ZEROスーパーセキュリティの評価レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZEROスーパーセキュリティの管理画面

魅力はコスパとセキュリティ性能

 ルーマニアのBitDefender社が開発し、日本ではソースネクストが「更新不要」を全面に出して販売しているソフトです。

 更新不要ということでコスパにばかり目が行きがちですが、スーパーセキュリティの魅力はそれだけではありません。海外ではBitDefenderといえば、ウイルスに強いセキュリティソフトの代名詞的存在で、実際に第三者機関の調査でも常にランクインしています。

 2017年4月に登場した最新版を、4日間にわたり使い倒して厳しくレポートします。

軽さ ウイルス対策 通信保護 脆弱性対策 WEB保護 ネット銀行保護 PC盗難対策 ID/パス管理 保護者機能

7点
99.98% Firewall
IPS
OSと
少数のソフト
他のソフトと比べる → セキュリティソフトの比較


ZEROスーパーセキュリティの評価(総評)


セキュリティ性能


セキュリティ性能(安全性)は?  セキュリティ性能で選んでも、カスペルスキーと並んで選択肢の一つになりうる実力と評価します。


 詳細は後述しますが、ウイルス検出性能では長年にわたり高い評価を得ています。最近の攻撃の主流である未知ウイルスの検知についても、多くのテストで上位の結果です。


 それだけでは終わらずに、他のセキュリティソフトにはあまりない機能もいくつか備えており、トータルで見て安心して使えるセキュリティソフトです。


ZEROスーパーセキュリティのウイルススキャン画面


ZEROスーパーセキュリティの  ただ、セキュリティが強固であるが故に警告が煩雑に感じてしまう場面や、やりたい作業が阻まれる場面が他のソフトと比べて多いと感じました。例えば、サイトの編集に必要なファイルを展開できなくなって困りました(ランサムウェア防御に反応)


 この点をふまえると、初心者向きではないと言えそうです。


動作の軽さ


評価方法
起動時間 WEBサイト
5ページ同時読込
アプリ起動
(Excel)
スーパーセキュリティ 40.71秒 8.12秒 1.65秒
ソフト無し 36.97秒 6.87秒 1.58秒
増減
+10.1% +18.2% +4.0%

動作の軽さは?  今回はCore i5のPCで4日間使用しましたが、調子がいい時はストレス無く使えました。インストール前と全く変わりなくサクサク動くわけではありませんが、重いと感じる程でもなかったです。ロースペックのPCやタブレットでも使えるレベルです。


 ただ、気になる点もありました。
 例えばChromeでYoutubeなどの動画を観る時に、Flashが度々クラッシュしたり、画像ファイルを開けずに完全にフリーズしてしまうなどの不具合も見られました。


 スーパーセキュリティは過去のバージョンでも、PCとの相性の問題で不具合を起こすことが多かったです。毎回何かしらあると言っても過言ではないような・・
 私の家族のPCにインストールした際は、起動時間が大幅に長くなってしまい、結局アンインストールしたところ半分の時間で起動するようになったこともあります。当サイトの口コミレビューにも同様のコメントがちらほらと寄せられています。


 体験版があれば購入前に確かめられるのですが、スーパーセキュリティには無いので残念です。


購入・価格一覧


1台/更新不要 4298 → 3218円
5台/更新不要 8618 → 6458円
公式サイトで購入する
5台版はAndroidMacにも使えます

【当サイト限定】税抜価格が25%オフ
当サイト限定キャンペーン

「更新不要」とは?


 更新不要とは、永遠に使えるという意味ではありません。
 最初にインストールしたPCが壊れるまで、ずっと使い続けられるという意味です。


以下、各機能の詳細な解説が続きます

各機能の詳細・評価


ウイルス・スパイウェア対策


AV-TEST
2017/1-2月
AV-Comparatives Virus Bulletin
2016/6月
Real-World Reference Real-World
2017/4
Malware Protect
2017/3
既知ウイルス 未知ウイルス
100% 100% 99.9% 99.95% 90.1% 65.7%
他のソフトと比べる → ウイルス検出率ランキング

 冒頭でも触れましたが、非常に高い検出性能を持っています。


 私はこのサイトを開設して10年になりますが、スーパーセキュリティ(BitDefender)は多くの性能テストにおいて、一貫して高い結果を出し続けています。他のソフトは一時的に悪い結果が続く時期もあったりしますが、そういったこともないです。カスペルスキーと並んで安定感があります。


