外国人留学生でも作れるクレジットカードの紹介

日本でクレジットカードを作るには?


 日本はクレジットカードを使えるお店が少ないと言われていますが、ネット通販を使ったり携帯電話の料金を払うにはカードがあった方が便利です。


 しかし、日本にいる外国人はクレジットカードを作るのが難しいともいわれています。では、外国人留学生でも作れるクレジットカードはないのでしょうか? 詳しく説明します。





外国人留学生におすすめのカードは?


 日本にいる外国人留学生におすすめのカードを紹介します。


デビットカードがおすすめ


 デビットカードという種類のカードがあります。クレジットカードとは少し仕組みが異なるカードですが、ほぼ同じように使えるものです。


 デビットカードの最大のメリットは、年齢制限さえクリアしていれば誰でも持てるということです。クレジットカードを作りにくい外国人留学生でも、身分証明書の提示などをしっかりすれば作ることができます。


デビットカードとは?


 デビットカードは、カードを使って買い物をすると、すぐに銀行の口座からお金が引き落とされる仕組みのカードです。


 クレジットカードだと1ヶ月に1回、まとめて銀行口座からお金が無くなります。デビットカードは買い物する度に口座からお金が無くなります。


どのように作るの?


 デビットカードは日本の銀行口座を作ると、その口座と一緒に作ることが出来ます。なのでデビットカードを作るには、日本の銀行に口座を持つことが必要です。


 銀行の口座を作るには、在留カードやパスポートなどの身分証明書が必要です。身分証明書があれば、外国人留学生でも口座を作ることができ、デビットカードもつくれます。


どのカードが良い?


 デビットカードは発行している銀行によって、手数料などの条件が異なります。次の記事でデビットカードを比較できるので、こちらを読んでください。


母国で作ったカードも日本で使えます


 VISAやMasterなどのマークが付いているクレジットカードであれば、母国で作ったクレジットカードも日本で使えます(銀聯は日本ではあまり使えない)


 ただし、海外で使うと手数料が高くなる場合もあるので、条件を確認してください。