新型コロナウイルスに便乗した詐欺メール

新型コロナウイルスに便乗した詐欺メール


 世界中で感染拡大への懸念が拡がる新型コロナウイルス。このウイルスに便乗した「詐欺メール」が増加の兆しを見せています。実際に届いたメールをもとに、注意点を指摘します。






実際に届いたメールを紹介します


 まずは私の手元に届いたメールを紹介します。


マツモトキヨシを騙った新型コロナウイルスのマスク販売サイトの詐欺メール


 タイトルは「マツモトキヨシからのお願い」というもので、マツモトキヨシのカスタマーセンターを騙り、マスクを無料送付すると書かれています。


 メールに記載されている住所は大手ドラッグストアのマツモトキヨシのものですが、電話番号はマツモトキヨシが公表しているものとは異なります。


これは詐欺メールです


 このメールは新型コロナウイルスに便乗した詐欺メールです。


注文手続きを進めると・・


マスクを販売する詐欺サイト


 記載されたURLにアクセスすると、マスクの販売サイトのようなページが現れました。この時点で多くの人が、大手ドラッグストア「マツモトキヨシ」ではないことに気づくでしょう。そもそもメールには「無料送付」と書かれていたので、その点もおかしいです。


マスク販売サイトの注文画面


 住所やクレジットカード番号を入力する画面が現れました。試しにマスクを注文してみます。


マスク販売サイトのログイン画面


 本人認証なる画面が現れました。テキトーな文字列を入力すると次の画面に進むことができました。


偽マスク販売サイトの注文完了画面


 おかしな画面が表示され、手続きが完了したようです。


結論:「注文」するとカード情報を盗まれる


 マスクの「無料送付」のはずが販売サイトに繋がった時点で騙しと言えますが、それ以上に恐ろしいのがクレジットカード情報の詐取です。


 こうした詐欺メールではクレジットカード番号などの情報をユーザーに入力させ、入手した情報をもとに換金性の高い商品などを購入し、金銭的な被害が発生します。今回のメールも、そうしたクレジットカード情報を収集することが目的とみられます。


犯人は?


 今回のサイトのサーバーの所在地はアメリカでしたが、ページのソースコードの随所にはサイトの作成者が中国語圏の人間であることを伺わせる点を発見することが出来ました。


偽マスク販売サイトの言語設定は中国語


 ページの言語設定は中国語、またソースコードを見るまでもなく「价格」という言葉がサイト上にありますが、これは日本語で「価格」を意味する中国語です。


既に被害に遭ってしまった場合の対処方法は


 この記事を読む前に購入手続きを進めてしまった場合の対処方法は以下のとおりです。


今すぐカードの停止手続きを。


 サイト自体がクレジットカード情報を盗む目的の「詐欺サイト」である可能性が大きいため、入力してしまったクレジットカードをすぐに停止する手続きをとってください。カード会社に連絡すればすぐに止めれくれます。


 停止手続きをせずに放置し、被害額が発生した場合はカードの補償を一切受けられない場合もありますので、直ちに手続きを取ってください。連絡先はカードの裏面に「紛失・盗難ダイヤル」などの電話番号が書かれていることが多いので、まずはカードを手元に置いてください。


 住所などは諦めるしかないですが、IDやパスワードを入力してしまった場合も、変更が必要です。入力したID・パスの組み合わせを様々なウェブサービスで「使い回し」している場合は、全て変更し、その組み合わせは二度と使わないでください。


テレビ朝日「羽鳥慎一のモーニングショー」で紹介されました


 2020年3月16日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一のモーニングショー」にて、私が提供した本記事の画像と、私の電話取材が放送されました。被害に遭う人が一人でも減ることを祈っています。




関連記事



ノートン公式サイト


セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較