「ご注文の商品について」という迷惑メールにご注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ご注文の商品について」という迷惑メール


 「ご注文の商品について」というタイトルの迷惑メールが主にヤフーメールのアドレス宛に多くばら撒かれているようです。実際に届いたメールをもとに、このメールのリスクを解説します。






私のもとに届いた不審なメール


実際に届いたメールを見てみよう


 まずは実際に私のもとに続々と届いている「ご注文の商品について」というタイトルのメールを紹介します。


【発送】ご注文の商品について


 2018年7月27日に受信したメールです。
 楽天やAmazonなどの通販サイトから送信されたメールを偽装する「フィッシング詐欺」ではなく、スパムメールの一種のようです。


誰が送信しているの?


 私が持っている複数のヤフーメールのアドレスに宛てて、同様のメールがほぼ毎日のように届き続けています。メールの文面はほぼ同じ、またよく見るとメール内のリンクのURLや発信元のアドレスはメールごとに異なっていることが分かります。


 メールの発信元と、メールに記されたURLのサイトの所在地を見てみましょう。


受信日時 メール送信元 サーバー所在地
8月1日3時 ブラジル ベトナム
7月31日21時 モロッコ ベトナム
7月30日16時 中国 サイト閉鎖済み
7月27日8時 イラク サイト閉鎖済み
7月27日8時 トルコ サイト閉鎖済み
7月27日0時 ハンガリー サイト閉鎖済み
7月24日11時 中国 ベトナム
7月23日2時 ブラジル サイト閉鎖済み

 発信元と、サイトが生きている場合はサーバーの所在地を調べてみました。「ご注文の商品について」というタイトルで改造B-CASカードのスパムをしているメールについては、確認した限りではいずれも全く同じデザインのサイトに繋がったため、同じ業者が発信しているとみられます。


迷惑メールの発信元

発信元のIPアドレス

サイトにアクセスしてみた結果


 ウイルス感染のリスクもあるため、メールは開封せず削除することをおすすめします。安全に配慮して、メール本文にあるサイトにアクセスしてみた結果をレポートします。


改造B-CASカードの販売サイトにつながった


 「【発送】ご注文の商品について」というタイトルで届いたメールについては、いずれも改造B-CASカードを販売するサイトにつながりました。


改造B-CASの販売サイト

実際のサイト

 先にも紹介したとおり、いずれも全く同じデザインのサイトが表示されました。


改造B-CASカードとは?使うのも違法です!


 「改造B-CASカード」という言葉はあまり聞き慣れないと思うので、簡単に解説します。


 通常、国内でデジタル放送のテレビを見るには「B-CASカード」と呼ばれるカードを、テレビやレコーダーに挿す必要があります。


B-CASカード


 このカードは暗号化されて配信されているデジタル放送を視聴可能な状態に戻すための「鍵」のような役目を果たすものです。


 「改造B-CASカード」はこのB-CASカードに不正な改造を加え、本来はお金を払った契約者でないと見られないBS放送やスカパー、WOWOWなどの有料放送を勝手に視聴できるようにしたものです。


 カードを製造・販売すると違法(不正競争防止法、不正作出私電磁的記録供用、著作権法)になるのはもちろんのこと、カードを使用した人も民事・刑事で責任を問われることになります。絶対に購入してはいけません。


改造B-CASカードを使うと逮捕される


顧客リストが流出した事例も


 カードを購入した人に対し、「示談金の振り込み」を要求する詐欺も発生しています。


 購入にあたって、商品の発送先として住所や氏名などの個人情報を相手に伝えねばなりません。相手に個人情報が伝わるため、詐欺や個人情報流出といった被害が発生する恐れもあります。犯罪組織に自分の弱みを握られる恐れがある、ということも頭に入れておく必要があります。


改造B-CASカードで詐欺被害も


 また、違法なB-CASカードを購入したとして、利用者側も続々と検挙されています。メールが届いたら即削除を徹底しましょう。




関連記事



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較