フリーWi-Fiプロテクションの評価レビュー

フリーWi-Fiプロテクションの管理画面

「ウイルスバスター」のVPN

 ウイルスバスターでおなじみ、日本の大手セキュリティ会社「トレンドマイクロ」が提供しているスマホ用VPNアプリです。今のところAndroidとiOSのみの対応で、PCでは使えません。

 2017年3月リリースの後発ということで、まだまだ荒削りな部分もありますが、他のVPNよりも優れた部分もありました。詳しくレビューしたいと思います。

通信速度の低下 提供元 接続先 対応 価格
Windows Mac iOS Android 1台 3台
-87.1% トレンドマイクロ 米のみ?
選択不可
1年 2900円
2年 5000円
他のVPNと比べる → VPNの比較

公式サイト(購入)


フリーWi-Fiプロテクションの評価(総評)


提供元は?


 東証一部上場の大手セキュリティ企業、トレンドマイクロが提供しています。社名よりもウイルスバスターというブランド名の方が有名で、セキュリティソフトの代名詞的存在になっていますね。VPNの提供元の信頼性という点では申し分ないでしょう。


実測した通信速度


Ping値 ダウンロード アップロード
本アプリ 18.4ミリ秒 15.26Mbps 13.57Mbps
ソフト無し 10.0ミリ秒 118.4Mbps 11.19Mbps
増減
8.4ミリ秒悪化 87.1%悪化 21.3%向上

 今回はスマホ専用アプリということで、Androidスマホでスピードテストを行いました。東京からspeedtest.net(at2wn)のアプリで5回計測を行い、その平均値を取りました。


 Ping値は他のVPNと遜色ないですが、ダウンロード速度が大幅に低下したことが分かります。とはいえこれだけの速度が出ていれば、スマホやタブレットでの使用は全く問題無いでしょう。


 実際、VPN接続してネットを使ってみましたが、VPN接続無しとの違いは感じられませんでした。


フリーWi-FiプロテクションでVPN接続されていない状態の画面


接続先


 接続先は公表されていませんが、利用中に調べた際には「米国」につながっていました。また、有料のアプリですが接続先を自分で選ぶことは出来ません。


フリーWi-Fiプロテクションはアメリカにつながる




購入・価格一覧

1台/1年 2900円
1台/2年 5000円
公式サイトで購入する

 7日間無料で体験することができます。


以下、各機能の詳細な解説が続きます

機能の詳細


 各機能を詳しく解説します。


危険サイトのブロック


 トレンドマイクロの膨大なデータベースと瞬時に照合することで、フィッシング詐欺の疑いのあるサイトやアクセスするとウイルス感染のリスクがあるものをブロックします。


 ウイルスバスターは国内トップシェアのセキュリティソフトなので、日本人をターゲットとした脅威の検知に強みがあります。ウイルスバスター譲りの検知機能でセキュリティを高めることができます。


フリーWi-Fiプロテクションの設定画面


自動接続


 「暗号化されていないWi-Fi」に接続した時に、自動でVPN接続に切り替える機能があります。


 また、暗号化されているWi-Fiでも接続中に「信頼できないWi-Fi」に指定しておくと、以後そのWi-Fiに接続した時に自動でVPN接続するように設定することも可能です。自宅のWi-Fiなど、よく利用するものは「信頼できない」で登録しておきましょう。


フリーWi-Fiプロテクションで信頼できるWi-Fiかどうか設定する画面


公式サイト(購入)

関連記事



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較