デビットカードの使い過ぎ防止策を伝授します

デビットカードをついつい使い過ぎてしまう・・


 口座の残高以上の金額を使うことが出来ないデビットカード。クレジットカードと違って「借金」を背負うことは無いものの、貯金が無くなってしまう可能性はゼロではありません。そんなデビットカードの無駄遣いを防ぐ方法を伝授します!





借金を背負うことは無いという安心感


デビットカードは借金を背負うリスクが無い


 冒頭でも触れましたが、デビットカードは「口座の残高」以上の金額を使うことが出来ません。自分が持っている以上の金額を超えて買い物が出来るクレジットカードよりも、その点では安心できます。


 クレジットカードでは最悪、借金を背負ってしまう危険もありますが、デビットカードは貯金が「ゼロ」になったらその時点で終わりです。ついつい無駄遣いをしてしまう人は、クレジットカードを使うのをやめてデビットカードを使った方が「危険」は小さくできますよ。


使いすぎを防ぐ方法


 そんなデビットカードですが、ついつい使い過ぎてしまうのを防ぐにはどうすればいいのか。節約好きの私が必勝法を伝授します!


限度額を低く設定しておく


 多くのデビットカードは、自分で「限度額」を自由に設定することが出来ます。1ヶ月、もしくは1日あたりの使える金額に上限を設定できます。


楽天銀行の限度額設定画面

楽天銀行の限度額設定画面

 ネット銀行の場合は、ネットで簡単に手続きが出来ます。買い物をする時に限度額を上げることも簡単ですが、暗証番号を入力するなどの「手間」が掛かります。無駄遣いを思いとどまる最後の砦になるでしょう。


定期預金を利用する


 デビットカードは普通預金から代金が引き落とされます。定期預金に入っているお金からは引き落とせません。


 なのでお金がある程度貯まったら、その都度お金を定期預金に移すと無駄遣いしにくくなります。しかも、普通預金よりも利息が大きいのでお得です。


 また、GMOあおぞらネット銀行には「つかいわけ口座」という機能があります。
 一つの口座を擬似的に複数に分けて管理できる機能で、この機能を活用することで計画的に貯金を増やしていくことが可能です。


GMOあおぞらネット銀行の「つかいわけ口座」

GMOあおぞらネット銀行の「つかいわけ口座」


口座の残高を毎日確認する


 現金と比べると「お金を使っている」実感が薄いと言われるのがカード払いや電子マネー払いです。お金を使っている実感を持つことで、無駄遣いを防ぐ効果が期待できます。


 デビットカードを使うとその都度、メールで通知が届くのでそれを確認するのも大事ですし、口座の残高をチェックすることで数字として「残高が減っている」ことを確認するのも有効です。


デビットカードの利用明細

デビットカードの利用明細

カードを使いにくくする


 お店やネット通販で便利に使えるデビットカードですが、その便利さが無駄遣いを招いているという側面も否定できません。


 私は家に居るとき、ネット通販で無駄遣いしないためにカードは財布の中にしまいっぱなしにしています。ネット通販で買い物をする時はその都度、財布を取りに行ってカード番号などを入力して買い物をしています。


 カード番号などを入力するのは意外と面倒なので、その分無駄遣いを減らすことが出来ています。


 また、そもそも物欲自体を減らすために、通販サイトを見ない、お店に行かないというのも節約には有効です。欲しい物を見つけると我慢するのは大変ですよね。




関連記事