれのカードを発行している銀行の口座を用意しておく必要があります。


 また、未成年でも作れるカードとはいえ発行条件は「15歳以上(中学生はのぞく)」と定めている銀行が多いようです。これらのことを考えると、デビットカードは「口座を保有している高校生以上なら誰でも作れるカード」ということになりそうですね。


 なお、同じ銀行で複数口座を開設しようとした場合や、単純な書類不備などの理由でデビットカード発行を断られるケースもまれに存在します。




関連記事


JCBデビットカードの比較

年会費やポイント還元率、付帯保険などを一覧で比較

JCBデビットカードの作り方

作り方や手順をわかりやすく説明します

JCBデビットカードは海外でも使えるの?

海外で使う際の注意点もまとめました