JCBデビットカードの作り方

JCBデビットカードの作り方 


 JCBデビットカードを作るためには、まず決済用の銀行口座を開設する必要があります。口座さえ開設してしまえばデビットカード発行はもう目前なのですが、実はこれが意外と簡単ではありません。まずは、現在JCBデビットカードを発行している主な銀行の口座開設方法を見ていきましょう。


 ●OKBデビット(大垣共立銀行)→愛知・岐阜・東京・大阪などの店頭のみ
 ●北洋JCBデビット(北洋銀行)→北海道内店頭のみ(本人確認書類の原本があればメールオーダー可能)
 ●ちばぎんスーパーカードデビット(千葉銀行)→ネットで口座開設可能(ただし関東5県在住の人のみ)


 運良く該当地域内に住んでいる方以外は、口座を開設するだけでもなかなか面倒だということがお分かりいただけたでしょうか。そこで、このページでは全国どこからでも口座開設が可能な楽天銀行を例にデビットカードの作り方を説明していきます。



楽天銀行口座を開設しよう!


 1.口座開設ページへ進む


 2.住所、氏名等必要事項を入力


 3.「キャッシュカードの選択」で楽天銀行カードデビットJCBを選択 
  VISAブランドも選べますが、おすすめは年会費無料のJCBです。


 4.申し込みの際に選択した方法で本人確認書類を提出 
  書類郵送の場合は確認までに1週間かかりますので、即日完了のアプリ利用がおすすめです。


 5.カード受け取り
  本人確認をアプリで行った場合は4日、郵送の場合は10日ほどでカードが送付されます。



 すでに楽天銀行口座を持っている方でも、楽天銀行にログインして『デビットカードJCB』を追加で申し込むことが可能です。また申し込み時には国内ATM入出金時の「暗証番号」と、デビット機能や海外ATM利用時の「デビット用暗証番号」を設定することになりますので、それぞれの暗証番号をしっかり覚えておきましょう。



関連記事

JCBデビットカードの比較

年会費やポイント還元率、付帯保険などを一覧で比較

JCBデビットカードを作る時に審査はあるの?

審査について詳しく解説します

JCBデビットカードは海外でも使えるの?

海外で使う際の注意点もまとめました