ZEROスーパーセキュリティのクイックスキャンのレポート


公式サイト(購入・無料体験版)

脆弱性対策


 OSやインストールしてあるソフトに潜むセキュリティ上の欠陥を脆弱性といいます。日頃からソフトのアップデートが配布されることがよくあると思いますが、そうしたアップデートは脆弱性対策のために行われることも多々あるにもかかわらず、ユーザーはついつい対応を後回しにしがちです。


ZEROスーパーセキュリティの脆弱性対策機能


 スーパーセキュリティの脆弱性対策機能を使うことで、OS(Windows)や主要なソフトの更新漏れを検知し、操作画面から簡単に更新することが出来ます。いくらウイルス対策をしっかりやっていても、脆弱性があることで攻撃に対して非常に弱くなるので、脆弱性対策はとても重要です。


 対応しているソフトはAdobe Flash、Skype、Firefoxなどごくわずかなので、カスペルスキーマカフィーなどと比べると見劣りします。とはいえ、こうした機能が無いセキュリティソフトがまだまだ多数派なので、その点では一歩進んでいると言えます。


ランサムウェア(身代金ウイルス)対策


 2017年版の新機能です。


 日本でも被害が拡大している、ランサムウェアによる被害を防止します。
 ランサムウェアは感染により、PC内のデータを暗号化してロックします。そうした動きを検知してブロックしたり、攻撃の被害に遭いやすいPC起動直後の攻撃を防ぐために「保護リスト」を設定し、暗号化されて困るデータを事前に保護しておくことができます。


ZEROスーパーセキュリティのランサムウェア対策機能


 ただ、少々判定が厳しいと感じる部分もあり、私の場合はサイトの作成に必要なファイルがブロックされてしまいました(「信頼済みアプリケーションに追加」に設定することで使えるようになりました)


WEB保護


 ウェブサイトを通じたウイルス感染の被害を防止します。サイトにアクセスした際、危険なコードが仕込まれている場合などにアクセスをブロックし、被害を食い止めます。


ZEROスーパーセキュリティのWEB保護


 それに加え、ブラウザにアドオンを追加することで検索エンジンなどのリンク先の安全性(ウイルスやフィッシング詐欺)を、アクセスする前に知らせてくれる機能も追加されました。
 動作感も悪くはないので、活用することをおすすめします。


ネットバンキング保護


 ネットバンキングの不正送金の被害を防ぐための機能です。


 銀行やネット証券のサイトにアクセスすると、ネットバンキング保護を起動するか確認画面が出てきます。「はい」を選択すると、本機能が起動し画面上には銀行のサイトだけが表示されます。


ZEROスーパーセキュリティのネットバンキング保護


 本物の銀行サイトにアクセスしたにもかかわらず、ウイルス感染によって偽の銀行サイトが表示されて不正送金の被害に遭う事例が多発しました。それを防ぐために、動作を制限しています。


 本機能起動中は他の動作が出来ないため、例えばメールを見ながら振り込みをするといったことは出来ません。また、動作がやや遅くなる点や、ブラウザに保存したログイン情報を利用できない点なども不便だと感じました。


盗難対策


 Windows版のセキュリティソフトとしては珍しい、盗難対策の機能があります。


 IPアドレスによる位置特定
 端末のロック
 データの削除


 上記の3つの動作を、WEBの管理画面にアクセスすることで遠隔で実行できます。


ZEROスーパーセキュリティの盗難対策機能


 位置特定の精度はGPSを搭載していないデスクトップPCで試しましたが、誤差はわずか10m以内で驚きました。端末ロックはWEBから操作した2〜3秒後にはロックされ、普段使っているWindowsアカウントのパスを入力することで解除できました。パスを設定していない場合は、実行する際に4桁のパスコードをあわせて設定します。


 ただし、いずれの動作もPCがネットに接続していなければ実行出来ないのでご注意ください。


パスワード管理


 IDやパスワードを安全かつ手軽に管理できる機能です。
 ブラウザに保存してある情報を引き継げるので、登録の手間もありません。


ZEROスーパーセキュリティのパスワード管理


 住所やクレジットカード番号などを登録しておくと、ブラウザのアドオンツールバーをクリックして呼び出し、自動で入力することが出来るので便利です。


端末の最適化


 スーパーセキュリティが端末をスキャンすることで、ディスクやレジストリに溜まった「ゴミ」を見つけだし、簡単にクリーンアップできます。


ZEROスーパーセキュリティの端末の最適化


 また、PCの起動時間を長くしてしまうスタートアップを最適化する機能もあります。


公式サイト(購入・無料体験版)

