ウイルスバスターモバイルの評価レビュー【Android版】

ウイルスバスターモバイルの操作画面

ダントツ1番人気

 当サイトで売上本数が1位のセキュリティアプリです。


 人気の理由は、セキュリティ対策に必要な機能が一通り揃っている点と、動作の軽さ。そして2年版の価格の安さでしょう。とりあえず迷ったらウイルスバスターを選んでおけば、誰がどんなAndroid端末で使っても不満は無いはずです。

軽さ ウイルス対策 盗難紛失対策 着信拒否 危険サイト対策 バックアップ

軽い
100%

公式ストア(購入)


ウイルスバスターモバイルの評価(総評)


セキュリティ性能


セキュリティ性能(安全性)は?  総合的に最も優れたセキュリティ性能を持つ対策アプリの一つです。


 他のアプリにある機能は一通り揃っており、セキュリティ対策に必要なベーシックな機能は全て揃っています。性能についても、Windows版で培ったノウハウが上手く活用されているため、性能試験でも高い成績をおさめており、安心して使えるないようです。


 欲を言えばノートンが持っているような、より厳重なセキュリティ対策が期待できる「プラスアルファ」の機能があればなお良かったのですが、これでも充分なレベルです。


動作の軽さ


動作の軽さは?  動作は軽いです。
 私が使っているXperia Z3 Compactにインストールしても、インストール前との違いはほぼありませんでした。
 これなら下位モデルのAndroidタブレットにインストールしても問題ないでしょう。端末を選ばず使えます。


購入・価格一覧

1台/1年 3065円
1台/2年 3940円
公式サイトで購入する

ウイルスバスターモバイル meets ハローキティ


ウイルスバスターモバイル meets ハローキティ  操作画面にハローキティをあしらった特別なバージョンもあります。


 機能や性能はほぼ通常のウイルスバスターモバイルと変わりませんが、操作画面(設定画面なども)にハローキティ風にデコレーションされていてカワイイです。


 購入はPlayストアから。
 価格は1年版が3065円、2年版で5637円です。


以下、各機能の詳細な解説が続きます

機能の紹介


ウイルス・危険アプリ対策


ウイルスバスターモバイルでウイルス対策

 不正プログラムの検知率については、複数のテストで継続して100%近い成績を残しています。信頼に値する性能を持っていると評価できます。


 気になる点としては、「リアルタイムスキャン」機能が初期状態では無効化されていました。公式サイトの説明では、アプリをインストール後に自動で安全性をスキャンする機能、だそうです。無効になっていたらスキャンしてくれないのでしょうか。


 明らかに安全なアプリも「要確認」と検査結果が出ましたが、チェックしても何がどう怪しいのか分からないので、判断が付きませんでした。この点はやや難です。



盗難・紛失対策


ウイルスバスターモバイルのアンチセフト(盗難紛失対策)

・GPSで位置を特定する
・アラームを大音量で鳴らす
・端末にロックをかける
・端末内のデータを削除する


 上記の操作を、トレンドマイクロのサイト上から遠隔で実行できます。これだけならAndroidで標準で付いているAndroidデバイスマネージャーという機能でも出来ることですが、ウイルスバスターならSIMカードが抜き取られた際に自動で端末にロックがかかるように設定しておくことも可能です。


 こちらも、初期状態のままでは万が一の時に使えないので、事前に設定変更しておきましょう。



ウイルスバスターモバイルのアンチセフト管理画面


WEB脅威対策


ウイルスバスターモバイルのWEB脅威対策

 Webサイトの安全性を評価し、Android端末に危害(フィッシング詐欺等)を与える恐れのあるURLへのアクセスをブロックする機能です。国内シェア1位のWindows版と同じ技術をベースにしていると謳っています。


 なお、こちらも初期状態では無効になっているのでご注意ください。



着信・SMS受信拒否


ウイルスバスターモバイルの着信・SMS拒否

 迷惑な電話やSMSの受信拒否を設定出来ます。


 電話帳や発信履歴から選択、もしくは直接入力で着信・SMSを拒否する番号を指定出来ます。また、それとは逆に承認したリストに無い番号からの着信・SMSを全て拒否する設定も可能です。お子さんに持たせるスマホや、業務用端末に良いでしょう。


 拒否の仕方についても、着信そのものを完全にカットできるのはもちろん、着信音を鳴らさない、着信を拒否してSMSでメッセージ(定型文or任意の文章)を自動返信するといった設定が可能で、他のセキュリティアプリと比べてかなりきめ細かいです。もちろん、拒否した番号もログとして記録します。



保護者機能


ウイルスバスターモバイルの保護者機能

・有害サイトのフィルタリング
・アプリの使用制限


 この2つの機能によって構成されています。
 アプリの使用制限は保護者があらかじめ指定したアプリにパスワードでロックが掛かることで、お子さんが自由に使えなくなるというものです。時間帯や使用時間による制限が出来れば便利なのですが、あいにくそうした細かな設定はできません。


 フィルタリングはPC版のウイルスバスター譲りの、精度の高い検査が可能です。ただし、一部のブラウザのみの対応なので、非対応のブラウザではフィルタリングしません。使用する場合は非対応のブラウザに使用制限を掛け、Playにもロックを掛けて別のブラウザをインストールされないようにした上で、お子さんにはChromeなどの対応ブラウザを使わせてください。



公式サイト


トレンドマイクロ公式ストア

他のアプリと比較する


総合セキュリティアプリの比較

全11種類の評価レビュー Androidをしっかり保護したい人へ

おすすめ総合セキュリティアプリ(Android編)

迷った人はこちらへ。項目ごとにおすすめのアプリを紹介します。

関連記事


ウイルスバスター クラウドの評価レビュー (Windows版)


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
おもしろ
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較