未成年・高校生でも作れるクレジットカードを作れます

未成年でもクレジットカードは作れます



 未成年の人でもクレジットカードを作ることが出来ます。


 でも、年齢によって作れるカードが違うので、詳しく説明していきます。



高校生が作れるカード


高校生はクレジットカードを作れない  高校生は一般のクレジットカードを作ることが一切出来ません。
 どのカード会社でも、「18歳以上(高校生を除く)」というのを入会の条件としているからです。


 しかし!
 クレジットカードはダメでも、クレジットカードと「ほぼ」同じように使えるデビットカードであれば、高校生でも持つことが可能です。


 私も高1からずっと楽天銀行デビットカードを使っています!


デビットカードって何?


未成年・高校生でも作れるのはデビットカード  見た目も使い方もクレジットと全く同じ。


 最大の違いは、カードを使ってお金を払った後に、自分の口座からお金が引き落とされるタイミングです。クレジットカードでは、基本的に月1回まとめてお金が引き落とされますが、デビットカードは使うたびに引き落とされます。


 デビットカードの詳しい解説や、カードの比較は以下の記事へ。無料で作れて、支払いの度にポイントがもらえるカードも多いです。


デビットカードの比較

高校生でも作れるカードを比較します

「デビットカード」ってどんなカード?

詳しく・わかりやすく説明します

18歳以上で高校生でない場合


 18歳以上で、高校に在学していない場合は
 通常のクレジットカードを申し込めます。


 ゴールドカードなどステイタス性の高いカードは「25歳以上」という条件が付いている場合もありますが、一般的なカードならまず問題なく申込み可能です。


大学生のためのクレジットカード

大学生におすすめのカードや、申し込む時の注意点など

お得なカード比較

どのカードが一番おトクなのか一目瞭然

未成年者が申し込む時の注意点


 未成年の人がカードを申し込む場合、
 必ず保護者の同意が必要です。


未成年のカード申込みには保護者の同意は必要  申し込む時に「同意書」の提出や、保護者の人の身分証明書のコピーなどが必要になるので、予め相談して準備しておくことをおすすめします。


 また、未成年の人がカードを作る場合、保護者の信用を元に審査が行われるので、保護者の人の年収や職業などを申告する必要があります。デビットカードなら、親の年収や職業を申告する必要はありません(同意は必要)


中学生でも作れるクレジットカード


中学生はクレジットカードを作れない  残念ながら、中学生はクレジットカードを作ることが出来ません。


 クレジットと同じように使えるデビットカードも、作れるのは高校生からです。


 でも、諦めるには早いです。
 中学生でも作れる「カード」はあります。


プリペイドカードなら中学生でもOK


 suicaやICOCAのように、使う前にカードにお金をチャージして使う「プリペイドカード」なら中学生でも使うことができます。


 プリペイドと言っても、使い方は通常のクレジットカードと同じです。カードが使えるお店で支払いに使えるし、ネット通販でも使えます。また、ポイントも貯まるのでお得です。クレジット違うのは、使う前にチャージする必要があるか、だけです。


 詳しい解説は、次の記事を読んでください。


プリペイドカードの比較&おすすめ

中学生でも作れるカードを分かりやすく紹介します!



カードがあると便利なこと


 今までできなかったことができるようになり、今までしていたことにも変化が起きます(`・ω・´)


ネットショッピングが快適に!

クレジットカードでネット通販が便利  まず、ネットショッピングで便利になります。


 amazonや楽天など、ネットで買い物をしようとして、支払い方法に困ったことのある高校生も多いのではないでしょうか? クレジットカードがあれば、ネットショッピングの支払いで困ることは無くなります。


 支払はその場ですぐに完了しますし、振込手数料や代引き手数料を取られることもありません。早くてお得です。


ポイントが貯まっておトク!

カード払いはポイントでお得  カードを使って支払いをすると、支払った金額の0.2%〜1.5%くらいのポイントがもらえます。つまり、どこで使ってもカード払いにするだけでお得になるんです。


 いつも使ってるコンビニやファミレスなど、現金払いをやめてカード払いにするだけで節約になります!


普段の買い物が便利!

 バイトをしている人は、バイト代どうやってもらっていますか?? ほとんどの人が銀行口座に振り込んでもらっているのではないでしょうか。頑張って稼いだお金を口座から引き出すだけで手数料で100円、200円と取られていませんか・・?(´・ω・)


 もったいないですよね。カードがあれば、現金を下ろす頻度が減るので、手数料も節約できるしATMに行く手間も省けます!


 あと、サッとカードで支払うのはかっこよくないですか?! ファミレスでも使えたりするので、友達の前で使ったりしたら気分いいかもしれないですね。何人かで食事をして、他の人からお金を集めてカードでまとめて支払いをすれば、ほかの人の分もカードのポイントが貯まっちゃったり・・


海外でも使える しかも便利・お得!

 高校生や大学生でも海外留学をしたり、修学旅行で海外に行く人もいると思います。


 クレジットカード(特にVISAやMaster)は世界中で使えるので、両替して持っていくお金を減らすことができます。大金を持ち歩くのは怖いですし、両替には手数料(これが地味に大きい・・)がかかります。海外に行く時にもクレジットカードは便利です!


 不正利用が怖い・・と感じる人も多いと思いますが、カードの不正利用は重大な過失(カードにパスワードを書いていた、とか)が無ければ、後で補償してもらえます。現金よりもダンゼン安全です。


 私も修学旅行でカナダに行った時に、楽天銀行デビットカードを使ってみました! 


海外でデビットカードを使った際の明細

 これがそのときの明細です。「CAD」と書いてあるのがカナダドルです。両替してCADを用意するよりも、VISAデビットカードで支払いをする方がレートが良かったです(手数料が安いので) もちろん、引き落としは自分の銀行口座から、日本円で行われます!


 留学は長期になればなるほど、お金の準備が大変ですよね。現地の便利な支払い方法としてかなりおすすめです!!!


 海外での利用については、以下の記事も参考にしてください。


海外留学・旅行におすすめのクレジットカード

海外限定で使える、中学生から持てる便利なクレジットカードとは?

関連記事


デビットカードの比較

高校生でも作れるカードを比較します

大学生のためのクレジットカード

大学生はこちらへ おすすめのカードや、申し込みの注意点を教えます

「デビットカード」ってどんなカード?

高校生でも作れるカードはこれ 詳しく・わかりやすく説明します

銀行口座の作り方

高校生・大学生におすすめの銀行を紹介します。