カーナビとして使うのにおすすめのAndroidタブレット

タブレットでカーナビ?


 最近はタブレットをカーナビとして使う人が増えています。従来のカーナビと比べて格段に安く購入でき、かつ地図も常に最新の状態にアップデートされ続けるというのが、タブレットをカーナビとして使うメリットでしょう。もちろん、ネットサーフィンもできますし、映画などの動画コンテンツを車内で楽しむこともできます。




タブレットをカーナビとして使うメリット


導入費用が圧倒的に安い


タブレットをナビとして使えばお金が節約できる  タブレットをカーナビとして使う最大のメリットは、コストが安く済む点です。


 従来のカーナビは本体価格だけでも、5万円台からという価格が相場です。一方、タブレットは快適に使えるスペックの機種を選んでも、2万円あれば足ります。取付も自分で簡単にできます。


地図が常に最新の状態で使える


タブレットをナビとして使うと地図更新が不要  Google MapやNAVITIMEを始めとするクラウドの地図アプリを利用するので、常に最新の地図を利用できます。


 車のカーナビも最近は「1回まで」といった形で制限付きで「無料更新」出来る機種もありますが、更新する場合には数万円の費用が必要になります。最近まで乗っていた我が家のレガシィのナビは、更新に5万円掛かると言われて更新を諦めました。地図が古くて、車のカーナビに従うとかなり遠回りになることも少なくなく、最後の方はタブレットをナビ代わりに使っていました。


デメリットもあります


通信回線が必要


 まず厄介なのが、通信回線を用意する必要がある点です。SIMモデルのタブレットを用意して格安SIMを契約するか、WiFiルーターを使わなければなりません。いずれにせよ、最低でも月額298円(ロケットモバイル「神プラン」)の通信費が掛かります。


タブレットをカーナビとして使うには通信回線が必要


 それならスマホの方がいいや、と思うかもしれませんが、あの小さな画面をナビとして使うのはおすすめしません。車載のカーナビでも7インチ以上が売れ筋ですから、タブレット程の大きさがナビに適したサイズでしょう。


インパネ周りの見栄えが悪くなる


 見栄えの面でも車載のカーナビには遠く及びません。
 タブレットカーナビは画面を常時オン、更に通信も行うため、長時間使う場合はシガーソケットから電源を取る必要があります。また、画面を固定するためにスタンドを設置する必要もあります。ケーブルやスタンドのせいで、どうしてもゴチャゴチャしてしまいます。


到着予定時刻の精度が悪い場合も


 最近、都内南部から埼玉の長瀞まで紅葉を見に行ったのですが、Google Mapでは「2時間」で着くと表示されていたのに、一般道での激しい渋滞の影響で実際には「4時間以上」掛かりました。これまでにも同様の悲劇を幾度も経験しているので、私は遠方に出かける際はGoogle Mapの到着予定時刻を信用していません!(近距離だと正確です)


渋滞時の到着予定時刻が正確でない


 「Yahoo!カーナビ」(無料)を使えば、VICSの渋滞情報と連携するので、車載のカーナビと変わらない精度で到着予定時刻を出してくれるので、おすすめです。2009年式のスバル純正カーナビと到着予定時刻の精度は変わらないですし、ルート検索も問題無いです。


カーナビ用タブレットを選ぶ


 7〜8インチ程度  LTEもしくは3G対応


 この2条件に当てはまる機種をおすすめします。
 また、ダッシュボードの上は暑くなるので、黒色の機種は避けた方が無難です。


Androidタブレットの比較

7〜8インチのAndroidタブレットのスペックを一覧で比較できます

カーナビにおすすめのタブレット


ファーウェイ dtab d-02H

 ドコモのLTE対応タブレットです。ドコモ回線の格安SIMに対応しています。
 2万円を切る低価格でありながら、タブレットとして快適に使えるスペックを実現しています。カーナビ専用にするにはもったいないくらいのスペックです。
(8インチ/2.0GHz・8コア/メモリー2GB)

京セラ Qua Tab KYT31

 auモデルのLTEタブレットです。魅力はなんといっても、その安さ! 17000円(執筆時点)というのは驚きです。それでいて、スペックは日常使用には充分過ぎるレベルですから、快適に使えるでしょう。画面が8インチあるので、ナビとしても見やすいです。
 auモデルのため、ドコモ系の格安SIMが使えない点はご注意ください(SIMロック解除すれば使える) mineoなどau系回線のSIMが使えます。 (8インチ/1.5GHz・8コア/メモリー2GB)

ファーウェイ dtab d-01G

 ドコモのLTEタブレットです。なんと、価格は12500円!(執筆時点) 4コア/1.6GHzという日常使用には全く問題ないCPUを搭載しているのに、衝撃的な価格です。ただし、メモリーが1GBなので、たくさんタブを開いてネットサーフィンをしたりすると、フリーズしそうです。が、カーナビでの使用なら特に問題にはならないでしょう。ドコモ系の格安SIMで運用できます。 (8インチ/1.6GHz・4コア/メモリー1GB)

SIMカードを選ぼう


 SIM対応のタブレットを選んだら、次はSIMカードを選びましょう。ドコモ系のタブレットなら、ドコモ回線を使った格安SIMがいいです。


 カーナビとしての使用がメインの場合、通信速度はそれほど必要ありません。200Kbpsという低速でも、Google Mapやヤフーカーナビはちゃんと動作するので、値段も考えると「低速SIM」がおすすめです。


 低速SIMの中でもおすすめなのはロケットモバイルの「神プラン」 最高200Kbpsと低速ですが、通信容量制限無し!で月額なんと298円。低速SIMの中でも最安値級です。


公式サイト

他に必要なものは?


 カーナビとして車内で使うには、更に以下のグッズもマストアイテムです。


 液晶保護フィルム
 車載用タブレットスタンド
 シガーソケット充電器


 液晶保護フィルムについては、「反射防止」や「非光沢」と謳ったものがおすすめ。キズから保護するのはもちろん、車内では映り込みで画面が見づらくなることもあるので、それを防ぐ意味合いでも貼った方がいいです。


 充電器については、タブレットはスマホよりも大容量の電流が必要であるため、2A以上に対応したものを選んだ方がいいです。タブレットに付属の純正の充電器を参考に選びましょう。




関連記事


項目別おすすめAndroidタブレット

項目ごとにおすすめのタブレットを紹介します。迷ったらこちらへ。

Androidタブレットの比較

7〜8インチのAndroidタブレットのスペックを一覧で比較できます


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較