クイックヒール(Quick Heal)の評価レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
クイックヒール(Quick Heal)の管理画面

意外と悪くないソフト

 インド製のセキュリティソフトです。日本での知名度はほぼゼロですが、本国では一定のシェアを獲得しています。

 知名度の低さから不安を覚える人も多いと思いますが、性能はメジャーなソフトと遜色なく、安心して使えるソフトです。

 今回は7日間にわたりじっくり試したので、その結果を元に詳しくレポートします!

軽さ ウイルス対策 通信保護 脆弱性対策 WEB保護 ネット銀行保護 PC盗難対策 ID/パス管理 保護者機能

7点
99.73% Firewall
IPS
他のソフトと比べる → セキュリティソフトの比較


クイックヒール(Quick Heal)の評価(総評)


セキュリティ性能


セキュリティ性能(安全性)は?  詳細は後述しますが、メインとなるアンチウイルスの検出性能は売れ筋のESETZEROウイルスセキュリティよりも高く、当サイトで紹介しているソフトの中でも平均レベルの水準です。セキュリティ対策としては充分です。


クイックヒール(Quick Heal)のウイルススキャン終了画面


 ただ、その他の機能については不十分な点も多いのも事実です。WEB保護関連の機能があまり良くなかったり、脆弱性対策機能が無い点は今後の改善を望みたいです。トータルで見て、他の売れ筋のソフトと遜色ないセキュリティ性能です。


動作の軽さ


評価方法
起動時間 WEBサイト
5ページ同時読込
アプリ起動
(Excel)
クイックヒール 31.67秒 4.48秒 2.571秒
ソフト無し 29.44秒 4.06秒 2.064秒
増減
+7.6% +10.2% +24.6%

動作の軽さは?  1週間使ってみて、動作の軽さという点では優秀だと感じました。「軽い」と評価されるESETなどと比べても、遜色ないです。PCの性能を問わず、ストレスなく使えるでしょう。


 実際に数値として計測してみると、意外とタイムが悪化していることが分かりました。体感ではExcelの起動以外は「言われないと気づかない」程度なので使用感は悪くないです。Excelの起動は体感でも少し遅くなった感じがありました。


 きになった点としては、時々動作が重くなるタイミングがあることです。何のタイミングかは分かりませんが、やや動作が重くなる場面もありました。


購入・価格一覧

1台/1年 3840円
1台/3年 11040円
公式サイトで購入する
無料体験版をダウンロード

以下、各機能の詳細な解説が続きます

各機能の詳細・評価


ウイルス・スパイウェア対策


AV-TEST
2017/1-2月
AV-Comparatives
Real-World Reference Real-World
2017/4
Malware Protect
2017/3
99.6% 99.9% 不参加
他のソフトと比べる → ウイルス検出率ランキング

 冒頭でも紹介したとおり、ウイルスの検出性能に関しては決して悪いとはいえない結果が出ています。当サイトで紹介しているソフトの中では「平均レベル」の性能です。


クイックヒール(Quick Heal)のウイルススキャン画面


 AV-TESTの他、AVLabのランサムウェア検知テストでは全てのランサムウェアを検知しており、このテストでもマカフィーやESETといったメジャーなセキュリティソフトよりも良い結果です。


 一つ不満点を挙げるとすれば、他のセキュリティソフトには当たり前にある「クイックスキャン」(簡易的なスキャン)が無いのが残念です。フルスキャンでもそれほど長い時間は掛からず(624GBの容量を37分で完了)、スキャン中の動作も軽快だったので無くて困るわけではありませんが。


危険サイト対策


 アクセスすることでウイルス感染するリスクのあるサイトや、フィッシング詐欺サイトなどの「危険サイト」を検知し、アクセスをブロックする機能です。ブラウザにアドオンを追加する必要なく、利用できます。


クイックヒール(Quick Heal)の


 1週間使ってみて、「ブロックされるべき」サイトにもアクセスしてみましたが、完全スルー。一方、危険でないサイト(私がレンタルしている「したらばBBS」)のアドオンを危険なプログラムとしてブロックする一幕もありました。


 日本人ユーザーがほとんどいないユーザーですので、特に日本人ターゲットの危険サイトに対しては期待しない方がよいでしょう。


ネットバンキング保護


 ネットバンキングをより安全に行うための機能です。


 本機能が有効になっている間は、ネットバンキングの操作画面のみが操作・動作するようにブロックされます。他のページがこっそり立ち上がったり、情報を勝手に送信されるのを防ぐのが目的です。


クイックヒール(Quick Heal)のネットバンキング保護


 例えばメールを開きながら振込手続きをする、といったことが出来ないのは不便です同様の機能を持つ他のセキュリティソフトにも言えることですが。


PCチューニング


 ディスクのクリーンアップ(不要なデータの検知・削除)、レジストリのクリンアップ、デフラグなどを行う機能です。


 古いPCなどでは効果を実感できるかもしれませんが、私の環境では実感できる効果はありませんでした。


クイックヒール(Quick Heal)のPCチューニング


ペアレンタルコントロール(保護者機能)


  • 有害サイトのフィルタリング
  • ネット利用時間の制限
  • 任意のサイトへのアクセス制限

クイックヒールの有害サイトフィルタリング  上記の機能がメインです。
 フィルタリングの方は、「思っていたよりは」高い精度だと感じました。


 利用時間制限については、曜日・時間帯(1時間ごと)に接続できない時間帯を設定することが可能です。最近のキッズはPCよりもスマホに夢中だと思いますが、PCにドハマリしている場合は役に立つ機能だと思います。


 もちろん、一連の機能はパスワードが無ければ解除できません。


クイックヒールでネットの使用時間を制限(保護者機能)


他のソフトを見てみる


クイックヒール(Quick Heal)と比較したいソフト


ESET V10.0
ESET V10.0  動作が軽いという点では、ESETが比較対象として最適です。数値上はESETの方がやや軽いです。
 こちらはキヤノンマーケティングジャパンが日本の代理店を務めており、サポート体制に不安は無し。価格もクイックヒールよりお買い得です。
軽さ / 検出率
8点 / 99.24%
価格
1台/1年 4093円
1台/3年 5745円
5台/1年 6253円
5台/3年 7408円
評価レビュー 公式サイト(購入・無料体験版)




ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較