Android Oneのセキュリティを解説

Android Oneのセキュリティを解説します


 徐々に機種が増えつつあるAndroid One。そのセキュリティ上の特徴や機能を紹介した上で、必要なセキュリティ対策を紹介します。



Android Oneとは


 まずはAndroid Oneを分かりやすく解説します。


新興国向けのスマホブランド


 「Android One」はGoogleが展開しているスマホのブランドの一つです。


Android Oneのロゴ


 主に新興国で出回っている低〜中価格帯のスマホは性能が低く、またセキュリティ上必要なアップデートが行われないといった問題がありました。


 そうした問題を解消するために投入されたのがAndroid Oneシリーズです。実は基本的な機能は通常のAndroid搭載のスマホと差はほとんどありません。


独自のセキュリティ機能がある


 Android Oneは他のAndroid端末とは異なり、セキュリティ面で強化されている部分があります。


 Androi Oneの最大の売りは、販売から最低18ヶ月間、システムのアップデートを保証している点です。


Android Oneの特徴はセキュリティアップデート


 スマホでもPCでも、セキュリティ上の欠陥を修正するためにしばしば「アップデート」が行われており、それを適用することはセキュリティ対策の基本の基本です。


 ですが一般的なAndroid端末では、Googleがアップデートを配信しても端末の開発元がそれに対応しない(アップデートを配信しない)ということがしばしばあり、結果としてアップデートされないまま使われてしまうことが多いという問題があります。


 ちなみに、iPhoneでは全体の8割のユーザーが新しいバージョンを使用しているのに対し、Androidでは1%しかいないというデータもあります。


 Android Oneは、アップデートが適用されないというAndroidが抱える問題に対してGoogleが提示した「答え」と言えます。


必要なセキュリティ対策は?


 では、Android Oneではどのようなセキュリティ対策が必要なのか紹介します。


通常のAndroidと同じ対策が必要


 基本的にAndroid Oneは一般のAndroidと一緒なので、やるべきセキュリティ対策も同じです。


 特別に何かをする必要があるとか、逆に何かをしなくていいということはありません。


Androidのアップデート


何をすればいいの?


 Androidのセキュリティ対策については、以下の記事を参考にしてください。
 「やるべきこと」を一覧でまとめています。


セキュリティアプリの比較





ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較