Webroot SecureAnywhereの評価レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Webroot SecureAnywhereの管理画面

軽さ番長

 アメリカのコロラド州に本拠地を置く、ウェブルート社のセキュリティソフトです。日本での知名度は高くありませんが、ゲーマーを中心に根強い支持があります。

 その理由は、「唯一のフルクラウド」から来る動作の軽さ。インストールしても動作の悪化は皆無で、使うPCのスペックを問わず快適に使えるでしょう。

 しかし、肝心のセキュリティ性能はというと・・ 性能の評価も含めて、5日間テストした結果を交えながら詳しく解説していきます。

軽さ ウイルス対策 通信保護 脆弱性対策 WEB保護 ネット銀行保護 PC盗難対策 ID/パス管理 保護者機能

9点
no data -
IPS
他のソフトと比べる → セキュリティソフトの比較

公式ストア(購入)


Webroot SecureAnywhereの評価(総評)


セキュリティ性能


セキュリティ性能(安全性)は?  総合的な評価としては平均以下のセキュリティ性能です。


 ウイルス検出性能については後半で詳しく解説しますが、明らかに他社より低いと言えるテスト結果を残しています。また、それ以外の機能についてもメジャーなセキュリティソフトと比べて機能自体が少ないため、セキュリティ性能は低いと言えます。


Webroot SecureAnywhereのウイルススキャン画面

ウイルススキャン中の画面

動作の軽さ


評価方法
起動時間 WEBサイト
5ページ同時読込
アプリ起動
(Excel)
Webroot 33.11秒 6.49秒 0.707秒
ソフト無し 30.88秒 6.39秒 0.611秒
増減
7.2% 1.6% 15.7%

動作の軽さは?  


 動作の軽さはトップクラスという評価です。
 特にブラウザ(今回はFirefox)の動作は体感、計測数値ともにセキュリティソフト無しの状態との違いは無く、快適に使うことが出来ました。webrootのアドオン無しでテストしていますが、アリでも動作の悪化はわずかでした。


 気になった点としては、ややソフトの起動に時間が掛かった点です。計測値にも現れていますが、PCの起動時間やブラウザの動作と比べるとやや悪いです。とはいえ、平均的なセキュリティソフトと比べると十分優秀と言える水準ですが。


Webroot SecureAnywhereのメモリー消費量は少ない

メモリー使用量も少ない

購入・価格一覧

1台/1年 3937円
1台/3年 8820円
3台/1年 6840円
3台/3年 16893円
公式サイトで購入する
無料体験版をダウンロード

各パッケージの違い


アンチウイルス Windows・Macのみ
インターネット
セキュリティプラス
スマホでも利用可
インターネット
セキュリティ
コンプリート
スマホでも利用可
25GBのオンラインストレージ
アンチウイルス
for ゲーマー
アンチウイルスの機能に
不要ファイル削除や
レジストリ修復機能を追加

 機能は「forゲーマー」と「コンプリート」が多少異なるだけで、あとはほぼ一緒です。


 PCでのみ使うのであれば、「アンチウイルス」で充分です。スマホでも使うのであれば、「インターネットセキュリティプラス」が良いでしょう。


以下、各機能の詳細な解説が続きます

各機能の詳細・評価


ウイルス・スパイウェア対策


AV-TEST
2018/3-4月
AV-Comparatives
Real-World Reference Real-World
2018/3
Malware Protect
2018/3
不参加 不参加
他のソフトと比べる → ウイルス検出率ランキング

 この数年、主要なウイルス検出性能テストに参加していません。
 過去に参加していた時の結果としては、AV-Comparatives(16年9月)のランサムウェア検出テストで98.9%、同じくウイルス検出では93.5%と非常に悪い結果を残しています。


 AVLabが2016年10月に実施したランサムウェアの検出テストでも、「最低クラス」の結果となっており、ウイルス検出性能が低いと判断するのが妥当でしょう。


Webroot SecureAnywhereのウイルススキャン結果画面

スキャンはわずか35秒で終了

 これに対しウェブルート社の日本法人によると、WebrootではPC内のファイルを「白・黒・グレー」の三段階で評価し、グレーと判断したファイルを監視し続け、「危険な動き」を見せた時に初めてブロックする仕組みを採用しているため、検知率テストの結果が低くなっていると説明してくれましたが・・


ファイアウォール


 「ファイアウォール」と表現されていますが、実際にはWindowsファイアウォールの機能を補完する機能です(ウイルスバスターの「ファイアウォールチューナー」のようなもの)


Webroot SecureAnywhereのファイアウォール設定画面

ファイアウォールの設定画面

 Windowsに標準で付いているWindowsファイアウォールは、インバウンド方向の通信を制御する機能が元々あります。しかしアウトバウンドの通信はスルーするため、セキュリティ上安全とは言えません。Webrootの「ファイアウォール」はアウトバウンドの通信を制御することで、Windowsファイアウォールでは不十分な部分を補う役割があります。


公式ストア(購入)

WEB脅威対策


 フィッシング詐欺サイトを検知したり、ウェブサイトを通じたウイルス感染から防御します。


 また、FirefoxやChromeといったブラウザにWebrootのアドオンを追加することで、YahooやGoogleなどの検索結果にサイトの安全性を表示する機能もあります。サイトにアクセスする前に安全性が分かるというものです。


Webroot SecureAnywhereのWEB脅威対策(検索エンジン)

検索結果にサイトの安全性を示すアイコンが出る

 実際にいくつか詐欺サイトにアクセスしてみましたが、いずれもブロックはせずにツールバーがオレンジ色になって「注意」を促すだけでした。これでは気づかずに被害に遭ってしまいます。


Webroot SecureAnywhereのフィッシング詐欺サイト警告

アイコンをクリックすると説明が表示される

 一部、警告とともにブロックしたサイトもありますが、英語圏向けかつ発生から5日経ったものでした。日本のユーザーが少ないセキュリティソフトなので、日本人ターゲットの攻撃に対してはあまり効果を期待出来ないと感じます。


Webroot SecureAnywhereの危険サイト検知画面

明らかにリスクがあると認識している場合はブロックする

パスワードマネージャー


 ウェブサイトにログインする際のIDとパスワードを暗号化した上でWebrootのサーバーに保存します。そのパスワードは「マスターパスワード」を入力することで呼び出すことが出来るので、覚えておく必要があるのはマスターパスワードのみになります。


 本機能を使うメリットとしてはパスワード管理が楽になる点に加え、入力が楽になるという利点もあります。一度保存したパスワードはWebrootが自動で入力し、更に自動でログインします。住所やクレジットカード番号も自動入力出来ます。


公式ストア(購入)

他のソフトを見てみる


Webroot SecureAnywhereと比較したいソフト


ESET
ESET

 「動作が軽い」セキュリティソフトとして高い評判があります。Webrootとほぼ同等、わずかにWebrootの方が軽いかなという差です。

 セキュリティ性能についてはESETの方が上。動作の軽さを優先しつつ、セキュリティ性能も必要とするならばESETがおすすめです。

軽さ / 検出率
8点 / 99.46%
価格
1台/1年 4093円
1台/3年 5480円
5台/1年 6253円
5台/3年 6480円
評価レビュー 公式サイト(購入・無料体験版)

ユーザーの口コミ評価


 Webrootへの投稿はまだありません。  投稿をお待ちしております。


口コミを投稿する

公式ストア(購入)

関連記事



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較