iPhone/iPadのウイルススキャン・感染をチェックするには?

iOSのウイルススキャン


 iPhone iPadもウイルスに感染するの?ではiPhoneやiPadの「ウイルス感染リスク」を説明しました。では、ウイルスに感染していないかチェックする方法はあるのでしょうか。このページではiPhone/iPadがウイルスに感染していないかチェックする方法について説明します。


「ウイルスを検出しました!」の偽警告にご注意!

警告画面が表示された人はこちらの記事へ

ウイルススキャンの方法は


 iOSをウイルススキャンする方法はありません。


iPhoneをウイルススキャンすることは出来ない

 iOSのシステムはAppleがブラックボックス化しているため、セキュリティソフトを作っているメーカーに開放されていません。そのため、iPhoneやiPadのウイルスを検知するウイルス対策ソフトは存在していないのです。


 そう言われると不安になるかもしれませんが、iOSはウイルスにとっても不自由な構造になっており、今のところウイルス感染のリスクはとても低いです。セキュリティアプリが無くても心配する必要はありません。


「セキュリティアプリ」はありますが・・


 もし「ウイルス対策アプリ」があったらそれは詐欺アプリなので、注意しましょう!
 また、当サイトで紹介しているiOS用のウイルスバスターなどはセキュリティ向上に役立ちますが、「ウイルス」を検知することはできません。


 「ウイルスを検出しました」などと警告画面が表示されてお困りの方は「ウイルスに感染しました」という警告への対処方法をご覧ください。こうした画面は「偽警告」で、ウイルス感染とは無関係に表示されるものです。


今すぐやるべきことは・・


 「ウイルススキャン」は出来ませんが、簡単に出来るチェック方法はあります。


 今すぐ、お使いのiPhone/iPadにインストールされているアプリの一覧を確認してください。もし万が一、自分でインストールした覚えのないアプリがあったら、怪しいです。アンインストールすることをおすすめします。ついでに、全く使っていない・今後も使う見込みがないアプリも全部アンインストールしましょう。


 これは極めて簡易的な「確認」なので、完璧ではありません。ウイルスアプリが正規のアプリに「化けて」いる場合もあります。でも、やらないよりはマシです。


大事なことは、「ウイルスに感染させないこと」

 iOSのウイルス対策で何よりも大事なことは、ウイルスに触れさせないことです。iPhone iPadのウイルス対策の記事で詳しい方法を紹介しているので、こちらを参考にして日頃から気をつけてください。


次ページ→ iPhone iPadのウイルス対策

iPhone iPadのウイルス対策

iOSをウイルスに感染させないために、今すぐやるべき5ステップを紹介。


関連記事





ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較