Windows 10 MobileのContinuum for Phoneとは? - スマホがPCになる!

Windowsスマホがパソコンになる!


 Windows 10 Mobile搭載のスマホを買えば、パソコンはもう必要なくなるかもしれません。Continuum(コンティニュアム)という機能を使うことで、PCモニターやテレビにWindows Phone接続すると、Windows Phoneをパソコンのように使うことが出来るんです! 以下、Continuumについてわかりやすく解説します。


Continuumって、何が出来るの?


 Windows PhoneをPCのように使える機能です。


 テレビやPCディスプレイ等の外部モニターにWindows Phoneを接続すると、画面に「Windows10」のPCそっくりの画面が映しだされ、ネットサーフィンやOfficeの編集作業などが出来ます。Bluetooth等でマウスやキーボードを接続出来るので、長文のタイピングも問題ありません。


 Windows10のPCと完璧に同じことが出来るのか、と言うとそういう訳ではありません。PC用のソフトは使えませんし、ExcelもVBAなどの一部機能はダメです(Officeの機能・操作画面はPC版とほぼ同じ) 動画鑑賞やメール等も含めて、平均的なユーザーが普段パソコンでやっていることは概ね代替できるかな、という感じです。日本マイクロソフトの平野社長は、「これまでPCでできた仕事の8〜9割はスマホで代替できることを実感した」と日経新聞の取材に答えています。


 具体的に何が出来るのかは以下の記事をご覧ください。


関連記事

Windows PhoneのContinuumには何が出来るの?

使用中の画面とあわせて、何が出来るのか紹介しています

Continuumの使い方


 使い方は簡単。用意するものはContinuum対応のWindows PhoneとDisplay Dock、そして外部モニターの3点です。Windows Phoneとモニターを、Display Dockを介して接続することでこの機能が使用出来ます。Windows Phoneを直接モニターにつないでも使えません。


 なお、Display DockではなくScreenBeam Mini2 Continuumを使えば、無線で接続することも可能です。ScreenBeamをテレビなどにHDMI端子に挿し、ミラキャストという方式でWindows Phoneとワイヤレス接続します。


Continuumの魅力


 Continuumには2つのメリットがあります。


パソコンが不要になる


 ネットサーフィンやメール、動画鑑賞といった軽作業でしかパソコンを使わない、というライトユーザーはパソコンを手放すことが出来るかもしれません。PCを置いておくスペースが必要なくなりますし、PCを買い替えるお金も節約できます。Windows Phone一台で全てOKです。


 最近は若い世代を中心に、スマホで何でも済ませる人が増えています。例えば、普段はスマホしか使わないけど、レポートを書く時だけパソコンが必要・・という文系の学生はContinuumでも「乗りきれる」と思います。
 ただし、「乗りきれる」程度のものであって完全に代用になるかと言われると、そうでもないです。PCを使う機会が日常的にある人は、そのままPCを使い続けるのが無難でしょう。


作業環境を統一できる


 外出先で「PCに保存したあのデータを確認したい!」とか「ブラウザに保存したパスワードが思い出せない」なんて経験はありませんか? スマホとPCが一緒になれば、そういったことは一切無くなります。パソコンをポケットの中に入れて持ち歩ける、という感覚です。




関連記事

Winodws Phoneを選ぶ理由【メリット・強み】

Windowsスマホでないとダメな理由があります

Windows Phoneの比較

Windowsスマホのスペックを一覧で比較


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較