ノートンWiFiプライバシーの評価レビュー【VPN】

ノートンWiFiプライバシー
対応
Android4.0以降
iOS6以降
動作の軽さ
おすすめ度
価格
Android版 3282円/年
iOS版 3600円/年



ノートンWiFiプライバシーとは?


ノートンWiFiプライバシーのロゴ

 米国の大手セキュリティソフトベンダー、シマンテック社のVPNアプリです。フリーWiFiスポットなど、安全性に不安のある公衆無線LANに接続する際に、安全性を確保するのに役立つと謳っています。外出先でWiFiを利用する機会が多い人におすすめのアプリです。


 本アプリはAndroid、iOSともに対応しています。今回のレビューはiPhoneにて行いましたが、基本的な機能や性能はAndroidでも同じです。予めご了承ください。


機能と使い方


VPN接続


 VPNという方法でインターネットに接続することで、通信内容を暗号化してWiFiの盗聴を防ぎます(参考: VPNとは?) 一度接続してしまえば、全ての通信をVPN経由で行うことが出来ます。


 気になる通信速度については、私が計5回ずつ「ドコモスピードテスト」というアプリを使って計測したところ、VPN無しの場合と比べて26.8%ほどの速度低下が見られました。44.88Mbps→32.82Mbpsという変化です。ライバルのHotspot(レビュー:iOS版 / Android版)は23.43Mbpsまで低下したので、それと比べると優秀です。


 また、速度は低下しているものの体感としてはそれほど変化はないように感じます。そもそもWiFiはモバイル回線(特に格安SIM)と比べれば遥かに高速ですから、これでも充分といったところです。


VPNが接続されていない状態
下部のスイッチアイコンをタップして接続

ノートンWiFiプライバシーでVPNを利用していない状態



接続中の画面

ノートンWiFiプライバシーで接続を試みているところ



接続完了 画面左上に「VPN」と表示される

ノートンWiFiプライバシーで接続が完了 ノートンWiFiプライバシーでブラウジング中



ノートンWiFiプライバシーは接続先を選べる  基本的に、GPSで計測した現在位置から近いところにある接続スポット(今回は都内からなので、Tokyoに接続)につながります。しかし、任意でアメリカやシンガポールなど13カ国を選択することも可能です。例えば、その国からのアクセスしか受け付けていないWEBサイトを利用する時などに役立つでしょう。海外滞在中の日本人におすすめです。


 残念ながら、遠いところの接続ポイントを選ぶと通信速度は更に低下します。例えば米国を選んで計測したところ、数百Kbps程度の速度しか出なくなりました。


広告の追跡拒否


 最近のWEB広告は、一人一人のユーザーに最適な広告を配信する目的で、ユーザーの行動を追跡しています。さっき検索したワードに関連する広告が、色んなサイトに表示されている。なんて経験はありませんか? それが広告の追跡です。こうした追跡(トラッキング)を防止する機能です。


ノートンWiFiプライバシーで広告の追跡を防止




このアプリをダウンロードする



無料体験版もあります

関連記事


VPNソフト・アプリの比較

VPNのより詳しい解説や、アプリの比較

WiFiを安全に使うために必要なセキュリティ対策と設定方法

WiFiが盗聴される危険性と、その対策をご紹介

iOSのVPNアプリ

iOSユーザーはこちらへ

Androidの通信を安全にするアプリ

Wi-Fiの盗聴防止や個人情報流出を防ぐためのアプリ




ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
おもしろ
デバイスの比較
スティックPCの比較 Windows Phoneの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較