ハイスペック・高性能なスティックPC

ハイスペックモデルは?


 タブレットに使われている基本部品を流用して作られているスティックPC。CPUもメモリーもタブレット並ですから、動画鑑賞や軽いネットサーフィンでは問題無いものの、もう少し余裕が欲しいと感じるユーザーは少なくありません。
 というわけで、より快適に使えるハイスペックなスティックPCをご紹介します。


「2つの」第二世代スティックPC


 Atom Z3735FというCPUを搭載した「第一世代」のスティックPCに続いて登場したのが、より高負荷に耐えられるCPUを搭載した「第二世代」のスティックPCです。第二世代スティックPCには大きく分けて2種類あります。


Atom Z3735F
(旧モデル)
Atom x5-Z8500 Core m 6Y30
スペック 1.33GHz
4コア
1.44GHz
4コア
0.90GHz(Max2.2GHz)
2コア
ベンチマーク 905 1704 3056
メモリー 2GB 4GB 4GB
ストレージ 32GB(一部64GB) 32GB 64GB

Atom Z8500モデル


 Z3735Fモデルでは難しかった、ネットサーフィンやOfficeの編集にも対応出来るスペックです。メーカーの担当者いわく「一昔前のノートPC並の性能」なので、PCでやっていた一通りの作業は代替出来ます。


ドスパラDG-STK4D


 代表的なモデル(というか現状唯一)はドスパラのDG-STK4Dです。
 あくまでも「スティックPCとしてはハイスペック」というレベルですが、軽いネットサーフィン程度なら特に問題なく出来した。詳しくは実機レビューをご覧ください。


Core mモデル


 正真正銘のハイスペックモデルです。ベンチマークスコアで見ると、家電量販店で売られている中位モデルのノートPCと遜色ない性能になっています。メモリーも4GBあるので、ノートPCとほとんど変わりなく使えるでしょう。PCを手放してメイン機としても利用出来るスペックです。


 ただし、コスパを考えるとやや割高感があります。本体のサイズは若干大きくなりますが超小型PCも候補にいれて比較すべきです。価格、性能ともに「いい勝負」なので、自分の使い方に合った方を選んでください。





関連記事


スティックPCの比較表【Windows10編】

PCと同じことが出来るWindows10搭載モデルを比較します

項目別おすすめスティックPC

迷ったらこちらへ おすすめのスティックPCを教えます!

超小型PC/ミニPCの比較

CDケース5枚分という小ささで、性能はノートPCやデスクトップPC並!


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ カスペルスキー公式「カスペルスキー・オンラインショップ」 ノートンストア
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較