セキュリティソフトの選び方 選ぶ基準は?

どうやって選ぶの?

セキュリティソフトを選ぶのは難しい

 当サイトで紹介しているだけでも20種類あるWindowsのセキュリティソフト。お店でパッケージを手にとってみると、「ウイルス検出率ナンバーワン」や「動作の軽さ1位」などと似たような宣伝文句が並んでいて、訳が分からなくなります。


 何を基準に選んだらよいのか、セキュリティソフトのレビューを書き続けて9年になる管理人がポイントを解説します。


重要な「3つの基準」とは


 セキュリティソフトを選ぶ上で重要な点が3つあります。順に見ていきましょう。


セキュリティ性能


 セキュリティソフトの基本です。これが低かったら意味がありません。


 性能を見極める基準としては、調査機関による性能試験の結果を見比べるのがおすすめです。いくつかの中立な調査機関が存在するので、こちらが発表している試験結果を参考にしてください。試験によって結果が異なる場合もあるので、必ず複数の結果を見比べることが重要です。


 様々な調査がありますが、一先ずウイルス検出率は必ず抑えておきましょう。


動作の軽さ


セキュリティソフトのせいで、
1年で9時間がムダに?!

動作が軽いセキュリティソフトを選ぼう

 PCの動作を遅くするソフトも多いです。
 例えば、WEBサイトの読み込み時間が0.5秒長くなったとしましょう。1日で60ページを見た場合、30秒の余計な時間を費やすことになります。毎日繰り返すと1年で3時間がムダになります。


 また、起動にかかる時間も長くなります。私が経験した例だと、62秒で起動していたPCに「あるソフト」をインストールしたところ、平均121秒かかるようになりました。1日1回の起動で、年間で6時間もの差になります。


 最近は動作が軽いソフトも増えてきたので、わざわざ重いソフトを選ぶ必要はありません。


操作性

操作性も大事

 ソフトによっては、操作画面が難解で使いづらいものもあります。上級者の人はどのソフトを選んでも問題ありませんが、初心者や中級者の人はその辺りも気をつけて選んでください。


絶対に後悔したくない人へのアドバイス


 セキュリティソフト選びで絶対に失敗したくない!という人に、大事なアドバイスがあります。


セキュリティソフトを買う前に無料体験版を試そう  セキュリティソフトはPCとの相性によって、動作感が変わることがあります。例えば、世間では軽いと評価されているのに、自分のPCにインストールしたら重くなってしまうとか、インストール後にWordを開く度にエラーが出るようになるなどの不具合が出ることがあります。


 こればかりは、どんな症状が出るのか事前に分からないので、購入前に無料体験版を試すことを強くおすすめします。幸い、ほとんどのソフトに無料体験版があるので、これを最低でも3〜4日試してください(数日で動作が安定するため) 一度購入すれば最低でも1年使い続けるわけですから、この手間は惜しまないでほしいと思います。


ソフトを選んでみよう


 以上のポイントを踏まえて、セキュリティソフトを選んでみてください。  



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較