メーラー(メールソフト)とWebメール、安全なのはどっち?

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーラーとWebメール、安全性の比較


 既に多くの人が利用している、Gmailを始めとするWebメール。一方、PCを中心にまだまだユーザーが多いメーラー(メールソフト) セキュリティの観点から、安全性が高いのはどちらでしょうか。安全性の比較と、安全に使うポイントをご紹介します。


 これまで使ってきたメールアドレスを、GmailなどのWebメールでそのまま使うことも可能です(メーラーではなくWebメールで送受信する) これを機にWebメールの活用を検討してください!



スポンサードリンク


結論


 最初に結論を述べると、WEBメールの方が安全です。
 その理由は以下の通りです。


ウイルスに強い


メールを通じたウイルス感染に強い


 例えばGmailでは、メールのウイルスチェックをしてくれています。それはプロバイダーが提供しているメールアドレスでも当然に行われていることではありますが、Gmailのウイルス対策はそれだけではありません。


 メール本文中に仕込まれた画像データを通じてウイルス感染させる手口があります。Gmailではこうした手口に対抗するため、画像データを一旦グーグルのサーバー側で安全な形に「変換」してから、ユーザーの画面上に表示しています。


 メーラーでは画像を通じたウイルス感染を防ぐため、「画像を読み込まない」という対策が取られています。しかしそれでは不便ですし、安全だと思って表示した画像でウイルス感染してしまう・・ということも起こり得ます。より安全に使うなら、セキュリティ対策がしっかりしたWEBメールを利用する方が良いです。


常に最新のセキュリティを保ちやすい


Webメールなら脆弱性対策の面でも安全


 PCのソフトには「脆弱性」といって、セキュリティ上の欠陥が見つかることがよくあります。そうした脆弱性をつぶすために「アップデート」が行われることがありますが、果たしてどれだけの人がアップデートを適切に実行出来ているでしょうか。


 例えばMicrosoftのOutlookという有名なメーラーでは、度々脆弱性が発見されています。中には「メールを受信しただけでPCがウイルスに感染する」というものもあり、脆弱性を放置することは非常に危険なことです。


 WEBメールはサービス提供者側で適切なセキュリティ対策が行われているはずです。また、メーラーの使用を止めることで、ユーザー側の「やるべき対策」も減ります(メーラーの更新が必要なくなる)から、安全性は高まります。


データ消失しにくい


ハードディスクのデータは消える


 メーラーで自分のパソコンにメールを受信し、保存しておくとデータが消失することがあります。記憶媒体であるハードディスクの不調や、様々なソフトの不具合により大事なメールや連絡先データが消えてしまうのです。


 一方、Webメールはサービス提供者のサーバーでデータが管理されるため、データが適切に管理されます。もちろん、絶対に安心というわけではありませんが、個人宅でホコリを被りながら何年も動いているPCよりも、プロが適切に管理しているサーバーの方が信頼性が高い、というのは言うまでもないことです。


WEBメールも完璧ではない! より安全に使うには


 WEBメールの方が安全、というのはお分かりいただけたと思います。しかし、WEBメールにはWEBメール特有の「リスク」も隠れています。安全に使うために、以下のことに注意してください。


ブラウザの更新は徹底しよう


ブラウザの更新は忘れずに


 ChromeやFirefoxといったブラウザでも、脆弱性が発見されることがあります。WEBメールを狙ったブラウザの脆弱性が見つからないとも限らないので、Webメールを利用するブラウザは常に最新の状態を保つようにしましょう。


パスワードの管理は厳重に


パスワードの管理は徹底しよう


 Webメールにログインする際のパスワードは安全に管理してください。他のサイトと同じパスワードを「使い回し」するとか、数字だけの短いパスワードを設定するといったことは避けるべきです。


 とはいえ、パスワードをいくつも覚えるのは大変です。そんな人におすすめなのが、パスワードの「一文字足し」です。


 例えば「1111111」というクソみたいなパスワードを色んなところで使いまわしている人は、Webメールのパスワードだけ頭に一文字足して「m1111111」というパスワードを使ってください(mはmailの頭文字) それだけでも安全性は格段に高まりますし、忘れにくいでしょう。


これまでのメアドをWebメールでも使える!


 ここまで記事を読んでくださった方は、今すぐWEBメールに移行したいと思ってくれているはずです。しかし、これまでメーラーで使ってきたアドレス(おそらくプロバイダー提供のもの)を捨てるにはちょっと・・と不安になっているかもしれません。


 そんな貴方に朗報です。これまでメーラーで使ってきたアドレスを、そのままGmailなどのWebメールに引き継ぐことが可能です。


 Gmailの設定方法をご紹介します。


Gmailの設定方法


 やり方は簡単で、Gmailのアカウントを取得したら以下の手順で設定してください。


Gmailでプロバイダーのメールアドレスを使う方法1

1.右端の歯車アイコン
2.「設定」の順にクリック

Gmailでプロバイダーのメールアドレスを使う方法2
3.上部のメニューから「アカウントとインポート」を選択

4.中央付近の「自分のPOP3メールアカウントを追加」をクリック

あとはご自分のメールアドレスの情報を入力するだけです



関連記事


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ マカフィーのお得なクーポン(当サイト限定)
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較