イカロスアンチウイルスの評価レビュー

イカロスアンチウイルスの管理画面

機能は無料ソフト並

 オーストリアのウィーンで1986年に創業したIKARUS Security software社の製品です。日本ではエレコムが販売代理店を務めています。国内外ともに知名度はとても低いです。

 セキュリティソフトとしては機能がとてもシンプルで、無料ウイルス対策ソフト並とも言える内容です。8日間にわたりテスト結果した結果をふまえ、詳しく紹介します。

軽さ ウイルス対策 通信保護 脆弱性対策 WEB保護 ネット銀行保護 PC盗難対策 ID/パス管理 保護者機能

7点
no data -
-
他のソフトと比べる → セキュリティソフトの比較


イカロスアンチウイルスの評価(総評)


セキュリティ性能


セキュリティ性能(安全性)は?  セキュリティ関連の機能はアンチウイルスだけです。無料ウイルス対策ソフトにもあるような、危険サイトを検知しブロックするような機能もありません。


 有料のセキュリティソフトとして厳しく評価すれば、セキュリティ性能は低いと言わざるを得ません。


イカロスアンチウイルスのウイルス検出画面

ウイルス検出画面

 また、他の多くのセキュリティソフトと同様にメールで届く脅威をスキャンする機能があるものの、対応がOutlookとWindows10標準メールソフトのみです。Thunderbirdなど他のメジャーなメーラーに対応していない点は残念です。


 ウイルス検出性能など詳しい評価については、記事後半で詳しく解説します。


動作の軽さ


評価方法
起動時間 WEBサイト
5ページ同時読込
アプリ起動
(Excel)
イカロスアンチウイルス 39.50秒 5.24秒 0.236秒
ソフト無し 36.62秒 5.07秒 0.212秒
増減
+7.9% +3.2% +11.0%

動作の軽さは?  


 計測した数値はトップクラスの成績で、よく軽いと評価されるESETなどと比べるとやや劣るものの、上位の結果です。機能がシンプルなので、当たり前といえば当たり前の成績ですが。


 ただし、実際の使用感はというとやや負荷感を感じたので、必ずしも軽快とは言えませんでした。私のPCとの相性が悪かった可能性もありますが、特に長時間連続でPCを使っているとブラウザのページの切り替えが一瞬止まるなどの現象が見られました。


初心者には扱いづらい部分も


 使ってみて感じたのは、初心者には使いづらいということです。


 まず、エレコムのサイトから購入した際に、シリアルコードが発行されるのですが、製品をインストールする際にそのシリアルコードを何度入力しても受け付けず困りました。よく読むとシリアルコードを専用のサイトに入力し、そこで「プロダクトキー」を発行してもらう必要があったようです。


イカロスアンチウイルスのプロダクトキー生成ページ

プロダクトキー生成ページ

 また、操作画面自体も15年くらい前のセキュリティソフトのような、クラシカルなデザインとなっており、昨今の視覚的に見やすいセキュリティソフトと比べると、扱いづらいと感じます。機能がシンプルなので、この部分を改善すれば初心者にも扱いやすいソフトになると思うので、もったいないです。


エレコムの販売サイトに不満


 ソフトを購入する際に、エレコムの販売サイトでアカウントを作成する必要がありますが、設定するパスワードに記号を含めることが出来ないのはヨロシクナイです。


イカロスアンチウイルスの販売サイトのパスワード設定

実際のパスワード設定画面

 パスワードに記号を含めることで安全性が格段に高まるので、記号を受け付けないのは問題だと思います。最近の大手企業のウェブサービスでこうした仕様はほとんど見かけないので、時代遅れです。


 セキュリティ製品を扱う企業としてどうなのかな、と感じました。


購入・価格一覧

1台/1年 1980円 公式サイトで購入する
無料体験版をダウンロード

 Windows版、Android版、iOS版はそれぞれ独立したライセンスとなっているので注意してください。


以下、各機能の詳細な解説が続きます

各機能の詳細・評価


ウイルス・スパイウェア対策


AV-TEST
2018/3-4月
AV-Comparatives
Real-World Reference Real-World
2018/3
Malware Protect
2018/3
不参加 不参加
他のソフトと比べる → ウイルス検出率ランキング

 当サイトで通常引用しているAV-TEST、AV-Comparativesのテストには参加していないものの、英国Virus Bulletinのテストに参加しています。


 Virus Bulletinの「WildList detection」では、概ね100%という成績をおさめており、メジャーな他のセキュリティソフトと肩を並べており、一般的なウイルスをしっかりと検知できる性能を持っていると言えます。


イカロスアンチウイルスのスキャン所要時間の目安は当てにならない

スキャン所要時間の目安は当てにならない

 ただし、同じくVirus Bulletinの「Diversity test」の結果を見ると、ESETやavastなどが100%という結果であるのに対し、イカロスは99.08%とやや劣る結果(2019年2月)となっています。過去のテスト結果を見ても、やはり同様の傾向です。


2018年10月 2018年12月 2019年2月
WildList detection 100% 100% 100%
Diversity test 97.98% 99.90% 99.08%

 したがって、検出性能は他のメジャーなブランドと比べてやや劣ると評価すべきでしょう。


 以前は誤検出が多いとの評価があったようで、ドイツ語版Wikipediaにもそのような記載がありますが、現在のVirus Bulletinのテスト結果では特段問題のある水準ではありません。また、私が8日間使用した限りでも特に目立った誤検出はありませんでした。


イカロスアンチウイルスのウイルススキャン完了画面

ウイルススキャン完了画面



関連記事



セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較