他のソフトを見てみる


ZEROスーパーセキュリティと比較したいソフト


カスペルスキー 2017
カスペルスキー 2017  性格が似ているカスペルスキーも検討してください。
 セキュリティ性能では「最強」と言えるほど、総合的に見て優れています。動作の軽さではスーパーセキュリティの方に分がありますが、カスペルスキーの方が相性問題が起こりにくいです。
 操作画面もスーパーセキュリティより洗練されていて分かりやすいです。
軽さ / 検出率
6点 / 99.9%
価格
1台/1年 3980円
5台/1年 4980円
5台/3年12150円
無制限/3年14150円
評価レビュー 公式サイト(購入・無料体験版)

ユーザーの口コミ評価


総合評価

2.5点
動作の軽さ

2.7点
使いやすさ

2.5点
機能

3.0点

口コミレビュー26件を読む
公開:2017年11月5日 年代:50代 性別:男性 PC習熟度:中級者
総合評価

1点
動作の軽さ

1点
使いやすさ

1点
機能

1点
コメント OSが『Windows10バージョン1703』の時に、ZEROスーパーセキュリティー3台用のVersion.21を2台目ライセンスでタブレットPCにインストールしてみたものの不具合続きで使い物にならず、PCを完全初期化のうえ、再セットアップを実行し、セキュリティーは『Windowsディフェンダー』のみで運用していました。 初期化前にスーパーセキュリティーをアンインストールし忘れたことに後から気づきましたが、初期化時に削除されたものと思っていました。 ところがどっこい、最近になり、当該タブレットPCのSDHCカード内のファイルを確認してみたら、『スーパーセキュリティーのファイル一式』が、何事もなかったかのように存在しているではありませんか。
もう、スーパーセキュリティーを再インストール&アンインストールのうえ、PCを完全初期化して再々セットアップを実行するのも面倒なので、安直に、SDHCカード内の『スーパーセキュリティーのファイル一式』をさくっと削除して済ませてしまいました。 PCプログラム内に、爪痕が残っていないことを祈るばかりです。
 
公開:2017年11月5日 年代:50代 性別:男性 PC習熟度:中級者
総合評価

1点
動作の軽さ

1点
使いやすさ

1点
機能

1点
コメント ZEROスーパーセキュリティー3台用の、ライセンス3台目が残っていたので、OSを『Windows10バージョン1709』にアップデートしたタブレットPCにインストールしてみました。 PC本体プログラムへの侵食防止のため、マイクロSDHCカードに最新版をダウンロードしてから、解凍&インストールを実行。
スーパーセキュリティー自体は、まともに動作しているように見えていましたが、何度実行してもインターネットエクスプローラーのMSN検索画面が正常に開かず、画面が途中で固定されてしまい上下スクロールができない、右上のサインインもできない、検索ワードの入力もできない、あげく、『長時間実行中のスクリプトが原因で応答していない』との表示が出る始末。
いきなり、ネット接続がまともにできず、PCの応答が遅くなり動作不安定になってしまいました。
インストールしてから、数日は様子を見てみようと考えていましたが、PCが使い物にならない状態に陥ったため、わずか数時間で、アンインストールを実行。
皮肉なことに、『アンインストール』は、簡単に実行できるように改良されていました。 結局、爪痕が残っていること前提で、PCを完全初期化のうえ、再セットアップを実行しました。
なお、アンインストール前に、セキュリティーセントラルを開いて確認したところ、今までにインストールした3台分PCの保護状況が表示されました。
そこで、アンインストールせずに初期化した2台目PCが、『いまだ保護されている』、ということが判明しました。やれやれ、手間を惜しまずに、アンインストールを実行しておけばよかった。
もう一度、2台目PCを正常化する必要があることが分かっただけでも、良しとしなければならないと、反省することしきりでした。
 
口コミを投稿する

公式サイト(購入・無料体験版)




ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ マカフィーのお得なクーポン(当サイト限定)
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較