フリーターにおすすめクレジットカード

フリーターにおすすめのクレジットカードはコレ!


 アルバイトで生計を立てるフリーター。その平均年収は100万円台といわれています。この年収ではクレジットカードを作るのは無理・・・? そう思って諦めている人も多いようです。が、ちょっと待った!


 フリーターでも作れるクレジットカードはあります! この記事では、フリーターの方でも作れる可能性が高いカードと、フリーターでも絶対作れるカードの2種類を紹介します。ぜひ参考にしてください。





フリーターにおすすめのクレジットカード


 では早速、おすすめのクレジットカードを紹介します!


楽天カード



 テレビCMでもおなじみの「楽天カード」はフリーターにもおすすめです!


 楽天カードの最大の特徴は、「お得さ」です。
 まず、楽天カードを作るだけで2000ポイント、更に翌月末までに1回でもカードを使えば更に3000ポイントがもらえます。トータルで5000ポイント以上の入会特典があります! もちろん、年会費などは一切掛かりません。


 また、楽天カードを使って支払いをすると、どこで使っても1%分のポイント還元があります! 最近はコンビニでもカードが使えることがほとんどですし、スーパーや色んなところでカードを使うと、それだけで支払いが「実質1%引き」になります。


 私の周りにいるフリーターさんも楽天カードを使っている人が多いので、フリーターの人でも作りやすいカードと言えるでしょう。


公式サイト

Yahoo!Japanカード



 楽天カードを上回るお得なカードとして最近注目されているのが「Yahoo!Japanカード」です。


 ポイント還元率は楽天カードと同じく1%。どこで使っても「実質1%引き」になる点は楽天カードと一緒です。通販サイトの「ヤフーショッピング」で使うとポイントが3倍以上になるので、3%引きです。ちなみに、ポイントはT-POINTが貯まります(今使っているTカードと統合できる)


 楽天カードよりもお得だと言われる理由は、入会特典の内容です。
 キャンペーンの実施状況にもよりますが、Yahoo!Japanカードの入会特典はなんと10000ポイント! カードを作って、1回でも利用するだけで1万円以上もらえるのはうれしいですよね。


 カードのデザインが真っ黒でかっこいい点も良いですね。赤いデザインも選べます。


公式サイト

絶対作れるデビットカードもおすすめ


 過去数年間に携帯電話などの料金を滞納したことがある場合や、最近クレジットカードの審査に落ちたという人もいると思います。


 その場合は、審査無しで作れる「デビットカード」というカードがおすすめです。年齢制限(16歳以上)さえクリアしていれば、誰でも持てる「クレジットカードのような」カードです。


デビットカードは審査が無い

 デビットカードは上戸彩が「使う すぐ 残高見える」とCMで歌っていますが、買い物に使うと同時に銀行の口座からお金が引き落とされる仕組みのカードです。口座の残高が無くても使えるクレジットカードとは異なり、残高が無いと使えないため「誰でも」持つことができます。
 無駄遣いが心配だ、という人にもデビットカードはおすすめです。


 上で紹介した楽天カードやYahoo!JAPANカードのような「入会特典」はありませんが、「ポイント1%還元」のお得なカードもあるので現金よりお得です(もちろん年会費なども不要)


 詳しくは次の記事を読んで下さい。
 ちなみに私は高1から10年以上デビットカードも使っています(楽天カードも使っていますが)


フリーターがカードを申し込む時の注意点


 最後に、クレジットカードに申し込む時の注意点を紹介します。


「年収」の書き方に注意!


 クレジットカードを申し込む時に、自分の年収をカード会社に申告する必要があります(デビットカードでは不要)


 その時に書く金額は「手取り(口座に振り込まれる金額)」ではなく、税金や社会保険料などが引かれる前の「総支給額」を書いてください。


給与明細


 これはありがちなミスで、多くの人が間違えていますが、書くのは総支給額の方です。当然、総支給額の方が多いので、カードの審査にも通りやすくなります。


 また、最近バイトを始めたばかりだという人は、これから1年間で稼げそうな「見込み」の金額を書きましょう。


バイト先が複数ある場合は


 クレジットカードを申し込む時に、勤務先(バイト先)をカード会社に申告する必要があります。


 フリーターの場合は複数のバイト先を掛け持ちしている場合も多いと思いますが、その場合は「働いている年数が一番長い」バイト先を勤務先として申告してください。


 クレジットカードの審査では勤務年数も評価されるため、年数が長い方が審査に通りやすくなります。




関連記事