いらないマカフィーが付いていた時の対処方法

パソコンに付いているマカフィー、どうすればいい?


いらないマカフィー


 パソコンを買うと、「マカフィー」がプリインストールのソフトとして付いている場合が多いです。「いらない」と感じる人も多いようなので、対処方法を紹介します。






なぜマカフィーがプリインストールされているのか


 まずは、どうしてマカフィーがインストールされているのか、その背景にある事情を説明します。


更新料で収益を上げるビジネスモデル


 マカフィーの「試用版」あるいは製品版をプリインストールしているパソコンメーカーは多くあります。プリインストールされているセキュリティソフトは、ほとんどがマカフィーです。


プリインストールで付いてくるマカフィー

ドスパラのPCにもマカフィーが漏れなく付いてくる

 プリインストールとして採用してもらうには、ソフト会社からパソコンメーカー側に販促費などが支払われる場合も多いため、メーカー側にも採用するメリットがあります。


 一方、プリインストールされているソフトは、使用期限が切れるとユーザーがお金を払って契約更新する可能性がとても高いです。セキュリティソフトのメーカー側にとっても、お金を払ってでも「いれてもらう」ことで売上に繋がる期待があります。


不要だと感じる場合の対処方法


 ですがそんなプリインストールのソフトを「いらない」と感じる人も多いでしょう。マカフィーが不要の場合の対処方法を紹介します。


いらないならアンインストールすべき


 マカフィーが不要な場合は、アンインストールして何の問題もありません。


 今はWindows10にWindows Defenderというウイルス対策機能が標準で付いており、アンインストールしても最低限のセキュリティ対策が出来るようになっています(マカフィーよりはセキュリティは多少劣る)


Windows Defender

Windows Defender

 特にPCに詳しくないユーザーの場合、マカフィーの期限切れに気づかず使い続けてしまうケースもあるようです。そうするとセキュリティ上「非常によろしくない」ので、それならばマカフィーをアンインストールしてWindows Defenderに頼った方が圧倒的に良いです。


 また、以前使っていたPCで使っていたセキュリティソフトなど、自分で用意したものがあれば代わりにインストールしてもOKです。セキュリティソフトは「併用」するとトラブルが起こるので、マカフィーをアンインストールしてからインストールしてください。


期限が切れるまで使い続けるのがお得


 一部メーカーのプリインストールは「試用版」ということで使える期間が短いですが、中には1年や3年と長い期間使えるものもあります。


 例えば3年版のマカフィーの場合、定価は7980円です。それならば最後まで使い続けた方がお得ではないでしょうか。


マカフィーより良いソフトはたくさんある


 期限が切れた時の「更新」については、よく検討することをおすすめします。


 マカフィーよりも「良い」セキュリティソフトもありますし、値段が安いものもたくさんあります。特にマカフィーの更新用ライセンスは値引きが少なく割高です。


 マカフィーを使い続けるにしても、更新版ではなく自分で製品版のライセンスキーを買ってきた方がお得な場合も多いです。




関連記事



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較