J-Debitって何?VISAやJCBのデビットカードとの違いを比較

J-Debitを分かりやすく解説します!


 一口に「デビットカード」と言っても、大きく分けて2種類に分けることが出来ます。


J-デビットのロゴ


 一つ目は、最近テレビCMなどでもよく耳にするVISAデビットカードやJCBデビットカードを含む「ブランドデビットカード」。そしてもう一つが今回紹介する「J-デビット」です。


 今回はこの「J-デビットカード」を、VISAやJCBのデビットカードと比較しながら詳しく解説していきます!





J-デビットって何?


 決済システムに加盟しているお店で買い物をすると、デビットカードで支払いをすることができます。システムを通して銀行口座にアクセスし、その場で口座の残高からお店に代金が支払われます。これがデビットの決済システムです。


ゆうちょ銀行の通帳


 日本国内で使えるデビットの決済システムには、海外の大手決算会社が提供する「VISA」、日本のクレジットカード会社が提供する「JCB」、そして、国内の金融機関などが共同で運営する決算システム「J-Debit(ジェイ・デビット)」があります。


 J-Debitは、J-デビットとも表記され、郵便貯金ほか、国内の都市銀行、地方銀行、信託銀行などほとんどの金融機関が加盟、共同で運営しています。J-Debitに加盟する、国内30万ヵ所以上のお店で利用することができます。


キャッシュカードで買い物が出来る


 J-Debitの決済システムは、専用のデビットカードを発行しません。金融機関のキャッシュカードにJ-Debitの機能がついた一体型のカードになっています。


三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード


 J-Debitに加盟している金融機関のキャッシュカードには、最初からJ-Debitの機能がついているので、普段使用しているキャッシュカードさえあれば、特別な手続き無しでいつでもデビットが使うことができます。


申込・年会費不要という気軽さが利点


 J-Debitの機能は金融機関のキャッシュカードに最初からついているので、申込み手続きは不要。入会金や年会費も要りません。


 気軽に使えるという点が、J-Debitの大きなメリットのひとつです。


VISA/JCBデビットが圧倒的に優れている理由とは


 国内の金融機関が共同で運営するJ-Debitに対し、「VISA」や「JCB」を始めとするブランドでビットは海外でも利用でき、国際的な知名度も高いです。

 ブランドデビットは専用のデビットカードの申込み手続きをする必要があり、カードの種類によっては年会費がかかるほか、年齢制限などの利用条件が設定されています。J-Debitのほうが、手軽さの面では優れているといえます。


楽天銀行のJCBデビットカード


 しかし、J-Debitとブランドデビットを比較すると、圧倒的にブランドデビットの利用者が多いというデータがあります。


 ブランドデビットを利用するメリットはどのような点にあるのでしょうか?


使えるお店の数が10倍 ネット通販でもOK


 国内の金融機関が多数参加するJ-Debitですが、買い物や食事の支払いに使えるJ-Debit加盟店はおよそ30万ヵ所。また、ネット通販や海外では利用できません。


ネット通販にも使えるのはVISAとJCBデビット


 これに対し、海外企業VISAが運営するブランドデビットは世界中に加盟店があり、その数およそ4000万。海外旅行でのさまざまな優待サービスもついています。日本の企業が運営するJCBのブランドデビットも、国内外の3000万以上の加盟店で使えます。


 利用可能な店舗数はJ-Debitの10倍以上にものぼり、圧倒的にブランドデビットが優位です。


使える時間に制限が無い


 VISAやJCBのブランドデビットは、ほぼ24時間いつでも利用可能です。早朝や深夜に食事をしたとき、夜中にネットで買い物をするときにもブランドデビットならすぐに支払いができます。


J-デビットとは使える時間帯に制限がある


 ところがJ-Debitは、利用可能な時間帯が利用するキャッシュカードの金融機関ごとに決められています。ゆうちょ銀行など、平日なら24時間利用可能という金融機関もありますが、土日祝日は利用時間が制限されており、平日でも8時から夜の9時までしかJ-Debitでの支払いができないという金融機関もあります。


 J-Debitは利用時間が限られているという大きなデメリットがあるため、いつでも便利に利用できるブランドデビットのほうが、使いやすさという点でも優れています。


ポイント還元でお得


 ブランドデビットに加盟しているデビットカードには、ほとんどの場合、ポイントサービスがついています。買い物や食事で支払いに使うたびにポイントが貯まり、他のポイントに交換したりさまざまなサービスに利用できるのでとてもお得です。


 J-Debitにはポイントサービスがついていないので、よりお得なブランドデビットを選ぶという人が多いようです。




関連記事