Windows Phoneの日本語表示・入力の対応状況は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外仕様でも問題なし!

 日本メーカーも2015年末から続々とWindows Phoneを発売しますが、海外仕様の端末に興味がある人も多いでしょう。では、海外仕様のWindows Phoneはちゃんと日本語化できて、日本語入力出来るのか? というと、それが問題無く対応しているんです! 日本未発売のWindows Phone 8.1ですら対応済みで、Windows 10 Mobileも当然、日本語対応になるそうです。
 以下、日本語対応化・日本語入力対応の設定方法をご紹介します。端末はオーストラリア仕様のWindows Phone 8.1です。


日本語表示対応にする方法
購入後、初回起動時に言語を選べます。
日本語は一番下にあります。


日本語を選択すると、日本語化が完了します。
これだけで終わりです(後は通常の初期設定が続く)


端末内もちゃんと日本語表記になっていますし、
ブラウザも文字化けしません。


日本語入力出来るようにするには

 初期設定で日本語を選択しても、文字入力は日本語キーボードになっていません。設定を変えなければ、英語入力しか出来ないです。日本語入力をするには以下の手順で設定する必要があります。


「設定」を開き、「キーボード」をタップします

「キーボードを追加」をタップ

「日本語10キー」と「日本語QWERTY」を選択
数秒でキーボードのダウンロード・インストールが完了します。
容量が30MB以上あるので、WiFi接続推奨


キーボード配列はもちろんのこと、かな文字配列やフリック入力にも対応!
変換の精度も全く不満はないです。




関連記事

Windows Phoneの比較

Windowsスマホのスペックを一覧で比較


ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
セキュリティソフト
の比較
Windowsのセキュリティソフト比較 Androidスマホ・タブレットのセキュリティソフト比較 iPhone/iPad(iOS)のセキュリティ Macのセキュリティソフト比較
デバイスの比較
スティックPCの比較 タブレットの比較 スマートウォッチの比較 超小型PC/ミニPCの比較