日本国内で使うのにおすすめのVPN

実測テスト済み 日本国内で使うべきVPNは?


 フリーWiFi利用時の安全性を高めたいなど、日本国内でもVPNを使う人が増えています。では、どのVPNを使うのが良いのか、実測テストの結果をふまえて紹介します。



日本国内で使うのにおすすめのVPN


 実測テストの結果をふまえて、おすすめのVPNを紹介します。


ノートンWiFiプライバシー


ノートンWiFiプライバシー


 私自身、PCとスマホで普段使っているのがノートンWiFiプライバシーです。米国のセキュリティ大手、シマンテックが提供しているVPNです。


 ちゃんと日本語対応しているVPNの中では、「日本」に接続した際の通信品質が最も良いと感じました。使用感はVPN無しの状態とほぼ遜色ないですし、速度低下も大容量のダウンロードをしなければ支障が無い程度です(138Mbpsが45Mbpsに低下)


公式サイト

ExpressVPN(日本語非対応)


ExpressVPN


 海外を中心に知名度があるのがExpressVPNです。英領ヴァージン諸島の会社が提供しています。


 残念ながらソフトもサポートも日本語には「非対応」ですが、通信品質は私が実測テストを行った全17種類のVPNの中で最も良かったです。VPN無しの状態を変わらない使用感と、大容量のダウンロードも妨げない高速通信が可能でした(速度低下はわずか4.1%)


 「日本」のサーバーが2つ用意されています。


公式サイト

NordVPN(日本語非対応)


NordVPN


 パナマに拠点を置く会社が提供しています。日本でも積極的に展開しようとしているようですが、今のところソフトの操作画面やサポートは日本語対応になっていません。


 ExpressVPNよりもやや下回りますが、VPNとしては随一の通信品質で快適に使えます。Torを使った暗号化や「ダブルVPN」など、プライバシー保護に役立つ機能が充実しているのも特徴です。


公式サイト

選び方のポイント


 実測テストをしてみて感じたことがあるので紹介します。


日本語対応と日本サーバーの速度は反比例


 実測テストをしてみて感じたのは、日本語対応がイマイチなVPNほど、「日本」に接続した時の通信品質が良いということです。


 全体の傾向として日本語対応バッチリなVPNは通信速度が遅く、ExpressVPNやNordVPNのように日本語対応していないものは「高速」でした。あとは価格の安いものは、やはり遅い傾向があります。


日本国内で使うVPN


 理由はあくまでも推測となりますが、日本語対応が不十分なVPNは日本のユーザーが少ないため、サーバーに余裕があるのではないかと思います。


 もっとも、大容量のダウンロードをしないのであれば、日本語対応しているVPNの速度でも充分快適に使えます。


関連記事



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較