セキュリティソフトの「更新版」は高い

更新版が高い理由をメーカーから聞いた話を元に解説します


 セキュリティソフトの更新版は割高な価格に設定されています。更新版で更新すると「損」になると言えます。私は2007年から当サイトを運営しており、国内の主要なセキュリティソフトのメーカー・販売代理店の方と直接お会いしたりメールでのやり取りがあり、過去に聞いた話を元に解説します。






実は割高なこともある更新版


 更新版は割高な価格に設定されていることが多いです。


実際の価格を比較してみると・・


 とある国内シェア上位のセキュリティソフトの更新版と新規版の価格を紹介します。


新規版 更新版
1台/1年版 3780円 6980円

 記事執筆時点での、いずれもメーカー公式ストア直販価格です。


 実に2倍近い価格差です。念のため、商品の内容は同じもの(年数・台数も同じ)で比較しています。


 製品によっては更新版の方がわずかに安くなっている場合もあるので、お使いの製品の更新版と新規版の価格をよく比べてみてください。


なぜ更新版は「高い」のか


 更新版が高い理由を、複数のメーカー関係者の証言をもとに解説します。


更新版で利益を確保するビジネスモデルだから


 多くのセキュリティソフトメーカー・販売代理店は更新版で継続的に収益を獲得するビジネスモデルを指向しています。


 とあるメーカーの販売部門の方から聞いた話では、別の会社のセキュリティソフトについて「あそこは更新版で収益を狙っていくビジネスモデルなので、新規版の価格が安すぎるんですよ」という恨み節が聞かれたこともあります。新規版では利益を狙わない採算度外視の価格で商品をばらまき、更新版で利益を確保しようとしているメーカーもあります。


価格比較になりづらいから


 セキュリティソフトは一度使い続けるとPCの買い替えまでずっと同じものを使い続ける人が多いです。そのため、セキュリティソフトメーカーはPCメーカーにお金を払って自社製品をPCにプリインストールしてもらって、有料版の購入に繋げようとしています。


 同じ商品を使い続ける場合、わざわざ価格を比較しないという人が多いです。また、ライセンスが自動更新となっている場合、更新版の価格さえ把握していないケースも少なくありません。


セキュリティの更新で最もお得なのは?


 セキュリティソフトの更新でお得な方法を解説します。


新規版を買うのがおすすめ


 更新版と新規版の価格を比較して、新規版の方が安い場合は新規版のライセンスを購入するのがおすすめです。


 新規版のライセンスを購入し、そのライセンスコードを入力すればアンインストールすることなく引き続き同じセキュリティソフトを使うことが出来ます。


 ちなみに、とあるセキュリティソフトメーカーの販売部門の方から直接聞いた話によると、半数以上のユーザーは新規版を購入して更新しているとのことでした。





セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較