セキュリティソフトはもう必要無いという議論を掘り下げてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティソフト不要論を掘り下げます


 最近、ネット記事などで「セキュリティソフトはもう不要」という議論を目にする機会が少しずつ増えています。現在のところ「必要だ」という意見が多数派ですが、実際のところはどうなんでしょうか。


 2007年から「セキュリティソフト比較サイト」を運営している私が、現状の分析と今後の展望を解説します。





不要だとする人たちの主張


 まずは、セキュリティソフトが既に不要だと主張している人たちの意見を紹介します。


ウイルスに遭遇しなくなった


 PCがまだ普及期だった頃と比べて、ウイルスに感染する機会が減っているという主張があります。実際、私は情報収集のために海外のサイトも頻繁に巡回していますが、セキュリティソフトがウイルスを検知するのは年に数える程しかありません。


 ウイルス自体の種類は間違いなく増えている一方、リスクのあるサイトが検索エンジンから排除されることで、ウイルスに遭遇する頻度が少なくなっていると言えそうです。


 もう何年もウイルスを検知しないセキュリティソフトなんか、いらないでしょ。という意見が出て来るのは自然なことだと思います。


PCの動作が重くなる


 セキュリティソフトをインストールすることで、PCの動作が重くなる。
 だからセキュリティソフトなんか必要無い、という暴論を主張する人もいます。


 最近は動作が重くならないソフトも多いので、比較サイトなどでちゃんと選んでくださいと言いたいです。もちろん、セキュリティの観点からこの主張は「論外」と言わざるを得ません。


Windows Defenderの存在


 WindowsにはWindows Defenderといって、ウイルス等のマルウェアを検知・削除する機能が標準で組み込まれています。Windows10への無料アップグレードが行われていた時、Microsoft社は「ウイルス対策の必要がない」という点をアピールして、Win10へのアップグレードを促していた経緯もあります。


 この点については、後半で詳しく解説します。


セキュリティソフト自体がリスクになる


 セキュリティソフト自体に脆弱性(セキュリティ上の欠陥)があって、それを悪用した攻撃が行われている。だからセキュリティソフトは必要無いどころか悪、Windows Defenderで充分だ。という主張があります。


 確かに、2016年夏にはノートン製品の脆弱性が発見され騒ぎになるなど、散発的にこうしたリスクが報告されています。ですが、現在のところはそれほど差し迫った危険性は無いので、考慮すべきリスクを見誤っていると言えるでしょう。




管理人の見解


 いくつかの主張は解説の必要も感じませんが、一考に値する主張もあります。
 では、本当にセキュリティソフトは「不要」なのか。私の見解はこちらです。


一先ず今はまだ「必要」でしょう


 既に不要だという意見を主張する人もいますが、2018年の時点では「まだ」必要だと考えています。


 まず、ウイルスに遭遇しなくなったという主張がありますが、完全に遭遇しなくなったわけではない点は注意すべきでしょう。


 例えば、交通事故の件数は年々減少を続け、死者数はピーク時の3分の1にまで減っています。ですが、事故が無くなったわけではなく、今も年間で4000人が命を落としています。だからこそ、多額の賠償に備えてほとんどのドライバーが自動車保険(任意保険)に加入していますよね。


 ネット通販やネットバンキングを利用する人も増えています。適切なセキュリティ対策が行われていない場合、カードの不正使用や銀行の不正送金の被害を補償してもらえない可能性もあります。そのリスクを念頭に置いて、適切な対策を取るべきです。


Windows Defenderの性能を知っていますか?


 Windows Defenderがあるから、わざわざセキュリティソフトを導入する必要は無いと主張する人もいます。


 複数の国際的な調査機関のテスト結果を見ると、いずれのテストでもWindows Defenderのウイルス検出率は有料・無料のセキュリティソフトと比べると「やや悪い」結果になっており、検出性能がやや劣っていると言えます。


 なので、セキュリティを意識するのであれば現状ではセキュリティソフトは自分でインストールして使うのが正解、ということになるでしょう。


とはいえ必要性が低下するのは必至


 Windows Defenderのウイルス検出性能は年々上昇を続けています。既にいくつかの有料・無料セキュリティソフトを上回る結果を出すことも珍しくなくなっています。


 私がこのサイトを始めた2007年当時は、Windows Defender(当時はMicrosoft OneCare)の検出率は82.4%でしたが、2016年のテストでは97.0%にまで向上しています。2017年のテストでは98%以上の結果です(いずれもAV-Comparatives調査) 


 セキュリティソフト(有料・無料問わず)とWindows Defenderの性能差はどんどん縮んでいますから、必要性が以前と比べて低下している、というのは否定出来ない事実です。


 今後も性能差が縮めば「セキュリティソフト不要」と言える時代が来る可能性が来る可能性は否定出来ないでしょう。


 また、PCの存在価値もスマホの登場によって揺らいでいます。月に数回しか利用しないPCに、年間何千円もするセキュリティソフトをインストールするのは、コストとベネフィットを比較して「釣り合っていない」と言わざるを得ません。私も、そういうユーザーに有料ソフトを買ってもらいたいとは思っていませんし、月数回しか稼働しない実家のPCには、無料ウイルス対策ソフトを入れています。


 「PC離れ」も相まって、セキュリティソフト離れが進んでいくのは間違いないでしょう。


銀行の不正送金被害への補償規定を見てみよう


 最後に、現状で「セキュリティソフトが必要」と言えるもう一つの根拠を紹介して終わります。


 全国銀行協会の発表によれば、年度によって変動はあるもののネットバンキングの「不正送金被害」に遭ってしまっても90%近いケースで補償がなされているようです。安心ですね。


 しかし、補償の対象外となってしまうケースも存在します。
 どんな時に補償されないのかというと、銀行によって条件は異なりますが「ウイルス対策ソフトの導入」を補償の要件として挙げている銀行は少なくありません。


(補償対象外のケースとして)
5.ウイルスソフトを導入していない、または有効期限切れで稼働されていない場合。

引用元:インターネットバンキングの被害の補償について(イオン銀行)

パソコンにセキュリティ対策ソフトを導入するとともに、最新の状態に更新したうえで、稼動していただくこと

引用元:法人向けインターネット・バンキングに係る預金等の不正な払戻被害への対応について(三井住友銀行)

市販のウィルス対策ソフトを導入いただき、ウィルス対策ソフト、OS、ブラウザを常に最新版にアップデートをしてご利用ください。
定期的にウィルス対策ソフトでパソコンをチェック(スキャン)してください。

引用元:マイゲートご利用時にお気をつけいただきたい事(りそな銀行)

2.個人のお客さまに実施していただきたいセキュリティ対策事例等(中略)
 (3)セキュリティ対策ソフトを導入するとともに、最新の状態に更新しておくこと

引用元:インターネット・バンキングにおけるセキュリティ対策事例(全国銀行協会)

 「市販のウイルス対策ソフト」という指定があるケースもあり、Windows Defenderが「セキュリティソフト」とみなされるのか不透明な部分があります。


 預金者側に過失がある場合は、補償額が減額される場合もあります。セキュリティソフトは「保険料」だと思って仕方なく導入する必要があると言えます。




関連記事



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較