フリーターでも作れるおすすめクレジットカードの紹介・比較

フリーターでも作れるカード


 アルバイトで生計を立てるフリーター。その平均年収は100万円台といわれています。この年収ではクレジットカードを作るのは無理・・・? そう思って諦めている人も多いようです。が、ちょっと待った!


 収入が多くなくても持てるカードがあるんです! このページでは、フリーターの方でも作れる可能性が高いカードと、フリーターでも絶対作れるカードの2種類を紹介します。ぜひ参考にしてください。


その1 持てる可能性が高いカード



 フリーターの人でも審査に通りやすいクレジットカードを2つ紹介します!


 一つ目は楽天カード。CMでもおなじみのカードですが、過去にケータイの支払いが滞ったりしていなければ誰でも作れるようです。私の周りのフリーターさんたちもよく使っています。


 もう一つはライフカード。こちらもネット上で多くの人が「審査に通った!」とうれしい報告を続々とあげているカードです。では、この二つの特徴を比べてみましょう。


楽天カード
ライフカード
ポイント
還元
1%
楽天での買い物は2%還元
ポイントは楽天などで使える!
0.5〜3.3%
通常は0.5%で初年度は1.5倍
誕生月は5倍!
年会費 ずっと無料 ずっと無料
保険 海外旅行傷害保険
カード盗難保険
カード盗難保険
入会特典 5000円相当以上の楽天ポイント なし


どっちがいい?


楽天カード

ライフカード
こんな人に
おすすめ!
楽天を利用する人
旅行保険が欲しい人
お得なカードがほしい人
旅行保険は不要な人

 どちらも年会費無料ですし、一緒に両方申し込むのがおすすめです。片方の審査に通って、もう片方は落ちるということはよくありますし、日本人は平均で3枚クレジットカードを持っているそうですよ。一緒に申し込むなら片方をVISA、もう片方をJCBで申し込むのがおすすめです。


申し込む時のポイント

 クレジットカードを申し込む時に年収と勤務先を入力します。この時に気をつけてほしいことがあります!
 まず一つ目は勤務先。いくかのバイト先を掛け持ちしているフリーターさんも多いと思いますが、その場合の勤務先は働いている期間が一番長いバイト先にすると審査に通りやすくなります。あまり短いと審査に落ちる場合もあるので、ご注意を。


 二つ目は年収。嘘を書いてはいけないというのはもちろんですが、誤って少なく書いてしまう人が多いです。年収として伝える金額は、手取り(実際に自分の口座に振り込まれる額)ではなく税金など諸々が引かれる前の金額(=総支給額)を書いてください。こちらがあなたの本当の年収です。当然、こちらの額の方が大きいので、クレジットカードの審査も通りやすくなります。



その2 絶対作れるカード



 デビットカードというカードです。
 このカードは一般的なクレジットカードと「ほぼ」同じように使えるのですが、カードを使って買い物をすると、その瞬間に銀行の口座からお金が引き落とされます。なので買い物をしても月に一度しか口座から引き落としがされない「クレジットカード」とはちょっと違うんです。


デビットカードの良いところ

・審査なし! 16歳以上なら誰でも作れる(自己破産しててもOK)
・ゴールドカードも誰でも作れる!(年会費は高い)
・口座の残高以上は使えないので、「カード破産」することがない!


デビットカードの悪いところ

・携帯電話料金の支払いなど、一部の支払いには使えない
・年会費が掛かる場合がある
・保険が充実していない
・ETCカードは作れない


 年会費なども考えると、できれば上の「その1」で紹介しているクレジットカードの方がおすすめです。まずは楽天カードに申し込んでみて、それでだめだったらデビットカードに申し込むというのがおすすめです。


デビットカードの比較

JCBデビットとVISAデビットを比較します