ドスパラDG-W10Mの実機レビュー【Windows Phone】

Diginnos Mobile DG-W10Mのレビュー

ディスプレイ 5.0インチ
720 x 1280
OS WindowsWindows 10 Mobile
CPU Qualcomm MSM8909
1.1GHz/4コア
メモリー 1GB
ストレージ 16GB
詳細なスペックはWindows Phoneの比較もしくはメーカー公式サイト

実用的なモデル

 2015年12月14日発売のドスパラのWindowsスマホ「Diginnos Mobile DG-W10M」をご紹介します。驚くほどの安さはありませんが、求めやすい価格。そして実用的なスペックを兼ね揃えたWindows 10 Mobileスマホです。以下、詳しく解説します。


外観


AndroidやiPhoneと何ら変わりないスマホです
中央のWindowsボタンをタップすると、ホーム画面に戻ります


・本体右側


電源ボタンがあります 角の無い、つるんとした外観です


・本体左側


音量ボタンがあります 握る時に邪魔にならない位置です


・本体上部


イヤフォンジャックと、micro USB端子があります


・本体内側
 カバーは工具不要で簡単に取り外し出来ます。電池も自分で交換可能。
 電池パックの上(銀色の部分)にはSIMカードのスロットが2つあります。日本国内ではSIMスロット1のみ利用可でデュアルSIMにはなりませんが、海外で使う時はスロット2の方も使えます。SIMのサイズはmicroSIM。SIMスロットのすぐ左隣がmicro SDカードスロットです。


・着せ替えカバー3色付き

 水色・白・黒の3色の着せ替えカバーがセットで付いてきます。取り付け・取り外しはとても簡単で、「カパっ」とハメるだけです。質感は薄っぺらいプラスチックという感じで、力を入れると「ぐにゃり」と柔らかく曲がるような素材です。誤った落下させた時に、衝撃を少しは吸収してくれそうだなと思いました。表面はツルツルしていますが、手から滑り落ちる心配は無さそうです(手が濡れていると滑りそうですが)
 カバーの裏はこのようになっています↓


付属品

本体カバー3色
バッテリー
充電用micro USBケーブル(約93cm)
充電器(4x3x厚さ2cm 27.0g)
液晶保護フィルム(出荷用とは別で)


 充電器がとても小さいのがGoodです。保護フィルムも買う必要がないですし、購入後に申し込むとFREETELのSIMカード(自分で購入すれば3千円相当)が無料でもらえます。


使用感

実用的な動作感

 エントリーモデルではありますが、日常的に使える最低限のスペックは満たしているな、という印象です。KATANA01のようなモタツキ感は皆無で、普段使いのスマホとしてもおすすめ出来るレベルです。見た目の質感や、タッチパネルの感度といった面においても、普段使いに耐えうるスマホです。


カメラ

 カメラは800/200万画素となっており、実用的なレベルできれいに撮影できます。特筆すべき点としては、カメラの機能が充実しています。シャッタースピード(1/16000〜2秒)や焦点距離、ISO感度(100〜3200)や絞り値(±2.0)を自分で変えられるようになっています。以下、実際に撮影した写真になります(クリックで原寸大に拡大、3枚目はインカメラで撮影)


スピーカー

 音質は全く問題ありません。最大音量にしてYoutubeの動画を再生しましたが、音割れもありませんでした。ただ、若干音量が小さいかな、という印象を受けました。動画や音楽を楽しむには全く問題ありませんし、音量を大きくしておけば着信音が聞こえないということも無いでしょう。実用には問題ありませんが、爆音を鳴らすことが出来ない、という点は留意してください。


購入はこちら



比べる

Windows Phoneの比較

Windowsスマホのスペックを一挙に比較できます



セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較