MT-WN1001の実機レビュー【Windowsタブレット】

マウスコンピューター MT-WN1001のレビュー

MT-WN1001の本体外観
ディスプレイ 10.1インチ
1280 x 800
OS WindowsWindows 10 Home 32bit
CPU Intel Atom x5-Z8300
1.44GHz/4コア
メモリー 2GB
ストレージ 64GB
マウスコンピューター公式サイト

 マウスコンピューターの10.1インチWindowsタブレットです。
 3万円台という低価格(しかもキーボード付き!)でありながら、タブレットとしてだけでなくノートPCとしても使える1台です。CPUやメモリーといったスペック面では「エントリーモデル」という位置づけになるので、ちゃんと使えるのか不安になる人も少なくないでしょう。そうした不安や疑問を一つずつ解消していければと思います。(レビュー機はメーカーからの貸し出し品です)


広告



外観


MT-WN1001の本体前面
正面から見ると何の変哲も無いWinタブ


MT-WN1001の本体背面
本体背面は滑りにくい素材で、手で持っても安心
ただ、指紋などの汚れが少々目立ちました(拭いても取れにくい)


MT-WN1001の付属品
ACアダプター・ケーブル(長:115cm アダプターとケーブルが一体)の他、
microUSB-USB変換ケーブル、液晶保護フィルム(本体貼付済み)、キーボードが付属


使ってみた感想


 実際の使用感、買う前に気になることを紹介していきます。


動作感


MT-WN1001でネットも快適  エントリーモデルということで、不安を感じる人も少なくないでしょう(かくいう私もその一人でした)  1週間にわたり、ネットサーフィンや動画鑑賞、dマガジンで電子書籍を読むといった用途で使ったところ、不満を感じる場面はほぼありませんでした。最新のデスクトップPCと同じようにサクサク動く、というわけにはいきませんがタブレット、もしくはモバイルノートPCとして実用に耐えうると評価できます。


 当サイトではスペックでワンランク上のTransBook T100HA(Atom Z8500搭載)が人気ですが、タブレットとして使うならMT-WN1001でも問題無さそうです。ノートPCとしても使うなら、T100HA(特にメモリー4GBモデル)はおすすめですけど。


電子書籍も読みやすい


MT-WN1001でdマガジンを利用してみた  最近流行りの「雑誌読み放題サービス」を利用するのにちょうどいい、と感じました。


 dマガジンを利用していくつかの雑誌を読んでみましたが、とてもいい感じでした。文字の大きさもそうですし、本体の重さも「週刊ダイヤモンド3冊分以下(1冊206g)」なので、重さの面でも苦になりません。以前使っていた7インチタブレットでは、拡大と縮小を繰り返す必要があったので、10.1インチという大きさの恩恵を感じます。もちろん、動作感も問題ありません。紙で読むより目が疲れる点を除けば大合格です。


 ちなみに、私は雑誌代として月に7200円ほど使っています(週刊アスキー、ダイヤモンド、東洋経済を購入) dマガジンでそれらの雑誌を読めば400円の会費だけで済みますから、月に6800円の節約になる計算です。MT-WN1001を3.2万円で購入すると5ヶ月足らずで元が取れる、と算盤を弾きました。読み終わった雑誌をついつい溜めてしまうので、その点でも「電子化」が良さそうです。


関連記事 → 電子書籍(雑誌)を読むならiPad Proが最適である理由

バッテリー


 カタログ値では6.7時間です。実際に私が計測した値は以下の通り。


残量 経過時間
(開始からの累計)
100% 0分
85% 1時間5分
66% 2時間0分
25% 4時間0分
7% 5時間0分
4% 5時間20分
 YoutubeでHD画質(720p)の動画を全画面で再生
 音声は無し、輝度は75%(少々明るめ) キーボード無し で計測


 1時間あたり15〜20%のペースで残量が減っていきました。10%を切ったあたりでバッテリーセーブモードが起動し、その後の減りが緩やかになったため、電池切れになるまで5時間20分掛かりました。


付属キーボード


MT-WN1001の着脱式キーボード


 着脱式のキーボードが付属します。


 キーボードとしての使用感は意外と悪くありません。キーが若干小さいため最初は扱いづらいと感じましたが、すぐに慣れました。手の小さな女性の場合、むしろ使いやすいサイズかもしれません。もちろん男性でも問題ありませんが。
 タッチパッドも付いているので、マウスが無くても簡単な資料作成程度なら対応できそうです。モバイルノートPCと遜色ない使い勝手です。無線ではなく端子で接続するので、面倒な接続設定は不要ですし安定性でもBluetoothを圧倒していますね。


MT-WN1001の着脱式キーボード(スタンド)


 画面を立てるスタンドとしての機能もあります。2通りの立て方があって、片方のやり方では奥行きを36cmも取ってしまうため、「なんだこれ」と思いました。もう一つのやり方(写真右)が実用的です。こちらなら、奥行き26cmで済みます。残念ながら画面の角度調整は出来ないので、掲載画像の角度で固定となります。


スピーカー


 全体的に、深みが無い音です。更に、音量を上げていくと「シャカシャカ」した感じになっていきます。私のように音にこだわりのある人は、イヤフォンを使うことをおすすめします。


カメラ


 イン・アウト共に192万画素で、実際に撮影した写真もスペック通りのクオリティです(下の画像をクリックで元データを閲覧可:252KB) 一応カメラが付いている、というレベルの認識でいた方がよいでしょう。


MT-WN1001のカメラ


価格・購入



ASUS TransBook T100HA  タブレットとして、ネットサーフィンや動画鑑賞、電子書籍を読むといった用途で使うならMT-WN1001がベスト・バイです。キーボードを接続してノートPCとして使う機会が多い人は、より高性能なASUS TransBook T100HAも候補としておすすめです。T100HAの方が3千円以上高いです(いずれも2016年9月20日現在の情報)


他のWindowsタブレットと比較する


10インチ以上のWindowsタブレット比較

ノートPCからの乗り換えならこちら 家で使うのもおすすめ

8インチ台のWindowsタブレット比較

ネットサーフィンや動画鑑賞に気軽に使える!  持ち運びにも便利



セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較