CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の実機レビュー

PRO TREK Smart WSD-F20の実機レビュー

PRO TREK Smart WSD-F20の本体

G-SHOCK譲りのタフなスマートウォッチ

 G-SHOCKで世界的に人気があるカシオのスマートウォッチです。唯一の「国産スマートウォッチ」でもあります(MADE IN JAPAN)

 タフなスマートウォッチであることに目が行きがちですが、他のウォッチには無い独自の機能を多数そろえており、機能面でも魅力的な一本です。

OS 画面 重さ GPS WiFi 心拍計 気圧計
Android
WEAR
1.32インチ
液晶 2層構造
92g
他の機種も見る → スマートウォッチの比較

公式ストア(購入)


広告


外観


CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の外箱

外箱は腕時計そのもの!

CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の外箱の背面にはMade in Japanの記載が

スマートウォッチとしては珍しいMade in Japan!

CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の外箱の中身

箱を開けるとこんな感じです

CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の充電器と充電ケーブル

充電器はUSBなのでスマホのものを流用可能
ケーブルは先端が特殊な形状なので専用品です

CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の本体を正面から

本体

CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の本体側面のボタン

本体の右側面にボタンが3つ付いています

CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の本体背面(裏ぶた)

本体背面は金属製 装着直後は少し「ひんやり」します

CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の純正バンド

バンドはウレタン製 少し光沢があります

 写真は記事後半でも多数紹介します。


公式ストア(購入)

使ってみた感想


 続いて、実際に使ってみた感想を紹介します。


装着感


 重さはベルトを含めて92gと、メンズウォッチとしては軽くはないものの重くもないレベルです。メタル製よりも格段に軽いウレタン製のバンドを採用していることが軽量化に貢献していると言えます。


CASIO PRO TREK Smart WSD-F20を装着したところ


 実際に腕に装着してみると、フィット感は一般的な腕時計と遜色ありません。重さを感じるわけでもなく、ズレるといったことも無いので快適に使えます。


 ウレタン製のバンドなのでコマ調整も必要無い点もGoodです。女性や子供の細い腕から、筋トレ好きの太い腕まで問題無く対応できるでしょう。


 G-SHOCKと比べると「大人しい」デザインなので、ビジネスシーンでも違和感なく使えると思います。


電池持ち


 スペック上はカラー表示で「1日」、またカラー液晶をオフにして白黒液晶にすると「2日」となっています。


 実際に使ってみると、朝にフル充電にしてから夜まで活動した際の残量は55%でした。そのまま充電せずに朝まで置いておいたところ、残量は更に45%まで減ったため充電は毎日必要という結論に至りました。


CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の電池持ちは1日 毎日充電が必要

朝から夜まで活動した日の電池残量

 直前まで使っていた別機種は、3年間毎日使って電池が弱っても「1日おき」の充電でよかったので、やや不満はあります。
 とはいえ、通常の使用であれば一日の途中で電池が切れるということは無いでしょう。


 また、本体のGPSを使って位置情報を記録すると目に見えて電池残量が減りました。スペック上でも毎秒測位で最長18時間の電池持ちとなっています。


独自機能! 2層構造の液晶


 WSD-F20がスゴいのは、「2層構造」の液晶を搭載している点です。他のスマートウォッチには無い独自機能です。


 通常のスマートウォッチでも採用しているタッチスクリーンのカラー液晶に加え、「白黒」の液晶を搭載しており、ボタン操作で簡単に切り替えることができます。


CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の2層液晶(白黒画面)

白黒画面に気圧などの情報も表示できる

 それの何が良いのかというと、白黒液晶モードは電池の消費を少なく抑えることが出来るため、電池が長持ちします。カタログスペック上ではカラー液晶の2倍、2日持つとされています。また、スマートウォッチとしての機能を完全シャットダウンすることになりますが、腕時計として1ヶ月以上使うことも可能です。


 1台2役、それが他のスマートウォッチには無いWSD-F20ならではの魅力です。


CASIO PRO TREK Smart WSD-F20で日の出時刻を表示したところ

日の出時刻を表示したところ

内蔵アプリで色々遊べる


 各種センサーと連携した内蔵アプリがおもしろいです。


 標高
 都内自宅では実際より10〜20mほど高めに表示されることが多いです。


CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の標高表示


 気圧計


CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の気圧計


 日の出・日の入り時刻


CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の日の出・日の入り時刻表示


 Google Mapを利用した地図情報の表示 また、予め地図を本体にダウンロードしておくことで、スマホが圏外の場所でも地図情報を確認できる機能もあります。
 別途、Android WEARの機能としてスマホでGoogle Mapのルート案内を起動すると、スマートウォッチ上で行き先を指示する機能も当然使えます。


CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の地図表示


 方位磁針


CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の方位磁針機能


不満な点:充電方法


 使ってみて少し不満に感じたのは充電方法です。


 専用のUSBケーブルを本体側面に磁石で「くっつける」のですが、磁力が弱いためケーブルに触れると外れやすいです。置く角度にも気を使います。もう少し磁力が強ければいいのになあと思いました。


CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の

充電ケーブルを装着したところ

 また、充電の端子がむき出しなので錆などが不安なのと、濡れたまま充電すると故障の原因になりそうです。  ちなみに、私が直前まで使っていたスマートウォッチは3年間毎日使っていましたが、充電時の接触が若干悪くなっていました(端子が腕と接する部分にあるタイプ)


CASIO PRO TREK Smart WSD-F20の充電端子

金色の円形の部分に充電ケーブルを磁石でくっつける

価格・購入



 定価は55080円。
 本体色は黒の他、オレンジも。


他のスマートウォッチも見てみる





ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較