Windows10でもセキュリティソフトは必要なの?

Windows10でもウイルス対策は必要

Windows10にもセキュリティソフト・ウイルス対策は必要

 結論になりますが、Windows 10搭載のパソコンやタブレットにもセキュリティソフトは必要です。『Win10のセキュリティ機能』で詳しく述べていますが、Windows10には「Windows Defender」というウイルス対策機能が標準で装備されています。なので、「ウイルス対策は不要だ」と考える人もいますが、データに基いて検証すると、それは誤りであることが分かります。


 以下、Windows10でもウイルス対策が必要な根拠を説明していきます。


Windows Defenderは検出性能が低い

Windows Defenderのウイルス検出率は低い

 標準装備のWindows Defenderは、ウイルスの検出性能がとても低いです。


 複数の調査機関のデータを平均すると、Windows Defenderのウイルス検出率は82.3%という値になります。有料・無料問わず他のセキュリティソフトが軒並み97%以上であることと比べると、その低さは際立っています。


 『Windows Defenderの評価』で詳しく解説していますが、Windows Defenderには新興国のセキュリティ意識の低い人たちのために作られたという背景があります。ウイルスに感染しっぱなしのPCが悪さをし続けるのを防ぐための、最低限の対策としてMicrosoft社が用意したものです。


ウイルス検出率ランキングWindows版

調査機関によるウイルス検出率テストの結果はこちら

Windows Firewallも


Windows Firewall  Windows10には、『Windows Firewall』というファイアウォール機能が装備されています。  ファイアウォールというのは、ネットワークを通じてお使いのPCが攻撃されるのを防いだり、ウイルス感染などによってPC内部のデータが流出するのを防ぐ役割を持つソフトです。


 Windows Firewallの「防御力」については、国際的に決して評価は高くありません。
 例えば、スパイウェアなどに感染してそのスパイウェアがあなたのPC内の情報を外部に送信する、という動作をした時に、Windowsファイアウォールは無力です。なぜなら、Windowsファイアウォールは初期設定のままだと、アウトバウンド方向の通信は全てスルーする設定になっているからです。


 それなら設定を変えればいいじゃないか、と思うかもしれませんが、それは上級者でないと難しい作業になります。なので、ファイアウォールがついているセキュリティソフトを買う(もしくはフリーソフトをインストールする)のが一番手っ取り早いでしょう。


結論


自分でセキュリティソフトを選ぼう

 無料のセキュリティソフトでも、ウイルス検出率はWindows Defenderより格段に高いです。
 なので自分でセキュリティソフトを選んで、導入することをおすすめします!


総合セキュリティソフトの比較
全15種類の評価レビュー
全方位からしっかり保護
無料セキュリティソフトの比較
全5種類の評価レビュー
今すぐ、気軽にセキュリティ。

管理人のおすすめセキュリティソフト

項目別におすすめのセキュリティソフトを紹介!

セキュリティソフトを選ぼう

後悔しないセキュリティソフトの選び方

セキュリティソフトを選ぶコツ、必要な機能などを紹介します。

総合セキュリティソフトの比較

Windows10でも使えるセキュリティソフトの機能や性能を比較できます

管理人のおすすめセキュリティソフト

何を選べばいいのか迷った人に。おすすめのセキュリティソフトを教えます。



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
おもしろ
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較